Please wait... loading

遺族の家

現在表示しているページ
ホーム > 及川 俊弘さんのページ > ポートフォリオ > 写真一覧 > 遺族の家
遺族の家

母屋も取り壊され,もう誰もいなくなり,表札だけが残った家。「遺族の家」
終戦間近の昭和20年5月。柳田國男は焼け野原となった東京で「先祖の話」を書き上げました。
戦争で死んだ兵隊達を思い「少なくとも国の為に戦って死んだ若人だけは何としてもこれを仏徒のいう無縁仏の列に疎外しておくわけにはいくまい」と書きました。そして「新たに困難に身を捧げた者を初祖とした家が数多く出来るということも,(日本の)生死観を振作せしめる」と彼は言い切りました。もし彷徨える魂があるなら生き残った人が引き受けるべきだと柳田は言いたかったのです。

★お気に入り登録 | 8

お気に入りコメント(1,000文字以内)
今週の登録可能枚数:350枚

候補

及川 俊弘さんのほかの写真

コメント(1,000文字以内)

4件中 1〜4件目

ガッチャン
ガッチャン
このような表札がある事すら知りませんでした。
goodshotですね。

2019年05月17日 06:05

ichii
ichii
素適なショットですね。
心に沁みます。

2019年05月17日 00:35

かたむ~
かたむ~
平和を噛みしめる切り撮りですね。ナイスショットです。

2019年05月16日 23:43

chin-cyan
chin-cyan
解説と写真見比べながら・・・
いい写真ですね

2019年05月16日 23:05

4件中 1〜4件目

新着写真

TOP OF GOLD

及川 俊弘

GANREF Point
1442365
メインカメラ
D7500

プロフィール

日本一のマガンの飛来地,伊豆沼で待っています。「星と写真の部屋」http:...
カテゴリー

同じ中カテゴリーの写真

もっと見る

キーワード
作品情報(Exif)
カメラメーカー ニコン
カメラ D7500
レンズメーカー ニコン
レンズ AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
焦点距離 52.0 mm
撮影日時 2019/05/16 11:24:49
フラッシュ Off Did not fire
撮影モード Manual
シャッタースピード 1/250秒
絞り数値 F5.0
露光補正量
ISO感度 400
ホワイトバランス Sunny
色空間情報 Nikon sRGB 4.0.0.3002
イメージサイズ 3,000×1,999
撮影地
関連写真

同じカメラで撮影された写真

もっと見る

同じレンズで撮影された写真

もっと見る