Please wait... loading

~ポラリエ(ポータブル赤道儀)の簡単撮影方法~ その③

現在表示しているページ
ホーム > ☆ケン☆さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年4月 > ~ポラリエ(ポータブル赤道儀)の簡単撮影方法~ その③

投稿日:2017/04/27


前回のレビューにおいて、スマホのアプリである『Sky Map』の極軸合わせに影響が出ない様に取り付けステーを改造したものの、一向に現場検証が出来ていなかったのですが、神戸にオープンしたばかりの新メリケンパークでkiyottiさん、Quiet Earthさんと共に星撮り撮影をする機会があったので、久しぶりにポラリエを持ち出し検証してみました。


先ずはポラリエに改造ステーを取り付け、ポラリエの電源をONにしてみましたが、北極星を指している画面は多少動くものの、以前のステーを取り付けた時のように大きく極軸が左右される様な動きは出ませんでした。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G7 X
焦点距離:
8.8 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
シャッタースピード:
1/30秒
絞り数値:
F1.8
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Auto



次にカメラをポラリエにセットして電源を入れてみたところ、同じく極軸に影響を与える様な事はありませんでしたが、カメラを北極星の位置に向けた状態で固定した時は、スマホの画面とカメラの液晶画面が重なってしまう位置となってしまっていたので、カメラを取り付ける雲台を横に移動させる事により両方の画面を見る事が出来るようになりました。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G7 X
焦点距離:
8.8 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
シャッタースピード:
1/25秒
絞り数値:
F1.8
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Auto



神戸ポートタワーに向けて星撮りを開始したものの、やはりポートタワーが明るすぎ4~5秒を超えると物凄い白飛びを起こしてしまっているうえ更に、この時間帯は肉眼でも星が良く見えていなかったので、拡大してようやく星が見える写真しか撮れず、この位置での検証は諦め星が肉眼で見えている南側を狙うことにしました。





ご存知の通り、星の移動に関しては、北極星の周りが一番遅く、南側の方が早く移動するので、よくよく考えてみたらポラリエの検証をするには南側が最も適している方角だという事に気が付きました。


先ずは肉眼でも分かる木星を24㎜の広角で撮影してみましたが、やはり望遠で撮影する方がより分かりやすいと思い直し、レンズの最望遠端となる105㎜側にセットし、約40秒間狙ってみました。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
焦点距離:
105.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Bulb
シャッタースピード:
39.3秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
Auto



少し木星が明るく写りすぎたので撮影時間を30秒に短縮して再度撮影し、更に画像をトリミングして200㎜相当としたのが次の画像となります。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
焦点距離:
105.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Bulb
シャッタースピード:
29.4秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto



さすがにここまで拡大すると多少星は流れてしまっているものの、しっかりと北極星を捉えてポラリエの効果が出ている事が確認出来たので、これで外部の磁極に左右されず、改造したステーにて北極星の位置を特定するアプリの使える目途が立った事が検証されたと思います。


但し、この日の三人の共通課題として掲げたものは『明るい街中でも星景撮影をしてみよう』というテーマを持っていたのですが、やはり白飛びしてしまっており星景写真としては失敗していたので、次回は白飛びしない2~3秒あたりでコマメに刻みつつ、さらにハーフNDフィルター等も活用した上で、それを比較明合成することにより星と街を融合させたいと思います。


今度はしっかりとした星景の作品を撮ることが課題とはなりましたが、またの機会があればチャレンジしてみたいと思います。

コメント(1,000文字以内)

6件中 1〜6件目

☆ケン☆
☆Quiet Earthさん、コメント頂きましてありがとうございました♪

ご一緒した時に四苦八苦しながら撮影しましたが、とりあえず今回は極軸合わせのめどが立ったので、次回はちゃんと撮りたいと思っております!!

2017年05月11日 11:57

☆ケン☆
☆だいとしぃさん、コメント頂きましてありがとうございました♪

明るい場所では、コマメに撮影して比較明合成するしかないですよね~(汗)
次回チャレンジしてみます!!

2017年05月11日 11:55

☆ケン☆
☆撮りこみ苦労さん、コメント頂きましてありがとうございました♪

望遠レンズも行きたいところですが、ポラリエ自体の耐荷重がそこまでのレンズを想定していないので、135㎜ F2.8レンズ位が限界かとおもっております(汗)

2017年05月11日 11:54

Quiet Earth
参考になります。
明るい中での星撮影、難しいテーマですが、面白かったですね。私も、極軸合わせをどうするか、最近、いろいろ試しています。今日は、極軸望遠鏡に北極星を導入するため、パイプを使った手作りファインダーを作ってみました。近く検証してみます。

2017年05月06日 19:36

だいとしぃ
明るい街での星空は、比較名合成が基本になるかと思います(^^)/

2017年05月05日 11:50

撮りこみ苦労
カメラの発する磁気、EOS6Dは大丈夫のようですね、M5はだめでした。 35㎜換算でFL200㎜~300㎜レンズ使用、30秒がクリアできれば、10枚加算処理で、かなり世界が広げられるのではと。
まずは一歩前進、クリアな天の川、☆ケン☆さんと同じように、街の夜景と星空もテーマです。

2017年04月27日 21:05

6件中 1〜6件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

☆ケン☆

GANREF Point
2775015
メインカメラ
EOS 6D

プロフィール

基本的には雑食のため、ジャンルに捉われずこれだと思ったモノは積極的に撮影す...

↑ページの先頭へ