EF70-200mm F2.8L IS II USM:キヤノン(canon)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > レンズ > キヤノン > EF70-200mm F2.8L IS II USM

EF70-200mm F2.8L IS II USMのレビュー・撮影記

もっと見る

幸せな時間

カメラ: EOS 7D

レンズ: EF70-200mm F2.8L IS II USM

EF70-200mm F2.8L IS II USMのGANREFマガジン最新記事

キヤノン EF70-200mm F2.8L IS II USM 実写レポート

キヤノンの大口径・望遠ズームレンズ「EF70-200mm F2.8L IS USM」の後継機「EF70-200mm F2.8L IS II USM」が登場した。 

公開日: 2010年04月15日

EF70-200mm F2.8L IS II USMの掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 400
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 1,545

EF70-200mm F2.8L IS II USMの新着写真

EF70-200mm F2.8L IS II USMのマガジン記事

キヤノン EF70-200mm F2.8L IS II USM 実写レポート

公開日: 2010年04月15日

 キヤノンの大口径・望遠ズームレンズ「EF70-200mm F2.8L IS USM」の後継機「EF70-200mm F2.8L IS II USM」が登場した。先代の「EF70-200mm F2.8L IS USM」が発売されたのが2001年なので、約9年ぶりのリニューアルとなり、発売から人気のため予約待ちになるほど注目度の高いレンズだ。今回は、キヤノン「EOS 5D Mark II」に装着してさまざまな被写体を撮影して実力をチェックしてみたいと思う。

「EF70-200mm F2.8L IS II USM」実写画像

「EF70-200mm F2.8L IS II USM」実写画像:1/6

カメラ:EOS 5D Mark II/レンズ:EF70-200mm F2.8L IS II USM(88mmで使用)/露出モード:絞り優先AE/絞り:F8/シャッタースピード:1/160秒/露出補正:-0.7EV/ISO感度:100/WB:くもり/ピクチャースタイル:風景/JPEG(L/画質 FINE)
鎌倉にあるお寺を手持ちで撮影した。お寺や神社の場合、三脚を使ってはいけないところが多いため、手ぶれ補正は必要不可欠な機能。優秀な手ぶれ補正のおかげで、お寺の屋根のディテールが確認できるほどシャープに写っている。

「EF70-200mm F2.8L IS II USM」実写画像:2/6

カメラ:EOS 5D Mark II/レンズ:EF70-200mm F2.8L IS II USM(145mmで使用)/露出モード:絞り優先AE/絞り:F2.8/シャッタースピード:1/2,000秒/露出補正:-0.3EV/ISO感度:100/WB:太陽光/ピクチャースタイル:スタンダード/JPEG(L/画質 FINE)
「開運」の文字の部分にピントを合わせて撮影しているが、文字の一部にピントが合い、その周りからすぐに大きくぼけ始めることがわかる。ピントの合う範囲はかなり狭いが、その分ぼけの滑らかさや美しさが生きてくる。

「EF70-200mm F2.8L IS II USM」実写画像:3/6

カメラ:EOS 5D Mark II/レンズ:EF70-200mm F2.8L IS II USM(168mmで使用)/露出モード:絞り優先AE/絞り:F3.2/シャッタースピード:1/3,200秒/ISO感度:100/WB:太陽光/ピクチャースタイル:スタンダード/JPEG(L/画質 FINE)
かわいいポーズでうたた寝するネコを撮影。F3.2だが、ピントの合っている部分は毛の一本一本が確認できるほどシャープで、ぼけはとろけるように美しい。

「EF70-200mm F2.8L IS II USM」実写画像:4/6

カメラ:EOS 5D Mark II/レンズ:EF70-200mm F2.8L IS II USM(200mmで使用)/露出モード:絞り優先AE/絞り:F4/シャッタースピード:1/640秒/ISO感度:100/WB:太陽光/ピクチャースタイル:風景/JPEG(L/画質 FINE)
線路の付近に咲いている菜の花を撮影した。開放から1段絞ることにより、ピントを合わせた部分がかなりシャープな描写になると同時に、F4でも前後のぼけは美しく、被写体を際立たせている。

