AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II:ニコン(nikon)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > レンズ > ニコン > AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II

AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR IIのGANREFマガジン最新記事

ニコン AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II 実写レポート

ニコンの高倍率ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II」をD300Sに装着し、鉄道を撮影してみた。 

公開日: 2009年10月07日

AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR IIの掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 39
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 740

AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR IIの新着写真

AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR IIのマガジン記事

ニコン AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II 実写レポート

公開日: 2009年10月07日

 ニコンの高倍率ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II」が登場した。このレンズは、メーカー純正ながら11.1倍のズーム域をカバーして人気を博した先代レンズをリニューアルしたもので、今回D300Sのキットレンズにも設定されている。さっそくこのレンズをD300Sに装着し、鉄道を撮影してみた。

「AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II」実写画像

「AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II」実写画像:1/9

カメラ:D300S/レンズ:AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II(42mmで使用)/露出モード:マニュアル露出/絞り:F4.5/シャッタースピード:1/6,000秒/ISO感度:400/WB:晴天/ピクチャーコントロール:スタンダード/JPEG(L/画質 FINE)
高速シャッターが必要な鉄道写真では絞り開放撮影による周辺光量落ちが気になるところだが、青空バックで絞り開放という条件にもかかわらず周辺光量落ちはまったくなかった。

「AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II」実写画像:2/9

カメラ:D300S/レンズ:AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II(170mmで使用)/露出モード:絞り優先オート/絞り:F38/シャッタースピード:1/3秒/露出補正:+1EV/ISO感度:Lo 1(100相当)/WB:晴天日陰/ピクチャーコントロール:スタンダード/JPEG(L/画質 FINE)
広いズーム域は表現の幅も広げてくれる。遠くから近づいてくる列車を低速シャッターでズーミングしながら流し撮り。ズームリングの操作も滑らかで気持ちいい。

「AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II」実写画像:3/9

カメラ:D300S/レンズ:AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II(35mmで使用)/露出モード:絞り優先オート/絞り:F27/シャッタースピード:1/30秒/露出補正:+1EV/ISO感度:Lo 1(100相当)/WB:晴天日陰/ピクチャーコントロール:スタンダード/JPEG(L/画質 FINE)
太陽が画面に入るほどの完全逆光で撮影。こうした条件では、ズームレンズは画面全体が真っ白にハレーションを起こしてしまいがちだが、新コーティングの恩恵でここまでクリアに再現。フレアの出方も悪くない。

「AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II」実写画像:5/9

カメラ:D300S/レンズ:AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II(170mmで使用)/露出モード:マニュアル露出/絞り:F5.6/シャッタースピード:1/125秒/ISO感度:200/WB:曇天/ピクチャーコントロール:スタンダード/JPEG(L/画質 FINE)
ニコンDXフォーマット専用レンズのため、テレ側の焦点距離は35mm判換算で300mmまでをカバー。この作品は170mm(35mm換算で255mm)で手前の森をぼかして銚子電鉄を撮影したが、超望遠らしい圧縮感を出すことができた。

「AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II」実写画像:4/9

カメラ:D300S/レンズ:AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II(18mmで使用)/露出モード:シャッター優先オート/絞り:F13/シャッタースピード:1/60秒/露出補正:-1EV/ISO感度:200/WB:晴天日陰/ピクチャーコントロール:スタンダード/JPEG(L/画質 FINE)
列車の側面に夕日が反射する瞬間を流し撮り。18mmであえて空を大きく入れて空気感を演出した。広角から望遠までをカバーする高倍率ズームなら、普段は撮影しないような画角を気軽に試せることで表現の幅も広がる。

「AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II」実写画像:6/9

カメラ:D300S/レンズ:AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II(170mmで使用)/露出モード:シャッター優先オート/絞り:F5.6/シャッタースピード:1/60秒/露出補正:-1EV/ISO感度:200/WB:晴天日陰/ピクチャーコントロール:スタンダード/JPEG(L/画質 FINE)
左と同じ場所で今度は170mmで撮影。残照の反射がボディの質感を再現してくれた。同じレンズで撮影したとは思えないでしょ? コントラストは高めで、ヌケの良い描写力は気持ちのいい作品を生み出してくれる。

「AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II」実写画像:7/9

カメラ:D300S/レンズ:AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II(200mmで使用)/露出モード:マニュアル露出/絞り:F5.6/シャッタースピード:1/125秒/ISO感度:200/WB:晴天日陰/ピクチャーコントロール:スタンダード/JPEG(L/画質 FINE)
突然現れた線路を歩くワンちゃん。その後ろ姿をとっさに200mmで撮影した。こんなときレンズ交換をしていたら、このゆるいシーンを逃してしまっただろうなぁ。まさに高倍率ズームの実力発揮の瞬間だ。

「AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II」実写画像:8/9

カメラ:D300S/レンズ:AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II(18mmで使用)/露出モード:絞り優先オート/絞り:F16/シャッタースピード:1/60秒/露出補正:+0.5EV/ISO感度:200/WB:晴天/ピクチャーコントロール:スタンダード/JPEG(L/画質 FINE)
明暗差のある条件でもスッキリとした描写力が好ましい。厳しい設計条件の高倍率ズームながら、色収差の出やすい架線や葉っぱの先端にもまったく色収差が見られない。

「AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II」実写画像:9/9

カメラ:D300S/レンズ:AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II(105mmで使用)/露出モード:絞り優先オート/絞り:F6.7/シャッタースピード:1/250秒/露出補正:+0.5EV/ISO感度:Lo 1(100相当)/WB:晴天日陰/ピクチャーコントロール:スタンダード/JPEG(L/画質 FINE)
手前の花にピントを合わせて都電を撮影。ヘッドライトとその反射の点光源も円形で美しいぼけ味で、偽色の発生もない。ライブビューを拡大表示させれば、花の先端のような繊細なピント合わせも可能になる。

 

 先代レンズからの進化点は、広い波長域で高い透過率を実現する「ニコンスーパーインテグレーテッドコーティング」の効果が高められた点と、携帯時にレンズ先端の重みで鏡筒が自然に伸びてしまうズーム自重落下を防止する「ズームロックスイッチ」が新設された点で、光学系を含めた基本設計は先代と同じだ。
 実際に撮影地に持っていくと、広角から望遠まで1本でこなす高倍率ズームの便利さをあらためて実感することができた。カバーする画角の広さはもちろん、レンズ交換を減らすことでカメラ内にホコリ等が入るのを極力抑えられる、機材の軽量化によりフットワークが軽くなるなど、その恩恵は計り知れない。
 描写力もなかなかいい。新コーティングの恩恵で先代よりもヌケ、コントラストともに改善され、逆光時のフレアの発生も少ない。ファインダー内での置きピン時に、ピントの山の読みづらさを感じるケースもあったが、D300Sのライブビューを拡大表示させてピントを確認すれば解消することができた。
 先代の人気レンズをより熟成させ、完成度を高めたこのレンズは、スナップから本気撮りまでオールラウンドに活躍してくれるはずだ。

撮影/レポート:中井精也

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 7

この記事のURL:https://ganref.jp/items/lens/nikon/1309#imp_338

AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR IIのマガジン記事

ニコン、デジタル一眼レフカメラ「D300S」「D3000」、新レンズ2本を発表

公開日: 2009年07月30日

D300S(AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR装着時)

D300S(AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR装着時)

D3000(AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR装着時)

D3000(AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR装着時)

AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

さらに進化したフラッグシップ機と新機能を追加したエントリー機

 株式会社ニコンの子会社、株式会社ニコンイメージングジャパンは、DXフォーマットのフラッグシップ機「D300S」、エントリー機「D3000」、および高倍率ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II」、望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II」を発表した。

 「D300S」は、「D300」と同様に有効画素数1,230万画素CMOSセンサー(APS-Cサイズ)を採用。高密度51点フォーカスポイント、視野率約100%のファインダー、防塵・防滴性に優れた堅牢性、耐久性の高いボディなど、「D300」の機能、性能を継承しながら、さまざまな部分を進化させている。
 進化したポイントで目を引くのは連写性能で、「D300」では約6コマ/秒だった連写速度が、「D300S」では約7コマ/秒となった。ただし、EN-EL4a装着のマルチパワーバッテリーパック MB-D10使用時の連写速度は約8コマ/秒のまま変更はない。そのほか、CFカードとSDメモリーカードを同時にセットできるダブルスロットの採用、ミラーダウンの動作音を抑えることができる「静音撮影モード」の搭載、「アクティブD-ライティング」の設定効果が「オート」「より強め」「強め」「標準」「弱め」の5段階になる(「D300」は「強め」「標準」「弱め」の3段階)など、各所が強化されている。特に「アクティブD-ライティング」については、効果の度合いが異なる画像を連続して複数撮影できる「ADLブラケティング」機能も追加されている。

