デジタルカメラマガジン 2017年4月号選考〈デジタルフォト部門〉 デジタルフォト部門 選者:ハービー・山口 先生

現在表示しているページ
ホーム > フォトコンテスト > 結果発表済みコンテスト一覧 > デジタルカメラマガジン 2017年4月号選考〈デジタルフォト部門〉 > デジタルフォト部門
街が飛ぶ!
カメラ:キヤノン EOS 80D  レンズ:タムロン 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO  撮影地:アメリカ合衆国 ノースカロライナ州

優秀賞

街が飛ぶ!
作者:Striblingさん (海外)

【講評】見た瞬間、手前にぶれた木を置いた、その動感あふれる写真に目が留まりました。動感あふれると言っても、遠景にある主役であるビルや空のぶれは弱く、手前の木は強くぶれているという構成も優れていると思います。高速道路を走行中撮ったということで、その撮った状況を100%生かした撮り方が功を奏してこのような魅力的な風景を物にしました。また、夕日が落ちるドラマチックな瞬間に出合えたのも、渡部さんの運の強さだと思います。

<選者からのアドバイスは本誌誌面をご参照ください>

ラストシュート!
カメラ:ニコン D3  レンズ:ニコン AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II  レタッチ:Capture NX-DにてRAW現像後、Photoshop Lightroom 6にてコントラスト、WB調整  撮影地:大分県由布市

準優秀賞

ラストシュート!
作者:tamadayyさん (大分県・47歳)

【講評】鉄道写真にはさまざまなドラマが付随するものですが、この作品では橋の上にいる息子さんたちのシルエット、夕日に照らされたススキの中を進む電車、地元の方のたき火で煙った背景と3拍子がそろっています。作者の玉田さんはそのまるで舞台の照明に浮かび上がったような光景を1枚の写真に取り込みました。このときの空気感や、夕日のほのかなぬくもりまでもが伝わってくるような、見事な瞬間だと思います。

車輪の跡
カメラ:パナソニック LUMIX DMC-GM1  レンズ:パナソニック LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.  撮影地:大阪府大阪市

準優秀賞

車輪の跡
作者:ぺとらさん (大阪府)

【講評】街を観察するときに、ちょっと俯瞰したアングルやその時間の光を利用するのは大変効果的です。この写真も階段をちょっと上がり、美しい夕日を生かしています。ただ作者はそれだけに満足せず、遠景に見える、車輪の跡の上に立つ人物にも気を配っています。遠景であっても、さらに道の奥まで続く構図や人の気配が意識されているのです。街の光とアングルだけではなく、その街に住む人の気配までも写し取った、素晴らしい写真だと思いました。

Girls In Summer
カメラ:リコー GXR + GXR MOUNT A12  レンズ:Jupiter-12  レタッチ:Windowsのフォトにてトリミング、傾き調整  撮影地:神奈川県藤沢市 片瀬江ノ島海岸

入選

Girls In Summer
作者:Gk!さん (東京都)

【講評】初夏のまばゆい光の中に見える、半分シルエットとなった若者の姿。爽やかで見逃せない1枚になりました。特に左下の女子高生たちの存在感が大きく、彼女たちの笑い声やはだしで戯れる水の爽やかな冷たさまで伝わってくるようですね。波に輝くまばゆい光が、若者たちと呼応してひとつの楽曲が聴こえそうです。

瀬戸大橋を背景に
カメラ:ニコン D610  レンズ:ニコン Ai AF Nikkor 85mm f/1.8D  レタッチ:Capture NX 2にてセピアに変換、コントラスト、アンシャープマスク調整  撮影地:香川県綾歌郡

入選

瀬戸大橋を背景に
作者:ゆきさん (香川県・50歳)

