Please wait... loading

長根広和先生の北海道WS

現在表示しているページ
ホーム > 吉田繁さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2014年11月 > 長根広和先生の北海道WS

投稿日:2014/11/01

レビューした機材・用品 ソニー α6000 ソニー α6000
9月25日 千歳空港に10時集合。ハードな鉄道写真ワークショップのスタートです。
27日夕方、レンタカーを返した時の走行距離は、800kmをすこし越えていました。
いつも思うのですが、ガチで鉄道写真がお好きな方は一度参加されると良いです。
ご自身では決して行くことが出来ない場所,またその時間の配分でこんなに沢山は撮影する事が良く出来るなというペースで撮影地を回ります。長根先生曰く、いつも自分でやっているペースという事で、ハードな仕事の状況が伺えます。移動だけでも大変ですが、撮影できた喜びは、最後の記念写真を撮影した狩勝峠でのカットにも充分現れていると思います。

撮影場所が多すぎてここでは書ききれないですが、1日目の日高線での撮影が最後でした。フェリーで苫小牧に着いて真っ先に来る事が多いという事でしたが、撮影位置を変える事で色々なカットが撮影出来るので撮影しやすい場所です。一日目にして堪能。

二日目の早朝は,始発列車を狙います。小高い丘に登り、海を入れて撮影。こういうシンプルな絵柄は、自然条件がかなり左右しますが、この日は薄日が差す天気で、皆さんなっとくのカットが撮影で来たのではないでしょうか。列車が車で30分程あったので、気合十分。

コントラストが高いカットになりました。

1日目 2日目と天気に恵まれすぎて、あんまり沢山カットを撮影したので全部は覚えていられない程です。
最終日の3日のみ天気がいまいちでしたが、「鉄道員 ぽっぽや」のロケ地を訪ねたり、

美瑛の秘密の撮影地に連れて行っていただいたりで、満足度120%のセミナーでした。
長根先生は7DMarkllの仕事で忙しいなか,WSを開催していただき、参加された方は本当にラッキーだったと思います。

コメント(1,000文字以内)

4件中 1〜4件目

みっくんパパ
吉田先生もお疲れ様でした。ハードな行程を長根先生と一緒に運転して頂き、有り難うございました。
お陰様で憧れの撮影地を何カ所も回ることが出来て、会心の(自画自賛の…笑)作品を撮ることが出来ました。また宜しくお願いします。

2014年11月06日 10:25

YOZO
鉄道写真WS、行きたくてうずうずしてきました。
羨ましすぎ!

2014年11月04日 19:21

吉田繁
参加された方、大阪からでPeachだと片道7000円で来れたとはなされていました。安くておどろいています。

2014年11月01日 23:54

PEC-TS
ご無沙汰しています。ロシアにいたかと思えば北海道ですか!
長根先生のWSは内容が濃いのでまた参加したいですが、北海道はちょっと遠いですね。

2014年11月01日 19:46

4件中 1〜4件目

同じ機材で撮影された写真

吉田繁

メインカメラ
EOS 5D Mark III

プロフィール

東京生まれ。日本大学経済学部卒。
広告・PR 誌・雑誌など撮影をするかたわ...

↑ページの先頭へ