Please wait... loading

【注目製品レビュー~キヤノン EOS M5編~】vol.37「M5レビューまとめ②」編

現在表示しているページ
ホーム > kazuleoさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2016年11月 > 【注目製品レビュー~キヤノン EOS M5編~】vol.37「M5レビューまとめ②」編

投稿日:2016/11/29

レビューした機材・用品 キヤノン EOS M5 キヤノン EOS M5
 前回は、EOS M5の特筆すべき優位点である、「画質」、「AF」、「連写性能」、「タッチ&ドラッグAF」を取り上げました。お伝え忘れたのは、もう1点ありました。

★高感度性能
 センサーそのものの素性に加え、DIGIC 7により下支えというより完璧にコントロールされていて、ISO AUTOで攻めることができます。これまで、フルサイズ機の独壇場だった夜明けや日没、または夜間などの低照度下においても、レンズを向けることをためらう必要はありません。ノイズを気にして撮ることを躊躇ったり、撮らないことで後悔するのではなく、まずはレリーズボタンを押しましょう!
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS M5
レンズ:
キヤノン EF-M22mm F2 STM
焦点距離:
22.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Not Defined
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
+0.7EV
ISO感度:
12800
ホワイトバランス:
Auto



 今回はまとめの2回目ということで、小粒ですがぴりりと辛い的なポイントをお伝えします。

◎EVF
 有機ELパネルを採用したEVFの見えは素晴らしく、一言でいうと自然です。OVF機に慣れている方でも違和感無く使いこなせます。逆光時や夜景撮影などの際にも、ストレスを感じることはありませんでした。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
レンズ:
キヤノン EF100mm F2.8L マクロ IS USM
焦点距離:
100.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/50秒
絞り数値:
F4.5
露光補正量:
-0.7EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Auto


◎グリップ&ボディサイズ
 M3開発時と同様に様々なグリップのモックを起こして磨かれた「流体造形グリップ」は、男性としては少し小さな私の手にはジャストフィット。コンパクトなボディサイズと相まって、右手ひとつで振り回すことができます。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
レンズ:
キヤノン EF100mm F2.8L マクロ IS USM
焦点距離:
100.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/80秒
絞り数値:
F4.5
露光補正量:
-0.7EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Auto


◎光軸レイアウト
 ミラーレスなどでは崩しがちな、液晶モニタ、アクセサリーシュー、EVF、三脚穴の位置全て光軸上に置くことで、EVFの覗けばとても自然に撮影に向かうことができます。バリアングルではなくチルトという選択も功を奏しています。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
レンズ:
キヤノン EF100mm F2.8L マクロ IS USM
焦点距離:
100.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/125秒
絞り数値:
F4.5
露光補正量:
-0.7EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Auto


◎画作り
 写真の胆でもあり、既にあるEOSシリーズと同じ画作りができるよう画処理のDIGIC 7、新しく加わった「ディティール重視」をはじめとするピクチャースタイル、オートライティングオプティマイザやレンズ光学補正、そしてとても優秀はホワイトバランスにより実現しています。同じ被写体でもカメラが違うと画の傾向が変わってしまっては興ざめです。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
レンズ:
キヤノン EF24-70mm F4L IS USM
焦点距離:
62.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/100秒
絞り数値:
F8.0
露光補正量:
-0.7EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Auto


★FDマウントレンズ用ボディに最適!
 高速で精度の高いAFが売りのM5にも関わらず、個人的にはこのポイントが最もツボにはまりました!そう、防湿庫に眠るフィルム時代のFDマウントレンズ用のボディにうってつけです。もちろん社外品のマウントアダプターを利用することになり、しかもMF専用、手ブレ補正ナシ(ボディ側の電子手ブレ補正は動画のみ)という条件付きにはなります。焦点距離もレンズそのものの焦点距離とはいきませんが、広角系のレンズがあれば標準から中望遠程度には押さえ込めます。そして、レンズ周辺部までを使い切らないAPS-Cセンサーということと相まって、適度な周辺減光、レンズ設計の古さからくる収差が滲み、解像の甘さがほどよくブレンドされ、絶妙な描写が得られます。(もちろん、レンズによりけり)EVFの見やすさやピーキングの活用で、フィルム時代のスプリット式とは比べものにならないくらい正確で素早くピント合わせができますので心配ご無用。このためだけに、M5が欲しいを思ったほどです(笑)
眩しかった季節

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS M5
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/1250秒
露光補正量:
+1.7EV
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto



 あららら・・・、まだ終わりそうもありませんねぇ。

 
★キヤノン EOS M5機材レビューアルバム
http://ganref.jp/m/kazuleo/portfolios/album/17890

--------------------
注目製品レビュー ~キヤノン EOS M5 編~」企画にレビューワーとして参加中!! http://ganref.jp/common/monitor/canon/m5/review.html
--------------------

コメント(1,000文字以内)

9件中 1〜9件目

☆ケン☆
やはり光軸上にEVFやら液晶などがあると、とても自然なスタンスで撮影が出来ますよね♪
予約もかなり入っていたみたいですし、こうしたレビューが購買欲をそそる事はまちがいありません!!

2016年12月01日 14:54

kazuleo
YOKOHAMAさん
M5の実力にこっちが引っ張られ、すでに出し尽くしています。。。

2016年12月01日 09:11

YOKOHAMA
まだまだ、ネタ、持ってるなぁ~。 さすが!

2016年11月30日 22:24

kazuleo
Fallen-Rosesさん
確かに、それは失礼しました(笑)
過去のレンズ資産を活かせるようメーカーとしての努力と良心を期待します!

2016年11月30日 18:44

Fallen-Roses
いやいや、FDに限らずARにもイイですよ(笑)

電子式でも良いので、やっぱりブレ止めがあると嬉しいなぁ〜

2016年11月30日 13:33

kazuleo
かずひさん
まとめるにあたり見返していたら、あれッ、スナップならISO12800でも十分じゃん!
風景では1600ぐらいに抑えたいと思いましたが、これなら全然おーけいOK!改めて、高感度に強いということを見せつけられました(^_^)

2016年11月30日 12:59

かずひ
同じ意見です!
と言いたいところですが、FDのくだりは使ってないので分かりません^^;
DP CMOS AFとDIGIC7はホント良いですね。
AF速度・精度ともに文句ない出来です。

それにしても1枚目の写真、ISO12800なんですね。
このレベルなら十分通用しそうです。

2016年11月30日 10:19

kazuleo
legacy7010さん
まぁ、FDレンズを持ち出したのはわたしだけでしたから(笑)

DIGIC 7とDP CMOS AFは、これからのレフ機でも主流になるでしょうから、楽しみです。

2016年11月30日 09:00

legacy7010
やっぱりそうきましたか。

きっとFDマウントによさそう・・・って書くと思っていましたw
DIGIC7とDP CMOS AFはほんと良いと思いました。

2016年11月30日 00:41

9件中 1〜9件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

kazuleo

GANREF Point
599609
メインカメラ
EOS 6D

プロフィール

一眼レフはフィルムのCanon AE-1以来30数年ぶり。2013年9月に...

↑ページの先頭へ