【講評】遠景に瀬戸大橋の光を捉え、手前の展望台には家族のシルエットを配置。実に巧みで美しい、家族愛にあふれた演出がなされています。スローシャッターによる微妙なブレで臨場感も出て、風景写真としても家族写真としても大変優れた作品となりました。遠景だけでは平坦になる場面に展望台や家族を配置した心憎い作者のセンスに感心します。

空からの”ただいま~!”
カメラ:ニコン D500  レンズ:ニコン AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  レタッチ:Photoshop Lightroom 5にてトリミング、コントラスト調整、明るさ調整  撮影地:滋賀県近江八幡市

入選

空からの”ただいま~!”
作者:チョロぽんさん (滋賀県)

【講評】木の陰との対比で人物の影が不思議なものに見えましたが、よく見ると、壁に映った娘さんの影でした。タイトルのセンスも良いですし、こうした発見を合成ではなくそのまま拾ったことが作品にさらなる温かさを与えました。なかなか思いつかない1枚です。

光る目
カメラ:キヤノン PowerShot G7 X  レンズ:N/A  レタッチ:Photoshop CS6にてトーン調整  撮影地:東京都小金井市江戸東京たてもの園

入選

光る目
作者:tさん (東京都)

【講評】この路面電車は展示物。お子さんが危険な場所にいるわけではありません。暗い状況であっても、路面電車のヘッドライト、室内のタングステン光に照らし出された人々、背中を見せる写真を撮る少年の姿が、実に美しく収まっています。光の色温度や逆光が作り出したドラマを、凝縮させた1枚です。

花散らし
カメラ:オリンパス OLYMPUS OM-D E-M5  レンズ:オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8  レタッチ:Photoshop Lightroom 5にてモノクロ化  撮影地:神奈川県横浜市

入選

花散らし
作者:INU+さん (神奈川県)

【講評】大変ドラマチックな光景を物にしました。桜が咲く中、豪雨に見舞われ、宅配のバイクが通る。それを向かいからの車のライトで実に効果的に雨脚を浮かび上がらせるライティングを得ました。写真のツボをよく知っていますし、瞬時であっても優れた被写体と光の拾い方に感心しました。

木電気通り
カメラ:オリンパス E-5  レンズ:オリンパス ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 II  レタッチ:OLYMPUS Viewer 2にてWBを調整  撮影地:東京都足立区

佳作

木電気通り
作者:コバミチ(ゆっくり再開)さん (東京都)

【講評】昔ながらの街並みの中に残る、木電気というカサつきの電球。なんとも寂しげに、しかし人々を確実に照らし出してくれた街灯。この電球の存在が叙情を持って捉えられています。赤みのある明かりがこの街の人々を守ってきたのかと思うと、何かとても美しい写真に感じました。

「顔出しNGでお願いします」
カメラ:キヤノン EOS 7D Mark II  レンズ:シグマ 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary  撮影地:東京都大田区

佳作

「顔出しNGでお願いします」
作者:鮭さん (神奈川県・51歳)

【講評】大変うまい場面を撮りましたね。西日に差された機長と副操縦士がコックピットで同じ動作をしているという、めったにないタイミングを逃さなかったのはさすがです。フレーミングもうまく、旅客機が何かパンダの顔のようにも見える面白さもあります。二度とない瞬間が、見事に写真に収められました。

創ったり壊したり
カメラ:富士フイルム FUJIFILM X-T1  レンズ:富士フイルム XF10-24mmF4 R OIS  レタッチ:Photoshop Lightroom 6にてシャープネス、コントラスト、色調を調整  撮影地:東京都文京区 文京シビックセンター

佳作

創ったり壊したり
作者:Hidebonさん (東京都)

【講評】物事を俯瞰で見ると、こうした都市部での場面も非常に興味深いものになります。よく見ると解体中で、建設中とは逆の行程が行われています。タイトルどおり時代とともに街は生まれ変わるのですが、この1枚にはそうした都市の生命力、経済力というようなものが息づいています。手前の道路などとのデザイン力にも非常にたけたものがあります。

