Please wait... loading

注目製品レビュー 『キヤノン EOS M5』 のレビュー No.18 ~操作感②~

現在表示しているページ
ホーム > かずひさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2016年10月 > 注目製品レビュー 『キヤノン EOS M5』 のレビュー No.18 ~操作感②~

投稿日:2016/10/30

レビューした機材・用品 キヤノン EOS M5 キヤノン EOS M5
操作性の続きです。

前回は、カメラ軍艦部のダイヤル・ボタンについてレビューしました。

今回は、背面のダイヤル・ボタンについてレビューしたいと思います。


・コントローラーホイール
アップロード画像

写真を拡大する

レンズ:
キヤノン EF100mm F2.8L マクロ IS USM
焦点距離:
100.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/13秒
絞り数値:
F8.0
ISO感度:
12800
ホワイトバランス:
Auto

コントローラーホイールは、背面右下側に設置されていて、回転操作しますがダイヤルではなく「ホイール」という名称になっています。

このコントローラーホイールは、回転させて各種設定変更もできますが、上下左右に押すこともでき、上:ISO感度、下:ゴミ箱、右:ストロボ発光切り替え、左:AF・MF切り替え、となっています。

また、真ん中に「SET」ボタンがあり、各種設定の決定に使用されます。

コンパクトデジカメやレンズ交換式ミラーレス機等に広く採用されているホイールですが、他の機種と比較して特別操作性が良いとか悪いとかの感想はありません。

全般的に言えることは、回転させることとクリックすることができることの両立が難しく、回転させようと思って少し強めに押すと間違えてクリックしてしまう恐れがあるので、操作にはちょっと気を遣うということです。

操作上どうしても必要なホイールなのかも知れませんが、個人的にはあまり好きではありません。

それでも、ダイヤルは指の引っかかりも良く、出来る限りの誤操作を防ぐ配慮はなされていますし、回転の滑らかさも十分かと思います。

また、SETボタンは、やや出っ張りがあり、押しやすい形状となっています。

この辺の操作感は、概ね可という感じです。



・INFO、録画、再生、MENU ボタン
[image:1]
コントローラーホイールを囲むように、4つのボタンが配置されています。

左上:INFO、右上:録画、左下:再生、右下:MENU

この4つのボタンは、押した時の感触として結構浅いなと感じます。

ボタンの固さは特に問題ないので、押したつもりが押されてなかったということはほとんどありません。

また、カメラをホールドした時に、誤って押してしまう事を防ぐため、なるべくボタンの出っ張りを少なくしたのかと思います。

僕は誤って押したことはなかったのですが、撮影会では何人かの方が間違えて押してしまったという旨の事をおっしゃっていました。

人それぞれ、手の大きさや厚さ、握り方のクセなどにより、不意に押されてしまうことがあるのかも知れませんが、特にINFOボタンは親指に最も近い場所にありますので、ボタン配置については検討の余地ありかな?と思っています。


・AEロック、AFフレーム選択 ボタン
アップロード画像

写真を拡大する

レンズ:
キヤノン EF100mm F2.8L マクロ IS USM
焦点距離:
100.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
12800
ホワイトバランス:
Auto

AEロックボタンは、実は僕の場合ほとんど使いません。

この位置は親指AFをする方はその機能を割り当てるかと思います。

ただ、親指を置くラバーの出っ張りが大きくなったことで、この位置はちょっと押しにくい感じがします。

幸い僕は親指AF派ではないため、デフォルトのままにしています。

AEロックボタンの下にAFフレーム選択ボタンがあります。

AFフレーム選択ボタンを押すと、AFフレームを選択するモードになり、コントローラーホイールでAFフレームを上下左右に動かしてAF位置を指定することができます。

ただし、後でレビューしますが、液晶画面を見ながらの撮影の場合はタッチAFが可能であり、EVFを覗いての撮影の場合はタッチ&ドラッグAFが可能となっていますので、ほとんど使わないボタンとなっています。


・タッチ&ドラッグAF機能切り換えボタン
アップロード画像

写真を拡大する

レンズ:
キヤノン EF100mm F2.8L マクロ IS USM
焦点距離:
100.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/25秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
12800
ホワイトバランス:
Auto

カメラ正面を見て、レンズマウントの左下にあるボタンです。

普通ここにあるボタンは「絞り込みボタン」と思ってしまうかもしれませんが、違います。(僕も間違えました)

デフォルトでは、タッチ&ドラッグAF切り替えボタンとなっていますが、先日のセミナーにて高橋良輔先生より、ここには一番良く使う機能を割り当てた方が良いとのアドバイスを頂きました。

