XF35mmF1.4 R:富士フイルム(fujifilm)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > レンズ > 富士フイルム > XF35mmF1.4 R

XF35mmF1.4 Rのレビュー・撮影記

もっと見る

寒い夜だから

カメラ: FUJIFILM X-T2

レンズ: XF35mmF1.4 R

XF35mmF1.4 RのGANREFマガジン最新記事

富士フイルム、レンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro1」を発表

富士フイルム株式会社は、1,630万画素の「X-Trans CMOS センサー」を搭載したレンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro1」、および「XF18mmF2 R」「XF35mmF1.4 R」「XF60mmF2.4 R Macro」の3本の単焦点レンズを発表した。

公開日: 2012年01月26日

XF35mmF1.4 Rの掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 40
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 411

XF35mmF1.4 Rの新着写真

XF35mmF1.4 Rのマガジン記事

富士フイルム、レンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro1」を発表

公開日: 2012年01月26日

「X-Pro1」(XF35mmF1.4 R装着時) 「X-Pro1」(XF35mmF1.4 R装着時) 「X-Pro1」(XF35mmF1.4 R装着時)

「FUJIFILM X-Pro1」(XF35mmF1.4 R装着時)

 富士フイルム株式会社は、1,630万画素の「X-Trans CMOS センサー」を搭載したレンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro1」(以下「X-Pro1」)、および「XF18mmF2 R」「XF35mmF1.4 R」「XF60mmF2.4 R Macro」の3本の単焦点レンズを発表した。

ローパスフィルターが不要となる、新開発のCMOSセンサーを搭載

 「X-Pro1」は、オリジナルのレンズマウント「Xマウント」を採用したレンズ交換式デジタルカメラだ。
 センサーは、モアレの発生原因を根本から抑えるため新しいカラーフィルター配列を採用した、1,630万画素の「X-Trans CMOS センサー」(APS-Cサイズ)を搭載。この新開発のセンサーにより光学ローパスフィルターが不要となり、高い解像感を実現しているという。
 ISO感度は、常用感度でISO 200~6400、拡張感度で最低ISO 100相当、最高ISO 25600相当まで設定が可能だ。

 ファインダーには、光学ファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)を自在に切り替えることができるハイブリッドビューファインダーを採用。装着するレンズに合わせて自動的にファインダー倍率とフレームサイズを適応させる。ファインダー倍率は、「XF18mmF2 R」装着時には0.37倍、「XF35mmF1.4 R」および「XF60mmF2.4 R Macro」装着時には0.6倍となる。また、EVFには0.47型、約144万ドットの高精細液晶を採用している。なお、OVF時の撮影範囲フレーム視野率は約90%、EVF時の視野率は約100%となっている。

 絵作りの設定としては、フィルムを選ぶ感覚で色彩表現や階調表現を使い分けられる「フィルムシミュレーションモード」を搭載。「PROVIA」「Velvia」「ASTIA」といった、写真フィルムと同じ名称を持つ設定項目から選択することができる。また、モノクロ撮影ではカラーフィルターを駆使した表現が可能で、フィルターは「Yeフィルター」「Rフィルター」「Gフィルター」から選択が可能だ。さらに、撮影した1枚の画像からフィルムシミュレーションを変化させた3枚の画像を生成する、フィルムシミュレーションブラケティング機能を搭載している。なお、そのほかのオートブラケティング機能として、AEブラケティング、ISO感度ブラケティング、ダイナミックレンジブラケティングがある。
 連写は最大6コマ/秒の高速連写が可能。動画撮影については、フルHD(1,920×1,080、24fps)で、撮影時間は最大約29分となっている。

 ボディのトップカバーと本体には、マグネシウムダイキャストを採用。上部のダイヤル類はすべて金属ブロックからの削り出しで、ダイヤル側面にはピラミッドパターンを採用している。サイズは139.5×81.8×42.5mm(W×H×D)、重さはボディのみで約400gとなっている。

 同時に発表された専用レンズは「XF18mmF2 R」「XF35mmF1.4 R」「XF60mmF2.4 R Macro」の3本のフジノンXFレンズ。いずれもレンズは非球面を含むオールガラス製で、また金属製の鏡筒と1/3ステップの絞りリングが採用されている。

 アクセサリーはレザーケースやハンドグリップ、クリップオンフラッシュなどが発表されたほか、Mマウントを採用した交換レンズの装着が可能となる専用のマウントアダプターも予定されている。

 今回発表された各製品の発売予定日と価格は下の表のとおりとなっている。

レポート:GANREF編集部

ボディ・レンズ
製品名 希望小売価格
(予想実勢価格)
発売予定日
FUJIFILM X-Pro1 ボディ オープン価格
(150,000円前後)
2012年2月18日
XF18mmF2 R オープン価格
(55,000円前後)
2012年2月18日
XF35mmF1.4 R オープン価格
(55,000円前後)
2012年2月18日
XF60mmF2.4 R Macro オープン価格
(60,000円前後)
2012年2月18日
アクセサリー
製品名 希望小売価格
(予想実勢価格)
発売予定日
レザーケース LC-XPro1 オープン価格
(15,000円前後)
2012年2月18日
ハンドグリップ HG-XPro1 オープン価格
(10,000円前後)
2012年2月18日
クリップオンフラッシュ EF-X20 オープン価格
(23,000円前後)
2012年3月
プロテクトフィルター PRF-52 オープン価格
(7,000円前後)
2012年2月18日
プロテクトフィルター PRF-39 オープン価格
(6,000円前後)
2012年2月18日
「FUJIFILM X-Pro1」(正面)

「FUJIFILM X-Pro1」
(正面)

「FUJIFILM X-Pro1」(背面)

「FUJIFILM X-Pro1」
(背面)

「FUJIFILM X-Pro1」(上面)

「FUJIFILM X-Pro1」
(上面)

レザーケース「LC-XPro1」

レザーケース
「LC-XPro1」

ハンドグリップ「HG-XPro1」

ハンドグリップ
「HG-XPro1」

クリップオンフラッシュ「EF-X20」

クリップオンフラッシュ
「EF-X20」

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 3

この記事のURL:http://ganref.jp/items/lens/fujifilm/2222#imp_434

関連写真

このレンズで撮影された写真


↑ページの先頭へ