「EF70-200mm F2.8L IS II USM実写画像:5/6

カメラ:EOS 5D Mark II/レンズ:EF70-200mm F2.8L IS II USM(200mmで使用)/露出モード:絞り優先AE/絞り:F6.3/シャッタースピード:1/1,000秒/露出補正:-0.3EV/ISO感度:100/WB:太陽光/ピクチャースタイル:風景/JPEG(L/画質 FINE)
成田空港に着陸してくる飛行機を撮影。AIサーボAFを使って撮影したが、AFは静かかつ速いので楽にピントを合わせられた。白い機体と空のエッジはクリアで、パープルフリンジなどは見受けられない。

「EF70-200mm F2.8L IS II USM実写画像:6/6

カメラ:EOS 5D Mark II/レンズ:EF70-200mm F2.8L IS II USM(70mmで使用)/露出モード:絞り優先AE/絞り:F3.5/シャッタースピード:1/60秒/露出補正:+0.3EV/ISO感度:200/WB:太陽光/ピクチャースタイル:風景/JPEG(L/画質 FINE)
室内にあるいすを、窓の外の景色を生かしながら撮影した。広角端では窓枠が目立ってゆがんでしまう可能性もあると考えていたが、ゆがみは気にならないレベルだ。

 「EF70-200mm F2.8L IS II USM」は約9年前に発売された従来モデルと比べると、フィルター径や大きさ、重さはほぼ同じだが、さまざまな点がリニューアルされており、完成度がより高くなっている印象を受けた。

 それでは、リニューアルされた個所を簡単に説明しよう。まず大幅にリニューアルされたのが光学系だろう。従来モデルはUDレンズを4枚使用した18群23枚だったが、UDレンズを5枚と従来モデルでは使用されていなかった高価な蛍石レンズ1枚を使用した19群23枚に変更された。これによりズーム全域で色収差を徹底的に除去し、解像力とコントラストが改善されているという。
 手ぶれ補正機構「IS」も、ISユニットの改良により従来モデルのシャッタースピード換算約3段分から約4段分に強化されている。実際に使用してみると、望遠端でもファインダー像が非常に安定しておりフレーミングやピント合わせがしやすい印象で効果は抜群。暗めの室内などでも使用したが、筆者の場合は望遠側で1/20秒くらいでも手ぶれすることなく撮影することができた。
 最短撮影距離は従来モデルの1.4mから1.2mに、最大撮影倍率は0.17倍から0.21倍になり近接撮影に強くなっている。数字で見ればたったの20cmだが、実際に使っていて昆虫や花などの近接撮影時には半歩被写体に寄れることの恩恵はかなり大きいと感じた。
 AFに関しては、とても静かで正確。ピントを合わせたい部分に瞬時にピントを合わせてくれる。飛行機などの動く被写体もまったく問題なく追従してくれるので、安心してフレーミングに集中することができた。
 レンズ本体も、固定筒や部品連結部分の構造を見直し、改良されているという。防塵・防滴機構も改良され、従来モデル以上に水やホコリに強くなっている。またレンズフードにロックボタンが備えられるという改良が加えられ使い勝手が向上している。従来モデルでは長年使っているうちにレンズフード装着部分が緩くなる場合があったが、ロック機構が付いているのでその心配はないだろう。

 描写に関してはさすがLレンズと思わせるもので、コントラストが高く、クリアでヌケがよく解像感もある。絞り開放でもシャープだが、よりシャープさにこだわる場合はF4くらいまで絞ればかなりシャープになる。なお絞り開放では、望遠側よりも広角側の方が若干シャープな印象を受けた。また、ハイライト部分に発生しやすいパープルフリンジなどの色収差もきっちりと補正されている。
 ぼけは、絞り開放ではとても滑らかで柔らかい印象。丸ぼけも美しく出る。ただし、被写体や背景のバランスによっては少し絞るとぼけが硬い印象になる場合もあったので、きれいなぼけを堪能するには開放付近がおすすめだ。

 今回使用してみて、新レンズはさまざまな部分がリニューアルされて新たなレンズに生まれ変わっているように感じられた。手ぶれ補正のききもよく、手持ち撮影の多いユーザーにも強くおすすめできるレンズだ。レンズ設計が大幅にリニューアルされているので、これから望遠ズームレンズを導入しようと思っているユーザーだけではなく、現在従来モデルを使用しているユーザーの方も実写画像を見ていただいて、買い替えるかどうかを検討するだけの価値はあるだろう。

撮影/レポート:上田晃司

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 21

この記事のURL:https://ganref.jp/items/lens/canon/1685#imp_363

関連写真

このレンズで撮影された写真


↑ページの先頭へ