EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM:キヤノン(canon)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > レンズ > キヤノン > EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMのレビュー・撮影記

もっと見る

EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMのGANREFマガジン最新記事

キヤノン、ハイブリッドCMOS AFを搭載したデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X6i」を発表

キヤノン株式会社は、6月8日、EOSシリーズ初となるハイブリッドCMOS AFや動画サーボAF、タッチパネルなどの新機能を搭載したデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X6i」、および「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」「EF40mm F2.8 STM」の2本のレンズを発表した。

公開日: 2012年06月08日

EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMの掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 12
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 409

EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMの新着写真

EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMのマガジン記事

キヤノン、ハイブリッドCMOS AFを搭載したデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X6i」を発表

公開日: 2012年06月08日

「EOS Kiss X6i」(「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」装着時)

「EOS Kiss X6i」(「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」装着時)

「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」

「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」

「EF40mm F2.8 STM」

「EF40mm F2.8 STM」

新開発のAFシステムやEOSシリーズ初となるタッチパネルなどを搭載

 キヤノン株式会社は、6月8日、EOSシリーズ初となるハイブリッドCMOS AFや動画サーボAF、タッチパネルなどの新機能を搭載したデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X6i」、および「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」「EF40mm F2.8 STM」の2本のレンズを発表した。

 「EOS Kiss X6i」の大きな特徴のひとつとして、EOSシリーズ初となる新開発のAFシステム「ハイブリッドCMOS AF」を搭載したことが挙げられる。これはCMOSセンサーに位相差AF用の画素を備え、撮像素子で位相差AFを行うシステムだ。コントラストAFが苦手な位置予測を位相差AFがフォローするので、ライブビュー撮影時や動画撮影時に通常のコントラストAFよりもピントが素早く合うというメリットがある。また、ライブビュー時のAF機能として、こちらもEOSシリーズ初となる、液晶画面にタッチした部分の被写体にピントを合わせてレリーズを行うタッチAF機能が搭載されている。さらに動画撮影時のAF機能として、一度とらえた被写体にピントを合わせ続ける動画サーボAFが搭載された。
 ファインダー撮影時のAF性能に関しても向上が図られており、測距点の数については9点と「EOS Kiss X5」と同様だが、全点クロス測距(「EOS Kiss X5」は中央1点のみ)となっているので、より精度の高い測距が期待できる。またファインダー撮影時の連写速度は最高約5コマ/秒(「EOS Kiss X5」は約3.7コマ/秒)となっている。
 撮像素子は有効画素数約1,800万画素のCMOSセンサー(APS-Cサイズ)、映像処理エンジンはDIGIC 5を採用。ISO感度の範囲は100~12800で、感度拡張により最高25600相当まで使用可能となっている。
 背面液晶モニターはタッチパネルとなり、タッチ操作でAFフレーム選択ができるほか、メニュー項目の選択や再生時の画像送り、拡大縮小なども行える。また、横175度、前回転180度、後回転90度のバリアングルとなっているので、ハイアングルやローアングルでの撮影がしやすくなっている。
 そのほか、1回のレリーズで露出の異なる3枚を連続撮影してそれぞれの適正露出部分を合成するHDR逆光補正機能や、4枚を連続撮影して合成することによりノイズを効果的に除去するマルチノイズ低減機能などが加わった。
 ラインアップはボディ単体(予想実勢価格:9万円前後)のほか、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」が付属するレンズキット(予想実勢価格:10万円前後)、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」「EF-S55-250mm F4-5.6 IS II」が付属するダブルズームキット(予想実勢価格:13万円前後)、「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」が付属するレンズキット(予想実勢価格:13万円前後)が用意される。いずれも発売は6月下旬予定。

 同時に発表されたレンズは「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」「EF40mm F2.8 STM」の2本。「STM」とはStepping Motorのことで、起動・停止するときのレスポンスや制御性の高さが特徴だという。
 「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」は動画撮影中のAF動作音が録音されにくいよう配慮した新レンズで、「EOS Kiss X6i」の動画撮影モード時の動画サーボAFや、ライブビュー撮影時のコンティニュアスAFでのAFが極めてスムーズになっているという。また歩きながらの動画撮影などに有効な手ぶれ補正機能「ダイナミックIS」を搭載。動画撮影モードを選択すると、自動的にダイナミックISモードに切り替わる。最短撮影距離は0.39mとなっており、従来機「EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS」の0.45mから0.06m短縮されている。
 「EF40mm F2.8 STM」はフルサイズにも対応したパンケーキレンズで、厚さ22.8mm、重さ130gの小型軽量となっている。最短撮影距離は0.3m、最大撮影倍率は0.18倍。
 発売予定日、価格については下の表のとおりとなっている。

レポート:GANREF編集部

製品名 希望小売価格
(予想実勢価格)
発売予定日
EOS Kiss X6i ボディ オープン価格
(90,000円前後)
2012年6月下旬
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II
レンズキット
オープン価格
(100,000円前後)
2012年6月下旬
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II
EF-S55-250mm F4-5.6 IS II
ダブルズームキット
オープン価格
(130,000円前後)
2012年6月下旬
EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
レンズキット
オープン価格
(130,000円前後)
2012年6月下旬
EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM 71,400円 2012年6月下旬
EF40mm F2.8 STM 24,150円 2012年6月下旬
「EOS Kiss X6i」(正面)

「EOS Kiss X6i」(正面)

「EOS Kiss X6i」(背面)

「EOS Kiss X6i」(背面)

「EOS Kiss X6i」(上面)

「EOS Kiss X6i」(上面)

「EOS Kiss X6i」(グリップ側側面)

「EOS Kiss X6i」(グリップ側側面)

「EOS Kiss X6i」(端子カバー側側面)

「EOS Kiss X6i」(端子カバー側側面)

「EOS Kiss X6i」(底面)

「EOS Kiss X6i」(底面)

「EOS Kiss X6i」(背面液晶モニター展開時)

「EOS Kiss X6i」(背面液晶モニター展開時)

「EOS Kiss X6i」(背面液晶モニター展開時)

「EOS Kiss X6i」(背面液晶モニター展開時)

「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」

「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」

「EF40mm F2.8 STM」

「EF40mm F2.8 STM」

   

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 0

この記事のURL:https://ganref.jp/items/lens/canon/2325#imp_447

関連写真

このレンズで撮影された写真


↑ページの先頭へ