夜景、見ないんですか!?
カメラ:ニコン D5300  レンズ:ニコン AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II  レタッチ:Capture NX 2にてRAW現像、WB、コントラスト調整、Topaz AdjustにてHDR加工  撮影地:大阪府大阪市 梅田スカイビル

佳作

夜景、見ないんですか!?
作者:M之助さん (岐阜県・66歳)

【講評】現代よくある、スマホゲームに夢中になる人々のしぐさですが、彼女たちの目の前には美しい夜景が広がっています。展望台にまで来てゲームに熱中している矛盾がユーモアも持って捉えられています。かつ写真的魅力も大いにあって、画面上部に反射する彼女たちの姿によって、後ろ姿を捉えている写真で正面も写っているという実に効率の良いアングルに感心しました。

働く男達
カメラ:ニコン D810  レンズ:ニコン AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II  レタッチ:Photoshop Lightroom CCにてコントラストを調整、モノクロ化  撮影地:千葉県柏市 柏駅

佳作

働く男達
作者:Atelier-yuuさん (28歳)

【講評】工事現場は写真家にとって魅力ある被写体です。駒村さんは足場がいまどき珍しい木造であることに引かれ、それをビルの角に6名の作業員が同じように立つテンポ良い瞬間で捉えました。光の加減も良い立体感を生んでいますね。

Like a child
カメラ:ソニー α7 II  レンズ:ソニー FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS  レタッチ:Photoshop Lightroom CCにてWB、露出、コントラストを調整  撮影地:神奈川県横浜市 コスモワールド

佳作

Like a child
作者:BaHooさん (神奈川県)

【講評】女性ひとりでふと遊園地に寄って、遊具に乗り、時を過ごす……。明日のためにリセットか、子ども心を取り戻しているのか。作者のコメントにもありましたが、彼女の物語を想像させる、情感あふれる1枚です。

午後の交差点
カメラ:キヤノン EOS 5D Mark IV  レンズ:キヤノン EF24-105mm F4L IS II USM  レタッチ:Photoshop Lightroom 6にてモノクロ化、コントラストを調整  撮影地:東京都中央区 東急プラザ銀座

佳作

午後の交差点
作者:かずひさん (埼玉県・50歳)

【講評】写真にはアングルと光がいかに大切かということを再確認させてくれる作品です。横断歩道の白い線をシンメトリーに配置した構図もセンスが良く、ほぼ真上からのアングルも新鮮。影も夕日で長く伸び、都会のグラフィックな一瞬を凝縮しています。

空飛ぶレゴブロック
カメラ:キヤノン EOS 6D  レンズ:キヤノン EF24-105mm F4L IS USM  レタッチ:Photoshop Lightroom 6にてトリミング、露光量、彩度を調整  撮影地:東京都品川区

佳作

空飛ぶレゴブロック
作者:ふうたさん (茨城県・65歳)

【講評】タイトルからして非常に遊び心があります。ビルの壁の碁盤のような目、光の反射、そして左上にゴンドラと、要素を巧みに使って遊び心満載の作品を完成させました。都会をアレンジして自分の世界に呼び込むのはすてきですね。空の青も写真をポジティブにしています。

退屈な日々
カメラ:ニコン D750  レンズ:ニコン AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G  レタッチ:Capture NX-DにてRAW現像、明瞭度、コントラスト、色合いを調整  撮影地:大阪府藤井寺市

佳作

退屈な日々
作者:ken-1さん (大阪府)

【講評】病院でのワンショット。お嬢さんの表情が穏やかで、本を読む姿が印象的でした。その奥には恐らく心配そうに見守るお母さんをアウトフォーカスで撮っている。その写真的センスがリアルになりすぎず、写真に安心感を与えています。

待つ
カメラ:パナソニック LUMIX DMC-GM1  レンズ:パナソニック LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.  撮影地:東京都武蔵野市 井の頭恩賜公園