 ボディのボタン配置については、ライブビューボタンの新設により、ボタン操作ひとつでライブビューが起動できるようになった。そのライブビューについてだが、ライブビュー撮影中にも背面液晶モニターに水準器を表示できるようになるなど、利便性が高まっている。
 また、ニコンのデジタル一眼レフカメラでは「D90」で最初に搭載された動画撮影機能「Dムービー」が、「D300S」にも搭載されている。「D300S」の「Dムービー」は、三脚撮影モード時であればコントラストAFを使用することが可能で、外部ステレオマイクを使用すればステレオ録音を行うこともできる。さらに、録画した動画の始点と終点の設定ができる動画編集機能も追加された。

 「D3000」は、「D60」と同様、有効画素数1,020万画素CCDセンサー(APS-Cサイズ)を採用したエントリー機だ。初心者でも簡単にイメージどおりの撮影が行えるということをコンセプトとしており、その象徴といえる機能が、デジタル一眼レフカメラ初の「ガイドモード」である。「ガイドモード」は、背面液晶モニターに表示されるガイドに従って操作するだけで、思いどおりの写真を撮るための設定にすることができる機能で、ユーザーのスキルを問わず、各種設定などが簡単に操作できるようになっているという。
 また、11点フォーカスポイントや3D-トラッキング、シーン認識システムなど、上位機譲りの充実した撮影機能を備えている。これらも思いどおりの撮影を行うためのアシストをしてくれることになるだろう。なお「D3000」にはライブビュー機能や動画撮影機能は搭載されていない。

「D3000」に搭載された「ガイドモード」の設定画面1 「D3000」に搭載された「ガイドモード」の設定画面2 「D3000」に搭載された「ガイドモード」の設定画面3
「D3000」に搭載された「ガイドモード」の設定画面

 「AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II」は、約4段分の手ぶれ軽減効果を発揮する手ぶれ補正機構「VR II」を搭載した高倍率ズームレンズだ。携帯時にレンズ先端の重さで鏡筒(レンズ本体)が自然に伸びてしまうズーム自重落下を防止するズームロックスイッチを搭載し、従来品よりもさらに使いやすくなっているという。

 「AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II」は、プロフェッショナル、ハイアマチュアユーザー向けの大口径望遠ズームレンズだ。手ぶれ補正機構「VR II」を搭載しているほか、EDレンズ7枚を採用した新規光学設計により、周辺光量、周辺光学性能の向上を図り、また、ナノクリスタルコートの採用により、ゴースト、フレアの低減を実現しているという。

 今回発表された各製品の発売予定日と価格は以下のとおり。「D300S」のレンズキットは、「AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR」を加えた「D300S AF-S DX 16-85G VR レンズキット」と、「AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II」を加えた「D300S AF-S DX 18-200G VR II レンズキット」の2種類。「D3000」のレンズキットは、「AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR」を加えた「D3000 レンズキット」と、「AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR」および「AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 55-200mm F4.5-5.6G(IF)」を加えた「D3000 ダブルズームキット」の2種類となっている。

レポート:GANREF編集部

製品名 希望小売価格・税込み
(予想実勢価格)
発売予定日
D300Sボディ オープン価格
(220,000円前後)
2009年8月28日
D300S AF-S DX 16-85G VR レンズキット オープン価格
(300,000円前後)
2009年8月28日
D300S AF-S DX 18-200G VR II レンズキット オープン価格
(310,000円前後)
2009年8月28日
D3000ボディ オープン価格
(55,000円前後)
2009年8月28日
D3000 レンズキット オープン価格
(70,000円前後)
2009年8月28日
D3000 ダブルズームキット オープン価格
(100,000円前後)
2009年8月28日
AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II 110,250円 2009年9月4日
AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II 315,000円 2009年11月
D300S(正面)

D300S(正面)

D300S(背面)

D300S(背面)

D3000(正面)

D3000(正面)

D3000(背面)

D3000(背面)

AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II

AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II

AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 64

この記事のURL:https://ganref.jp/items/lens/nikon/1309#imp_271

関連写真

このレンズで撮影された写真