LUMIX DMC-G1の性能テスト

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > デジタル一眼レフカメラ > パナソニック > LUMIX DMC-G1 > 性能テスト

GANREFラボ/杉本利彦 の一言解説

同社のマイクロフォーサーズ1号機。2,595本の平均解像度は1,210万画素機としては平均レベルをクリアしている。ダイナミックレンジはハイライト側が3.5段と広めで、シャドー側の6.0段と合わせて9.5段とかなり広めのレンジを確保している。実効感度はかなり高めで表示感度より2/3段ほど明るく、かなり明るめに写る傾向がある。高感度域の描写はISO 1600では若干ノイズがはっきりするが実用レベル、ISO 3200ではノイズがかなり目立つが像の乱れは少ない。

2010年8月24日 掲載

≫性能テストについての詳しい解説はヘルプをごらんください

LUMIX DMC-G1で撮影された写真

  • ⭐いいから,いいから。
  • 飼いたいけど・・・。
  • さくら
  • ズミルックス50㎜ f 1.4  比較
  • ふぁいと!
  • 合掌
気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 13
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 277

LUMIX DMC-G1の解像度

性能テストに使用したレンズ:パナソニック LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.
画像をクリックするとオリジナルデータが開きます

標準モード

平均解像度 2,595本
画素数(短辺) 3,000画素
解像効率 0.865

↑ページの先頭へ