Please wait... loading

ニコンD850レビュー (3)キヤノンEOS 5D Mark IVとの操作性の違い5選

現在表示しているページ
ホーム > ゆうさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年11月 > ニコンD850レビュー (3)キヤノンEOS 5D Mark IVとの操作性の違い5選

投稿日:2017/11/01

レビューした機材・用品 ニコン D850 ニコン D850
本日はせっかく私がD850と競合するであろうキヤノン EOS 5D Mark IVを持っているということもあり、D850との操作性の違いについて比較していきたいと思います。

細かい違いはもちろんたくさんあるのですが、使い勝手がほぼ同じ部分の差異については省略し、使い勝手に差があるであろう個所について特に取り上げていきたいと思います。

==========================
(1)測距エリアの切り替え



5D4が背面のマルチコントローラーの下部に切り替えスイッチが設けられているのに対し、D850の場合は前面の左下部分にスイッチが設けられています。
キヤノンは7D2からこの測距エリアの切り替えに専用の物理ボタンを設けましたが、5D4になってこれが更に進化。より使いやすくなりました。
5D4が「ボタンを押すたびに測距エリアが切り替わる」のに対し、D850の場合は「ボタンを押しながら”コマンドダイアル”を操作して切り替える」方式であり、キヤノン方式よりもひと手間増えてしまいます。
また、私がまだニコン慣れていないのもありますが、D850は次に触れるAFモードの切り替えと押すボタンが同じなので、前か後ろかどちらのダイアルを回せばよいか混乱してしまいがちで、咄嗟のときには間違えるリスクも増えてきそうです。。

なお、D850の場合、前面の右下部分のFn1に対して「AFエリアの一時切替」を設定することができます。測距エリアを頻繁に変える方は設定しておくのが良いかもしれません。
ただしあくまでこれは「押している間だけAFエリアが変わる」という機能ですので、やはり多少の面倒くささが残るのもまた事実です。

というわけで測距エリアの切り替えについては
「EOS 5D Mark IV」
の勝ち!としたいと思います。

==========================
(2)AFモードの切り替え



5D4が右肩の左から2番目の「AF動作選択ボタンボタンを押してから"メイン電子ダイアル"で切り替える」のに対し、上でのべたように、D850は「ボタンを押しながら"メインコマンドダイアル"で切り替える」方式です。
これだけだとあまり操作性の差は感じないかもしれませんが、5D4の場合、カスタマイズにより背面右上の「AEロックボタン」に「ワンショット・AIサーボ切替」を割り当てることができるのです!つまり、1回押すだけでAF-SとAF-Cが切り替え可能という圧倒的な便利さです。これは正直5D4を買ってよかったと思うポイントの1つだったりします。

一方でD850の場合、「ボタンを押しながら"メインコマンドダイアル"で切り替える」方式です。
"押しながら"というのと、前後どちらのダイアルを回すのか、という点でやはり慣れが必要な部分と咄嗟のときにミスしそうな怖さがありますね。。

というわけでAFモードの切り替えについては
「EOS 5D Mark IV」
の勝ち!としたいと思います。

==========================
(3)ドライブモードの変更



5D4が右肩の左から2番目の「ドライブモード選択ボタンを押してから"サブ電子ダイアル"で切り替える」のに対し、D850は「ロック解除ボタンを押しながらダイヤル操作」です。
5D4では回すダイアルがメインなのかサブなのかを間違えるリスクがあるのに対し、D850では「ロック解除ボタンを押しながら」、「ダイヤルを回す」という作業が必要になるため、リスクを減らすのであればニコン式が、素早さを重視するならキヤノン式が望ましい感じでしょうか。

というわけでドライブモードの変更については
「引き分け!」
としたいと思います。

==========================
(4)ISO感度の変更



5D4が右肩の左から2番目の「ISO感度設定ボタンを押してから"メイン電子ダイアル"で設定」で、D850が右肩の「ISOボタンを押しながら"メインコマンドダイアル"でISOオートの切り替えを、"サブコマンドダイアル"でISO感度の設定」を行う方式です。

最初、D850でISOオートとそうでないモードの切り替え方法が分からなかったんですが、これを知ってから、「これは便利だ!」となり、嬉しく使っています。

最近のカメラは高感度に非常に強くなってきているので、ちょっとしたスナップ撮影とか画質を最優先に考えるよりもブレていないことを優先したい時などにはISOオートが便利です。
一方で風景写真等、なるべく低感度で撮りたい時や使っているレンズに手振れ補正がついているか否か等によっても最適なISOが変わってくるので、そういうときにはやはり自分でISOを設定したくなります。
このように一発で切り替えられるのは便利ですね。

