FUJIFILM X-T10:富士フイルム(fujifilm)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > デジタル一眼レフカメラ > 富士フイルム > FUJIFILM X-T10

FUJIFILM X-T10のレビュー・撮影記

もっと見る

初秋の夕景..

カメラ: FUJIFILM X-T10

レンズ: XF10-24mmF4 R OIS

FUJIFILM X-T10のGANREFマガジン最新記事

富士フイルム、レンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-T10」と交換レンズを発表

富士フイルム株式会社は、5月18日、小型軽量で、外装にはマグネシウム合金を採用したレンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-T10」、中望遠単焦点レンズ「XF90mmF2 R LM WR」を発表した。

公開日: 2015年05月18日

FUJIFILM X-T10の掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 36
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 124

FUJIFILM X-T10の新着写真

FUJIFILM X-T10のマガジン記事

富士フイルム、レンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-T10」と交換レンズを発表

公開日: 2015年05月18日

「FUJIFILM X-T10」(シルバー、XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS装着時)

「FUJIFILM X-T10」(ブラック、XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS装着時)

「XF90mmF2 R LM WR」

被写体追従性能を向上させた新AFシステムを搭載

 富士フイルム株式会社は、5月18日、小型軽量で、外装にはマグネシウム合金を採用したレンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-T10」、中望遠単焦点レンズ「XF90mmF2 R LM WR」を発表した。

 「FUJIFILM X-T10」は、コンパクトで気軽に持ち歩ける、小さいけれど本格派のカメラをコンセプトに開発されたレンズ交換式デジタルカメラだ。ボディのサイズは118.4×82.8×40.8mm(W×H×D)、重さはボディのみで約331g。ボディの外装にはマグネシウム合金が採用されている。ファインダーは電子ビューファインダーとなっており、236万ドット有機ELファインダーを採用。ファインダーデザインは円形となっている。背面液晶モニターはチルト式が採用された。また、ボディ上面にフルオートとフルマニュアルを切り替えるレバーを設置。ほかの人に集合写真などを撮ってもらう際に、即座にフルオートに変更することができる。

 撮像素子は有効画素数約1,630万画素のX-Trans CMOS II センサー(APS-Cサイズ)を搭載。常用ISO感度の範囲は200~6400で、感度拡張により最低ISO 100相当、最高ISO 51200相当まで設定可能となっている。

 AFシステムには、先に「FUJIFILM X-T1」の最新ファームウエアで採用された、新AFシステムを標準搭載。任意に選択した1エリアでAFを行う従来の「シングルポイント」に加え、動いている被写体に有効な「ゾーン」「ワイド/トラッキング」が新たに搭載された。「ゾーン」は、全77点のAFエリアから3×3などのゾーンで任意の位置を選択すると、ゾーンエリアの中央でとらえた被写体を追従し続ける設定だ。画面中央に3×3、または5×3エリアを設定した場合は像面位相差AFを使用でき、より高速なピント合わせが可能だという。「ワイド/トラッキング」に設定した際には、全77点のAFエリアの中でピントが合ったエリアを表示する「ワイド」(シングルAF使用時)での撮影が可能であると同時に、AF-C使用時には「トラッキング」により、任意に選択した1点のフォーカスエリアでとらえた被写体を、77点の全エリアで追従し続ける。
 AF機能に関してそのほか、人間の瞳を自動で検出してピントを合わせる「瞳AF」、被写体との距離に応じて自動でマクロモードに切り替わる「オートマクロ」が搭載されている。また、シングルポイント時や動画モード時のAF性能が向上しているという。

 カラーバリエーションはシルバー、ブラックの2色。ラインアップはボディ単体のほか、「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」が付属するレンズキットが用意される。

 同時に発表された「XF90mmF2 R LM WR」のレンズ構成は8群11枚で、EDレンズを3枚使用。最短撮影距離は60cm、最大撮影倍率は0.2倍(35mm判換算0.3倍)。防塵防滴構造で、耐寒性能は-10℃となっている。サイズはΦ75×105mm(最大径×長さ)、重さは540g。絞り羽根は7枚で、円形絞りが採用されている。

 今回発表された各製品の発売予定日と価格は下の表のとおりとなっている。

レポート:GANREF編集部

製品名 希望小売価格・税別
(予想実勢価格)
発売予定日
FUJIFILM X-T10 ボディ オープン価格
(90,000円前後)
2015年6月25日
FUJIFILM X-T10 レンズキット
(「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」付属)
オープン価格
(120,000円前後)
2015年6月25日
XF90mmF2 R LM WR オープン価格
(110,000円前後)
2015年7月16日

「FUJIFILM X-T10」(シルバー、正面)

「FUJIFILM X-T10」(シルバー、上面)

「XF90mmF2 R LM WR」

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 0

この記事のURL:https://ganref.jp/items/camera/fujifilm/2825#imp_521


↑ページの先頭へ