OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII:オリンパス(olympus)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > デジタル一眼レフカメラ > オリンパス > OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkIIのレビュー・撮影記

もっと見る

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkIIのGANREFマガジン最新記事

オリンパス、「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」を正式発表

オリンパス株式会社は、9月20日に開発発表をしていたミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」を、11月2日に正式発表。スペックおよび発売時期が公開された。

公開日: 2016年11月02日

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkIIの掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 111
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 98

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkIIの新着写真

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkIIのマガジン記事

オリンパス、「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」を正式発表

公開日: 2016年11月02日

  • 「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO装着時)

  • 「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」(背面)

  • 「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」(背面液晶モニター展開時)

最大撮影コマ数やレリーズタイムラグなどを公開

 オリンパス株式会社は、9月20日に開発発表をしていたミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」を、11月2日に正式発表。スペックおよび発売時期が公開された。

 「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」は、マイクロフォーサーズ規格に準拠した、OLYMPUS OM-Dシリーズのフラッグシップ機となるデジタル一眼カメラだ。有効画素数2037万画素Live MOSセンサー、121点オールクロスタイプの像面位相差AFセンサー、AF/AE追従で最高約18コマ/秒などの特徴を有する。

 撮影最大コマ数は、電子シャッター時、AF/AE追従で最高約18コマ/秒で、RAWで約77コマ、JPEG(LN)で約105コマとなっている。また、電子シャッター時、AF/AE固定では最高約60コマ/秒の連写が可能となっており、最大撮影コマ数はRAW、JPEG(LN)とも約48コマとなる。

 レリーズタイムラグについては、電子シャッター時は30msec、メカシャッター時は33msecとなっており、「OM-D E-M1」(電子シャッター時:45msec、メカシャッター時:50msec)よりも短縮されている。

 バッテリーについては、従来の「BLN-1」よりも容量が約37%アップした「BLH-1」に変更。充電器についても、より高速で充電できる「BCH-1」に変更されている。また、電池残量表示が、3段階表示から%表示に変更された。

 ボディについては、グリップに中指と小指がかかりやすくすることを図り、「OM-D E-M1」よりも前部のへこみが深く、また高さが高くなっている。

 シャッターボタン全押しからさかのぼって最大14コマがフル画素で保存される「プロキャプチャーモード」は、「プロキャプチャーH連写」と「プロキャプチャーL連写」のふたつの設定から選ぶことができ、「プロキャプチャーH連写」ではAF固定、「プロキャプチャーL連写」ではAF追従が可能となる。また「プロキャプチャーL連写」では、絞りが開放からF8に制限される。

 発売時期は12月下旬予定。価格はオープン価格で、予想実勢価格はボディのみで税別22万円前後となっている。

レポート:GANREF編集部

  • 「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」(正面)

  • 「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」(背面)

  • 「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」(上面)

  • 「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」(グリップ側側面)

  • 「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」(端子カバー側側面)

  • 「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」(背面液晶モニター展開時)

  • 「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」(背面液晶モニター展開時)

メーカーサイトで「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」の情報を見る
https://www.olympus-imaging.jp/product/dslr/em1mk2/

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 0

この記事のURL:http://ganref.jp/items/camera/olympus/2994#imp_553

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkIIのマガジン記事

オリンパス、AF/AE追従で最高18コマ/秒の「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」を開発発表

公開日: 2016年09月20日

「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO装着時)

121点オールクロスタイプの像面位相差AFセンサー、新開発画像処理エンジン搭載

 オリンパス株式会社は、AF/AE追従で最高18コマ/秒の高速連写が可能、新開発の121点オールクロスタイプの像面位相差AFセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」の開発発表を行った。

 「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」は、マイクロフォーサーズ規格に準拠した、OLYMPUS OM-Dシリーズのフラッグシップ機となるデジタル一眼カメラだ。撮像素子には、撮像面に121点オールクロスタイプの像面位相差AFセンサーを備えた、有効画素数2,037万画素Live MOS センサーを搭載。画像処理エンジンには、画像処理速度が「TruePic VII」の約3.5倍となる、4CPUコア+4画像処理コアのダブルクアッドコアシステム構成の「TruePic VIII」が採用されている。

 連写速度はAF/AE追従で最高18コマ/秒を実現。AFシステムは像面位相差AFとコントラストAFを併用する「DUAL FAST AF」が採用されている。AFに関する操作については、「AFターゲットモード」「AFターゲット位置」「顔認識AF/瞳検出AF」のAF機能を1アクションで設定できるようになっている。そのほか、動く被写体にピントを合わせたときにフォーカス領域を示すクラスター表示、ファインダーを覗きながらAFポイントをタッチ操作で動かせるAFターゲットパッドなど、操作性の向上が図られている。

 撮影機能については、シャッター音、合焦時の電子音がオフになり、完全無音での撮影が可能な静音モードや、ピント位置の異なる8枚のカットを撮影、合成して全体にフォーカスが合った写真が得られる深度合成モード、1回のシャッターで最大999枚のピント位置の異なる写真を撮影できるフォーカスブラケットなどが搭載されている。また、計8回撮影したデータを自動合成して50M相当の画像が得られるハイレゾショットも引き続き搭載されており、ファイル容量を抑えた25M相当への切り替えも可能となっている。

 ボディは防塵・防滴・耐低温(-10℃)設計。電子ビューファインダーは120fps、最短表示タイムラグ6msecとなっている。カードスロットは、スロット1がUHS-II/UHS-I対応、スロット2がUHS-I対応のダブルスロットが採用されている。

レポート:GANREF編集部

メーカーサイトでリリース情報を見る
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2016b/nr160920em1mk2pkj.jsp

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 3

この記事のURL:http://ganref.jp/items/camera/olympus/2994#imp_549


↑ページの先頭へ