というわけでISO感度の変更については
「D850」
の勝ち!としたいと思います。

==========================
ここまでで1勝1分2敗でD850不利な状況ですが、
1点、どうしても越えられない壁を見つけてしまいました。





(番外編)アイピースカバーについて



昼間に三脚を使って撮影をするような場合、直射日光がファインダーに当たっているとそこから入ってくる光りでうまく測距が出来ないことがあります。
そこでファインダーから光が入らないようにカバーをするのですが、5D4の場合、一旦アイカップを外し、その上でストラップに付いているアイピースカバーを取り付けます。
…こんな面倒なことやってられませんよね(^^;
というかそもそも、純正のストラップを使っていない私みたいな人の場合、それだけのためにアイピースカバーを持ち歩くのもあほらしいし、なくしそうだし、で今まで一度たりとも使ったことがありません。。

一方でD850の場合、ファインダー左上の「アイピースシャッターレバー」を切り替えるだけでファインダーを光から守ってくれます。
な、なんて便利なんだ…!
今の時代、やっぱりこうでなきゃだめですよね。。

というわけで番外編では慣れとか工夫とかの問題ではなく、
物理的に出来るか出来ないかという非常に重要な問題のため、
「D850」
のダブルスコアでの勝利!としたいと思います。

==========================
最後、番外編で大番狂わせがありましたが
ダブルスコアでの勝利としなかったとしても、
D850 VS EOS 5D Mark IVの対決は
2勝1分2敗
と、完全に互角の対決に。
番外編まで加味すれば若干D850有利か?
といった感じですが、
さすがニコン・キヤノンという歴史あるカメラメーカーだけあって、
どちらも操作性についてはとことん考えつくされた結果の
最適なバランスになっていそうです。

最近ソニーの勢いが凄いですが、
どうしてもこの辺りのUI/UXがニコン・キヤノンと比べると
物足りなく感じてしまうんですよね。。

というわけで本日も長文にもかかわらず
最後までお読みいただき、ありがとうございました!


=================
注目製品レビュー ~ニコン D850編~
http://ganref.jp/common/monitor/nikon/d850/

--------------------------------------------------------
■D850レビューの一覧
・ニコンD850レビュー (1)開封の儀
http://ganref.jp/m/arajin2000/reviews_and_diaries/review/11173
・ニコンD850レビュー (2)D850が使いやすくなるお勧めの設定【保存版】
http://ganref.jp/m/arajin2000/reviews_and_diaries/review/11184

コメント(1,000文字以内)

4件中 1〜4件目

ゆう
>hide-photoさん、星空ハンターさん、まほろば1123さん
コメントありがとうございます!
たしかにキヤノンは右肩のボタン配置さえ覚えればほぼすべての設定をファインダーから目を離さずに設定変更できるのが素晴らしいと私も感じています。
特に7D2以降に付いた「測距エリア切り替えボタン」と、AEロックボタンに「AIサーボ/シングルAF切り替え」が割り当てることができるようになり、操作性がまた一段と神がかってきました。
この辺りの操作性の良さと、特にワイヤレステザー撮影が出来る点等、スタジオとかまで考えたときの全体的な撮影フローの簡便さが秀逸すぎて、なかなか他のメーカーに移れないですよね。
完全にキヤノンの戦略にはまってしまっている私です(笑)

2017年11月02日 09:26

まほろば1123
アイピースはいいですよね。

2017年11月01日 21:50

星空ハンター
私もキャノン、ニコン 両機とも使ったことがありますが
アイピースのシャッターは星空撮影にはもってこいですね。
ニコンはC(カスタムモード)モードが無い とか
一旦 F値、ISOなど設定すると 他のモードでもそのまま引き継がれたような・・・ これなど使いにくい一例ですね。
  (間違っていたらすいません)
操作性では圧倒的にキャノンがいい様な気がします。

2017年11月01日 21:45

hide-photo
キヤノン使いでもあるので、楽しく読まさせて頂きました。
キヤノンのカメラはファインダーを覗きながら、右手で撮影に関する多くの設定を変更できるのが便利だと思ってます。
ただ、ボタンの数が多く、配置を頭に叩き込んでおかないといけないので、使い始めの頃は苦労した経験があります。

アイピースシャッターは、便利ですよね。
私はEOS40Dを使っておりますが、ライブビューする時は、パーマセルテープで塞いで対応してます。
ちっちゃいパーツは大体なくしてしまうので(^^;

2017年11月01日 21:34

4件中 1〜4件目

同じ機材で撮影された写真

GOLD 2

ゆう

GANREF Point
171900
Next Point
78100
メインカメラ
EOS 5D Mark IV

プロフィール

ただ撮ればいいって訳じゃない。写真って、その瞬間の想いを伝えるもの。 結婚...

↑ページの先頭へ