XF56mmF1.2 R:富士フイルム(fujifilm)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > レンズ > 富士フイルム > XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 Rのレビュー・撮影記

もっと見る

Rina 冬 3

カメラ: FUJIFILM X-T1

レンズ: XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 RのGANREFマガジン最新記事

富士フイルム、レンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-T1」を発表

富士フイルム株式会社は、1月28日、非常に短い表示タイムラグを実現した「リアルタイム・ビューファインダー」搭載の「FUJIFILM X-T1」、およびXマウント交換レンズ「XF56mmF1.2 R」を発表した。

公開日: 2014年01月28日

XF56mmF1.2 Rの掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 37
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 147

XF56mmF1.2 Rの新着写真

XF56mmF1.2 Rのマガジン記事

富士フイルム、レンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-T1」を発表

公開日: 2014年01月28日

「FUJIFILM X-T1」(正面、XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS装着時)

「FUJIFILM X-T1」(正面、XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS装着時)

「FUJIFILM X-T1」(背面)

「FUJIFILM X-T1」(背面)

「XF56mmF1.2 R」

「XF56mmF1.2 R」

表示倍率0.77倍、表示タイムラグ0.005秒を実現した
「リアルタイム・ビューファインダー」を搭載

 富士フイルム株式会社は、1月28日、非常に短い表示タイムラグを実現した「リアルタイム・ビューファインダー」搭載の「FUJIFILM X-T1」、およびXマウント交換レンズ「XF56mmF1.2 R」を発表した。

 「FUJIFILM X-T1」は、ローパスフィルターレス仕様の有効画素数約1,630万画素「X-Trans CMOS II」(APS-Cサイズ)を搭載したレンズ交換式デジタルカメラだ。画像処理エンジンには「EXR Processor II」を採用。常用ISO感度の範囲は200~6400で、感度拡張により最低ISO 100相当、最高ISO 51200相当まで設定可能となっている。
 このカメラの最大の特徴は、表示倍率0.77倍、表示タイムラグ0.005秒を実現した、約236万ドットの有機EL電子ビューファインダー「リアルタイム・ビューファインダー」だ。これにより、従来の電子ビューファインダーでは体験することのできなかった、快適で便利な撮影が可能になるという。またファインダーの表示は、フル画面モード、ノーマル画面モード、バーティカル画面モード(カメラを縦位置に回転させると自動でファインダー内の情報表示も縦表示に切り替わる)、デュアル画面モード(マニュアルフォーカス時にデジタルスピリットイメージやフォーカスピーキングを小画面で表示)の、4種類から選択できる。
 AFについては、独自の像面位相差AFによる0.08秒の高速AFを実現。連写速度はAF追従で最高約8コマ/秒となっている。
 ボディは、約80カ所にシーリングを施した防塵・防滴構造となっており、また-10℃の耐低温性能も備えている。ボディ筐体にはマグネシウム合金を採用。ボディ上部にはシャッタースピード、露出補正、ISO感度、ドライブモード、測光モードを設定するための5つのダイヤルを搭載。ダイヤルはアルミを削り出した金属製となっている。背面液晶モニターには3型104万ドットのチルト式液晶モニターが採用された。ボディのサイズは129×89.8×46.7mm(W×H×D)、重さはボディのみで約390g。フラッシュは内蔵されていないが、クリップオンフラッシュ「EF-X8」が同梱されている。
 ラインアップはボディ単体のほか、「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」が付属するズームキットが用意される。
 またアクセサリーとして、縦位置バッテリーグリップ「VG-XT1」、ハンドグリップ「MHG-XT」、ボトムレザーケース「BLC-XT1」が発表された。

 同時に発表された「XF56mmF1.2 R」は、開放F値1.2の大口径単焦点レンズだ。8群11枚の新規設計の光学系を採用し、開放絞りから高い解像度を実現、色収差を大きく低減しているという。また、ゴーストを抑え、シャープでクリアな描写を実現するために、レンズ全面に富士フイルム独自の多層コーティング処理「HT-EBC(High Transmittance Electron Beam Coating)」を施している。フォーカシングシステムには、高速AFを実現するインナーフォーカス方式が採用された。最大径×長さは約73.2×69.7mm、重さは約405gとなっている。

 今回発表された各製品の発売予定日と価格は下の表のとおりとなっている。

レポート:GANREF編集部

製品名 希望小売価格
(予想実勢価格)
発売予定日
FUJIFILM X-T1 ボディ オープン価格
(150,000円前後)
2014年2月15日
FUJIFILM X-T1 レンズキット
(XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS付属)
オープン価格
(190,000円前後)
2014年2月15日
「XF56mmF1.2 R」 オープン価格
(100,000円前後)
2014年2月22日
縦位置バッテリーグリップ「VG-XT1」 オープン価格
(25,000円前後)
2014年2月15日
ハンドグリップ「MHG-XT」 オープン価格
(13,000円前後)
2014年2月15日
レザーケース「BLC-XT1」 オープン価格
(9,000円前後)
2014年2月15日
「FUJIFILM X-T1」(正面、XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS装着時)

「FUJIFILM X-T1」(正面、XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS装着時)

「FUJIFILM X-T1」(背面)

「FUJIFILM X-T1」
(背面)

「FUJIFILM X-T1」(背面液晶モニター展開時)

「FUJIFILM X-T1」
(背面液晶モニター展開時)

「FUJIFILM X-T1」(上面ダイヤル部)

「FUJIFILM X-T1」
(上面ダイヤル部)

「FUJIFILM X-T1」(クリップオンフラッシュ EF-X8、XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS装着時)

「FUJIFILM X-T1」(クリップオンフラッシュ EF-X8、XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS装着時)

縦位置バッテリーグリップ「VG-XT1」

縦位置バッテリーグリップ
「VG-XT1」

「FUJIFILM X-T1」(VG-XT1、XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS装着時)

「FUJIFILM X-T1」(VG-XT1、XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS装着時)

ハンドグリップ「MHG-XT」

ハンドグリップ
「MHG-XT」

「FUJIFILM X-T1」(MHG-XT、XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS装着時)

「FUJIFILM X-T1」(MHG-XT、XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS装着時)

「XF56mmF1.2 R」

「XF56mmF1.2 R」

   

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 3

この記事のURL:https://ganref.jp/items/lens/fujifilm/2618#imp_488

関連写真

このレンズで撮影された写真


↑ページの先頭へ