高橋先生お勧めの機能は「ワンショットAF・サーボAF切り替え機能」とのことです。

特に先日の撮影会では、モデルさん撮影で普通のポートレートだったり、歩きながらの撮影、そして動く乗り物に乗っての撮影と多彩でした。

都度、ワンショットAFにしたりサーボAFにしたりという操作が発生しましたので、左手で押しやすいこのボタンには、AF切り替え機能を割り当てたところ非常に役立ちました。

ただ、人それぞれ使用頻度の高いボタンは違いますので、自分の好みの機能を割り当てればいいと思います。

ちなみに僕は、撮影会が終わった後「絞り込み機能」を割り当てました。(使い慣れているので)


・その他(M-Fnボタン、WiFiボタン)
アップロード画像

写真を拡大する

レンズ:
キヤノン EF100mm F2.8L マクロ IS USM
焦点距離:
100.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/40秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
12800
ホワイトバランス:
Auto

M-Fnボタンは、デフォルトでは何も機能が割り当てられていません。

好きな機能をカスタマイズできます。

位置がシャッターボタンのすぐ右側でとても押しやすいので、よく使う機能を割り当てると良いでしょう。


アップロード画像

写真を拡大する

レンズ:
キヤノン EF100mm F2.8L マクロ IS USM
焦点距離:
100.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/30秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
12800
ホワイトバランス:
Auto

WiFiボタンは、後でレビューしようと思っていますが、ボディを背面から見て右側面にあります。

小さなボタンで、若干凹んでいます。

それほど頻繁に使うボタンではないため、誤操作を防ぐためにもこのような形状でいいと思います。

操作感は悪くありません。




以上、各部の操作感を述べてきましたが、セミナーにてCMJ村山氏および高橋先生から何度となく「このカメラは覗いて撮ることにこだわっている」という説明を受けました。

ファインダーを覗いた状態から、わざわざ目を離して確認しながら操作するのではなく、覗いたまま各種ダイヤルやボタン操作で設定変更が行えるよう配慮した造りになっているとのことです。

なるほど、一つ一つ見ていくと、各部ともにそのこだわり通りの配置・操作性になっていることがよく分かります。

シャッターチャンスは一期一会です。

逃したら二度と同じ場面はないのです。

その事から、素早く確実な操作性を確保する事は、シャッターチャンスを捉える可能性を高めてくれます。

写真を撮るということにとことんまでこだわったEOS M5の操作性は、これまでの常識を覆すほどに進化していると言えるのではないでしょうか。

--------------------
「注目製品レビュー ~キヤノン EOS M5 編~」企画にレビューワーとして参加中!!
http://ganref.jp/common/monitor/canon/m5/review.html

コメント(1,000文字以内)

8件中 1〜8件目

かずひ
kazuleoさん

ありがとうございます。
カスタマイズは悩みますね。
僕はどこに何を割り当てたのか分からなくなるので、カスタマイズは一切使ってません^^;;

2016年11月07日 11:25

かずひ
☆ケン☆さん

ありがとうございます。
タッチ&ドラッグAFはとても便利です。
一眼レフにも是非採用して欲しいですね!

2016年11月04日 19:28

☆ケン☆
ようやく除きながらAFポイントをタッチで移動できる事の重要性が浸透してきたと思っておりますが、一眼レフにも浸透させて欲しい処です。
操作系は万人が使いやすく、誤動作しにくいと言った相反する条件を試行錯誤しながら作ったのではないでしょうか?

2016年11月02日 14:57

kazuleo
ボタンへの機能割り当ての自由度が割合高いので、自分に合ったカスタマイズが可能ですね。カスタマイズ性が高くて、逆に悩みますが。。。

2016年11月01日 19:08

かずひ
YOKOHAMAさん

ありがとうございます。
やはりYOKOHAMAさんも録画ボタンを押したクチなんですね^^
確かに無機能にしてしまえば良いんですけど、せっかくあるボタンなのでもったいないですよね。
M5は誤操作の可能性はかなり低くなっているので安心ですね!

2016年11月01日 13:02

かずひ
shineさん

ありがとうございます。
レリーズまわりに関しては、シャッターを切ってから次の動作に移るまでの時間は、EOS M3よりかなり短縮されています。
かなり軽快にテンポ良く撮影ができますよ!

2016年11月01日 13:01

YOKOHAMA
M3のときは動画ボタンを無意識に押してしまうので無機能に設定していましたが、M5になってからは、安心して使えますね。

2016年10月31日 22:42

shine
M3から大幅に操作性が向上しているようですね。
レリーズ周りのモッサリ感が改善していれば欲しいですね。

2016年10月31日 16:41

8件中 1〜8件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

かずひ

目利きAWARD DOUBLE目利きAWARD DOUBLE
GANREF Point
3375060
メインカメラ
EOS 5D Mark IV

プロフィール

無言ポチのみで失礼させて頂くことがあります。 お返しなどお気遣いなくお願...

↑ページの先頭へ