α57:ソニー(sony)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > デジタル一眼レフカメラ > ソニー > α57

α57のGANREFマガジン最新記事

ソニー、エントリーユーザーのニーズに応える機能を搭載した「α57」を発表

ソニー株式会社は、3月21日、AF追従で最高約12コマ/秒の高速連写が可能な、透過ミラー採用のデジタル一眼カメラ「α57」を発表した。

公開日: 2012年03月21日

α57の掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 9
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 112

α57の新着写真

α57のマガジン記事

ソニー、エントリーユーザーのニーズに応える機能を搭載した「α57」を発表

公開日: 2012年03月21日

「α57」(DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM装着時)

「α57」(DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM装着時)

「α57」(背面)

「α57」(背面)

「α57」(上面)

「α57」(上面)

新機能を搭載したほか、追尾フォーカスなども進化

 ソニー株式会社は、3月21日、AF追従で最高約12コマ/秒の高速連写が可能な、透過ミラー採用のデジタル一眼カメラ「α57」を発表した。

 「α57」は、「α55」や「α65」「α77」と同様に透過ミラー(Translucent Mirror)を搭載したデジタル一眼カメラだ。撮像素子には有効画素数1,610万画素のCMOSセンサー(APS-Cサイズ)を搭載し、ISO感度の範囲は100~16000となっている。また機能としては、簡単に上手な写真を撮りたいというエントリーユーザー層のニーズに応えるため、決定的瞬間や一瞬の表情を撮り逃さないための連写機能、自動でトリミングを行う構図調整機能、解像感を保ったままレンズの望遠端のさらに2倍の焦点距離相当までズームアップできるズーム機能を搭載した。
 まず連写機能については、今回新たに「テレコン連続撮影優先AEモード」を搭載。これは、被写体を約1.4倍クローズアップし、AF追従で約12コマ/秒の高速連写ができる機能だ。ただし、この機能で撮影した画像のサイズは最大840万画素となる。フル画素での連写速度は「α65」と同様、「連続撮影優先AEモード」使用時で約10コマ/秒となる。
 構図に関する機能としては「オートポートレートフレーミング」機能を搭載。これは、オートモードで、カメラが顔を認識して撮影した際、よりバランスの良い構図になるようカメラが自動で判断してトリミングする機能である。「オートポートレートフレーミング」が適用された際は、撮影したままのオリジナル画像とトリミングした画像の2枚が保存される。さらに、トリミングされた画像は「全画素超解像」により、オリジナル画像と同じ1,610万画素を保ったままとなる。「全画素超解像」とは、カメラ内でオリジナル画像の処理画素をパターン分類し、数百パターンの画像データベースから最適なパターンを照合、生成画像を出力する技術で、トリミングをしても1,610万画素の解像感を保ったままの画像にすることができるという。
 この「全画素超解像」は、2倍の焦点距離相当までズームアップできる「全画素超解像ズーム」機能にも活用されている。この機能を使用すれば、キットレンズの「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM」使用時で110mm相当、ダブルズームキットの望遠ズームレンズ「DT 55-200mm F4-5.6 SAM」使用時で400mm相当までズームアップすることができる。

 そのほか「追尾フォーカス」も進化しており、被写体が人物の場合、顔検出でAFを合わせて撮影している際に、顔が後ろを向くなど、顔検出が外れた瞬間に物体追尾モードに自動で切り替わって被写体を追尾し続けるという。
 また、電子ビューファインダー「Tru-Finder」は有効約144万ドット相当(「α55」は有効約115万ドット相当)となったほか、メガネ使用時でもファインダー画像の全表示範囲を見ることができるよう、被写体倍率を変更できるようになっている。
 背面液晶モニターには縦方向に約180度、横方向に約270度まで回転する「バリアングルチルト可動式液晶モニター」が採用された。

 ボディのサイズは約132.1×97.5×80.7mm(W×H×D)、重さは本体のみで約539g。
 発売は4月13日を予定しており、ボディ単体(予想実勢価格:8万円前後)のほか、「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM」が付属するズームレンズキット(予想実勢価格:8.5万円前後)、「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM」「DT 55-200mm F4-5.6 SAM」が付属するダブルズームレンズキット(予想実勢価格:10.5万円前後)が用意される。
 また、同日「アクセサリーキット ACC-FM1A」を発表。ソフトキャリングケース「LCS-AMB」とバッテリー「NP-FM500H」をセットにした商品で、それぞれ単品を購入するよりも、税込みで3,150円安く購入することができる。

レポート:GANREF編集部

製品名 希望小売価格
(予想実勢価格)
発売予定日
α57 ボディ オープン価格
(80,000円前後)
未定
α57 ズームレンズキット
(「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM」付属)
オープン価格
(85,000円前後)
未定
α57 ダブルズームレンズキット
(「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM」「DT 55-200mm F4-5.6 SAM」付属)
オープン価格
(105,000円前後)
未定
アクセサリーキット ACC-FM1A 10,500円 未定
「α57」(正面)

「α57」(正面)

「α57」(背面)

「α57」(背面)

「α57」(上面)

「α57」(上面)

「α57」(グリップ側側面)

「α57」(グリップ側側面)

「α57」(端子カバー側側面)

「α57」(端子カバー側側面)

「α57」(底面)

「α57」(底面)

「α57」(背面液晶モニター展開時)

「α57」(背面液晶モニター展開時)

「α57」(背面液晶モニター展開時)

「α57」(背面液晶モニター展開時)

 

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 0

この記事のURL:https://ganref.jp/items/camera/sony/2300#imp_440

関連写真

このカメラで撮影された写真