M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO:オリンパス(olympus)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > レンズ > オリンパス > M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROのレビュー・撮影記

もっと見る

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROのGANREFマガジン最新記事

オリンパス、ミラーレスのフラッグシップ機「OLYMPUS OM-D E-M1」を発表

オリンパスイメージング株式会社は、9月10日、マイクロフォーサーズ規格準拠のレンズ交換式デジタルカメラ「OLYMPUS OM-D E-M1」、および交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」を発表した。また、望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」の開発を発表した。

公開日: 2013年09月10日

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROの掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 70
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 613

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROの新着写真

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROのマガジン記事

オリンパス、ミラーレスのフラッグシップ機「OLYMPUS OM-D E-M1」を発表

公開日: 2013年09月10日

「OLYMPUS OM-D E-M1」(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO装着時)

「OLYMPUS OM-D E-M1」(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO装着時)

「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」

「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」

「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」

「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」

コントラストAFと像面位相差AFを併用するAFシステムを採用

 オリンパスイメージング株式会社は、9月10日、マイクロフォーサーズ規格準拠のレンズ交換式デジタルカメラ「OLYMPUS OM-D E-M1」、および交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」を発表した。また、望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」の開発を発表した。

 「OLYMPUS OM-D E-M1」は、オリンパスのミラーレスカメラのフラッグシップ機となる、マイクロフォーサーズ規格に準拠したデジタル一眼カメラだ。撮像素子には、撮像面に37点の位相差AFセンサーを配置した、1,628万画素Live MOS センサーを搭載。AFシステムには像面位相差AFとコントラストAFを併用する「DUAL FAST AF」を採用した。
 像面位相差AF方式では37点のAFポイントを配置。位相差AF方式に最適に設計されたフォーサーズ規格のレンズをマウントアダプターを介して装着した際には、位相差AF方式が自動的に選択される。これにより、「E-5」に迫るスピードと、特にF2クラスの明るいレンズでは「E-5」以上の精度を発揮するという。
 コントラストAF方式については、AFポイントが従来機の35点から81点に拡張。81点のうち37点は像面位相差AFと同じ位置にある。また、小さなエリアでフォーカス位置を指定したい際に活用するスモールターゲットが選択できるほか、より小さい範囲に設定できるスーパースポットAFも選択できる。マイクロフォーサーズ規格のレンズを装着した際には自動的にコントラストAF方式となるが、被写体を追従してAFを合わせ続けるC-AFに設定されている場合は、像面位相差AFとコントラストAFを併用する。これにより、C-AFの追従性が大幅に改善されたという。なお、連写速度は最大6.5コマ/秒となっている。
 画像処理エンジンには「TruePicVII」を搭載。画像処理技術「ファインディテール処理」が「ファインディテールII」に進化し、レンズごとに出方の異なる倍率色収差を適切に補正し、自然で高品位な解像感を実現しているという。ISO感度の範囲は200~25600、感度拡張により最低ISO 100相当も使用可能となっている。
 撮影機能については、色相(30段階)と彩度(8段階)の細かい調整をライブビュー画像を見ながら行える「カラークリエーター」を搭載。色を撮影時に直感的にコントロールできるという。
 ボディの外装にはマグネシウム合金を採用。防塵防滴構造となっており、動作保証は最低-10℃となっている。ファインダーにはファインダー倍率0.74倍(35mm判換算)、236万ドットのEVFを採用。ファインダー像が明るい場所では暗く、暗い場所では明るく見えてしまうことによる露出設定のミスを防ぐため、環境光の変化に応じてバックライト輝度を自動調節する「キャッツアイコントロール」が搭載された。またWi-Fi機能を内蔵。スマートフォンでライブビュー画像を確認しながらシャッターを切れるほか、撮影モードやシャッタースピード、絞り値などの設定変更、ライブバルブ・ライブタイム撮影も可能だ。
 ボディのサイズは130.4×93.5×63.1mm(W×H×D)、重さはボディのみで約443g。
 ボディカラーはブラックのみ。ラインアップはボディキャップレンズ「BCL-1580」が付属するBCL-1580セット、「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」が付属するレンズキット、「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」が付属するレンズキットが用意される。また、パワーバッテリーホルダー「HLD-7」、「HLD-7」用グリップストラップ「GS-5」も同時に発売される。

最新の製造技術を組み合わせて使用された大口径ズームレンズ

 「OLYMPUS OM-D E-M1」の発売に合わせて、マイクロフォーサーズ規格のレンズカテゴリーに「M.ZUIKO PRO」を新設。この第一弾が「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」となる。「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」は、35mm判換算で24~80mm相当をカバーする、ズーム全域で開放絞り値F2.8の大口径標準ズームレンズだ。HDレンズを使った薄肉の大口径接合レンズや、ゴーストやフレアを排除するためのZEROコーティングなど、最新の製造技術を組み合わせて使用しているという。また、レンズ先端やマウント部分だけではなく、6カ所にシーリングを配した防塵防滴性能が搭載されている。
 同日「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」の開発を進めていることを発表した。35mm判換算80~300mm相当、ズーム全域で開放絞り値F2.8の大口径望遠ズームレンズで、2014年後半の発売を予定しているという。
 なお、マイクロフォーサーズ規格のレンズは、「M.ZUIKO PRO」のほか、高画質・高性能な単焦点レンズのカテゴリー「M.ZUIKO PREMIUM」、これらに当てはまらないズームレンズに「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8」を加えた「M.ZUIKO」の、3つのカテゴリーに分類される。

 今回発表された製品の発売予定日と価格は下の表のとおりとなっている。

レポート:GANREF編集部

製品名 希望小売価格・税込み
(予想実勢価格)
発売予定日
OLYMPUS OM-D E-M1 BCL-1580セット オープン価格
(145,000円前後)
2013年10月上旬
OLYMPUS OM-D E-M1 12-50mm EZ レンズキット
(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ付属)
オープン価格
(170,000円前後)
2013年10月上旬
OLYMPUS OM-D E-M1 12-40mm F2.8 レンズキット
(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO付属)
オープン価格
(220,000円前後)
2013年10月下旬
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO 112,350円 2013年11月下旬
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 未定 2014年
パワーバッテリーホルダー HLD-7 24,675円 2013年10月上旬
グリップストラップ GS-5 3,780円 2013年10月上旬
「OLYMPUS OM-D E-M1」(正面)

「OLYMPUS OM-D E-M1」
(正面)

「OLYMPUS OM-D E-M1」(背面)

「OLYMPUS OM-D E-M1」
(背面)

「OLYMPUS OM-D E-M1」(上面)

「OLYMPUS OM-D E-M1」
(上面)

「OLYMPUS OM-D E-M1」(グリップ側側面)

「OLYMPUS OM-D E-M1」
(グリップ側側面)

「OLYMPUS OM-D E-M1」(端子カバー側側面)

「OLYMPUS OM-D E-M1」
(端子カバー側側面)

「OLYMPUS OM-D E-M1」(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO、HLD-7装着時)

「OLYMPUS OM-D E-M1」(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO、HLD-7装着時)

「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」

「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」

「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」

「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」

 

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 1

この記事のURL:http://ganref.jp/items/lens/olympus/2557#imp_476


↑ページの先頭へ