α7R III:ソニー(sony)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > デジタル一眼レフカメラ > ソニー > α7R III
α7R III
sony

発売日: 2017年11月25日
発表時参考価格: 370,000円

メーカー製品ページ

比較表に追加する

α7R IIIのレビュー・撮影記

もっと見る

えっ!

カメラ: α7R III

レンズ: FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS

α7R IIIのGANREFマガジン最新記事

ソニー、デジタル一眼カメラ「α7R III」および交換レンズを発表

ソニー株式会社は、10月25日、補正効果5.5段の光学式5軸手ブレ補正機構を搭載したミラーレスタイプのEマウントデジタル一眼カメラ「α7R III」、Eマウント交換レンズ「FE 24-105mm F4 G OSS」を発表した。

公開日: 2017年10月25日

α7R IIIの掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 65
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 36

α7R IIIの新着写真

α7R IIIのマガジン記事

ソニー、デジタル一眼カメラ「α7R III」および交換レンズを発表

公開日: 2017年10月25日

  • 「α7R III」(FE 24-70mm F2.8 GM装着時)

  • 「FE 24-105mm F4 G OSS」

4,240万画素、常用ISO 100~32000、最高約10コマ/秒

 ソニー株式会社は、10月25日、補正効果5.5段の光学式5軸手ブレ補正機構を搭載したミラーレスタイプのEマウントデジタル一眼カメラ「α7R III」、Eマウント交換レンズ「FE 24-105mm F4 G OSS」を発表した。

 「α7R III」は、有効画素数は約4,240万画素の35mm判フルサイズ裏面照射型Exmor R CMOSイメージセンサーを搭載した、ミラーレスタイプのデジタル一眼カメラだ。常用ISO感度の範囲は100~32000で、感度拡張により最低ISO 50相当、最高ISO 102400相当まで設定可能となっている。「α7R II」と同様、光学式5軸手ブレ補正機構を搭載。補正効果は最高5.5段分と、「α7R II」(最高4.5段分)よりも向上している。

 AFについては、399点の像面位相差AFと425点のコントラストAFにより、広範囲を高密度でカバー。低照度時のAF速度、および動体追従性能は、「α7R II」と比べて最大2倍向上しているという。そのほかAFに関する操作性として、ピントを合わせたいエリアを拡大表示させた状態でAFでピントを合わせることができるほか、モニターをタッチすることでフォーカス枠の位置を指定できるタッチフォーカス機能や、ファインダーをのぞきながら背面液晶モニターのタッチ操作でフォーカス位置を移動できるタッチパッド機能が搭載されている。またボディには、ボタンを押すとAFが駆動するAF-ONボタン、フォーカスポイントを移動するときに便利なマルチセレクターが搭載された。

 連写性能は、メカシャッター、電子シャッター問わず、AF/AE追従で最高約10コマ/秒。連続撮影可能枚数は、非圧縮RAWで28枚、圧縮RAW、JPEGで76枚となっている。

 撮影機能については、イメージセンサーを1画素分ずつずらして計4枚の画像を撮影する「ピクセルシフトマルチ撮影」機能を搭載。撮影した画像をソフトウェア「Imaging Edge」で合成することで、高精細な画像を得ることができるという。

 動画については、4K動画撮影に対応。4K映像に必要な画素数の約1.8倍の情報量を凝縮して4K映像を出力することで、解像力の高い4K動画画質を実現しているという。また、HDR対応のピクチャープロファイルとして「HLG(Hybrid Log-Gamma)」を搭載しており、撮影した映像をHDR(HLG)対応テレビなどで再生することで、黒つぶれと白飛びを抑えた映像を楽しめるという。

 ボディについては、トップカバー、フロントカバー、内部フレーム、リヤカバーすべてにマグネシウム合金を使用。また、防塵・防滴に配慮した設計になっている。メモリーカードスロットはSDメモリーカード(UHS-II対応)のダブルスロットが採用された。ファインダーには約369万画素のQuad-VGA OLED Tru-Finderを採用。静止画撮影時のファインダーフレームレートの選択(「標準(60fps)」「高速(120fps)」)、ファインダーや背面液晶モニターの表示画質の選択(「標準」「高画質」)が可能となっている。

 そのほか、ソフトウェア「Imaging Edge」を発表。PCで撮影操作ができるリモートアプリケーション「Remote」、RAW現像アプリケーション「Edit」、一覧表示などができる「Viewer」が提供される。

 発売は11月25日を予定。価格はオープン価格で、予想実勢価格はボディ単体で37万円前後(税別)となっている。

 「FE 24-105mm F4 G OSS」は、ズーム全域開放F4の標準ズームレンズだ。レンズ構成は14群17枚。内面反射によるフレア・ゴーストを抑える「ナノARコーティング」が採用されているほか、ボタンやリング周りには防塵・防滴に配慮したシーリングが施されている。発売は11月25日を予定。価格はメーカー希望小売価格で165,000円(税別)となっている。

レポート:GANREF編集部

製品名 希望小売価格
(予想実勢価格・税別)
発売予定日
α7R III ボディ オープン価格
(370,000円前後)
2017年11月25日
FE 24-105mm F4 G OSS 165,000円 2017年11月25日
  • 「α7R III」(前面)

  • 「α7R III」(背面)

  • 「α7R III」(上面)

  • 「α7R III」(グリップ側側面)

  • 「α7R III」(グリップ逆側側面)

  • 「α7R III」(背面液晶モニター展開時)

  • 「FE 24-105mm F4 G OSS」

メーカーサイトで「α7R III」の情報を見る
http://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-7RM3/

メーカーサイトで「FE 24-105mm F4 G OSS」の情報を見る
http://www.sony.jp/ichigan/products/SEL24105G/

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 0

この記事のURL:https://ganref.jp/items/camera/sony/3130#imp_568

関連写真

このカメラで撮影された写真


↑ページの先頭へ