佳作

待つ
作者:came30さん (東京都)

【講評】手前の静けさと奥の動き、暗闇と街灯など奥行きの深さと対比が絶妙ですね。作者はそこに「待つ」というドラマを見つけました。画面の中の人々に役どころを与え、自分の物語を紡いだ、何かカメラの魔法のような1枚です。

湖畔の少女
カメラ:キヤノン EOS Kiss X5  レンズ:シグマ 70mm F2.8 EX DG MACRO  レタッチ:Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、Silver Efex Pro 2にてモノクロ化、明るさ、コントラスト、ストラクチャー、粒状性などを調整  撮影地:北海道千歳市 支笏湖

佳作

湖畔の少女
作者:sisitouさん (北海道・39歳)

【講評】モノクロのコントラストが小気味良い、印象的なポートレートに感心しました。娘さんの髪の毛の質感がこの作品のキーポイント。横顔からまつげも見える、美しい一瞬を捉えています。コメントによると作者に似た縮れ毛に負い目があったそうですが、この写真を撮った瞬間、娘さんの髪の毛は実に美しく見えた。この芸術の域に達した作品により、すまないという気持ちがなくなったそうです。人からどう言われようと、持って生まれたものはその人の個性。自信と誇りを持つべきだと感じます。

所詮不完全なもの
カメラ:リコー GR  レンズ:N/A  レタッチ:1:1で撮影、「ハイコントラスト白黒」を使用  撮影地:福岡県糸島市

佳作

所詮不完全なもの
作者:カスタム命さん (福岡県・56歳)

【講評】私も糸島にはよく行きます。海岸沿いにはしゃれたカフェもありますね。野口さんはそこでさりげない中にコンクリートの防波堤と波が作り出す構成美を発見。周辺光量を落とし、質感を重視した秀作に仕上げました。哲学的なものを感じる作品です。

売る人・選ぶ人・見る人・撮る私
カメラ:ニコン Nikon 1 V3  レンズ:ニコン 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  レタッチ:トリミング  撮影地:マレーシア サバ州コタキナバル ナイトマーケット

佳作

売る人・選ぶ人・見る人・撮る私
作者:めぎさん (海外)

【講評】たくさんの魚が積み上げられた、マレーシアの活気ある市場でのショットです。タイトルにあるように、それぞれの人にそれぞれの役割があり、人物と魚の位置など、うまくいろいろな要素が組み込まれています。作者は右にいる女性が自分を見ていることで、「撮る自分」を意識し、このタイトルにしたとのこと。そういう意味では、面白い視点の写真だと評価されて良いと思います。

君がくれた夏
カメラ:オリンパス OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II  レンズ:オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II  レタッチ:Photoshop Lightroom 6にてRAW現像  撮影地:神奈川県 三浦半島

佳作

君がくれた夏
作者:えいきちさん (大阪府・54歳)

【講評】沈み行く夕日とその色を受けた優しい雲。手前にはまるで映画のポスターにでもなりそうな若者の姿。それを巧みに構成した美しい1枚です。この瞬間を逃さず、彼らの心のやりとりが見えてくるような幸せな1枚に心奪われました。

Drama
カメラ:キヤノン EOS 7D Mark II  レンズ:キヤノン EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM  レタッチ:Photoshop 7.0にて彩度、コントラストを調整、Windowsフォトにてフィルター効果  撮影地:京都府京都市 JR京都駅

佳作

Drama
作者:龍のおとしごさん (大阪府・64歳)

【講評】他にも乗客がいる中、女性ひとりが写るアングルを狙ったとのこと。そのことが功を奏し、「夜の駅と彼女と列車」という物語が、キレイに作り出されています。赤いライトや窓の配列、列車の緑といった要素もよく生かされています。作者の、日常にあるものをちょっとドレスアップするセンスが光る作品です。

機材ランキング

コンテストの受賞作品に使用されている機材のランキングです。


↑ページの先頭へ