AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR:ニコン(nikon)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > レンズ > ニコン > AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRのGANREFマガジン最新記事

ニコン、デジタル一眼レフカメラ「D5500」を発表

株式会社ニコンの子会社、株式会社ニコンイメージングジャパンは、1月14日、タッチパネル&バリアングル液晶モニターを搭載したデジタル一眼レフカメラ「D5500」、FXフォーマット対応レンズ「AF-S NIKKOR 300mm f/4E PE ED VR」、DXフォーマット専用レンズ「AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II」を発表した。

公開日: 2015年01月14日

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRの掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 70
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 147

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRの新着写真

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRのマガジン記事

ニコン、デジタル一眼レフカメラ「D5500」を発表

公開日: 2015年01月14日

「D5500」(ブラック、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G ED VR II装着時)

「D5500」(ブラック、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G ED VR II装着時)

「AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR」

「AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR」

「AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II」

「AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II」

モノコック構造、新素材採用により小型軽量薄型ボディを実現

 株式会社ニコンの子会社、株式会社ニコンイメージングジャパンは、1月14日、タッチパネル&バリアングル液晶モニターを搭載したデジタル一眼レフカメラ「D5500」、FXフォーマット対応レンズ「AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR」、DXフォーマット専用レンズ「AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II」を発表した。

 「D5500」は、カーボン繊維を用いた強化プラスチック製ボディでモノコック構造を実現し、小型軽量化と強度の両立が図られているデジタル一眼レフカメラだ。撮像素子はローパスフィルターレス仕様の有効画素数2,416万画素CMOSセンサー(APS-Cサイズ)、画像処理エンジンはEXPEED 4を採用。常用ISO感度の範囲は100~25600となっている。なお「D5300」の常用ISO感度は12800までだった。
 背面液晶モニターは、「D5300」と同様バリアングル液晶モニターとなっているほか、「D5500」ではタッチパネルが採用された。タッチパネルはライブビュー撮影や各種設定時に使用できるほか、ファインダー撮影時にもファインダーをのぞきながらのタッチパネル操作で、フォーカスポイントの移動や絞りの変更などの操作ができるように設定できる。ファインダー撮影時にタッチパネルで操作できる項目は、フォーカスポイント移動、ISO感度設定、アクティブD-ライティング設定、HDR設定、オートブラケティング、AFエリアモード設定、ファインダー内格子線表示、絞り設定の8項目で、項目の選択はカスタムメニューで行える。
 フォーカスポイントは39点で、中央9点にクロスタイプセンサーを採用。またコントラストAFが高速になっているという。連写速度は最高約5コマ/秒となっている。
 ボディのサイズは約124×97×70mm(W×H×D)、重さはボディのみで420gで、「D5300」と比較して60g軽くなっている。またバッテリーは「D5300」と同じだが、低消費電力設計により1回の充電で約820コマ(CIPA規格準拠)の撮影が可能となった。「D5300」の撮影可能コマ数は約600コマ。
 カラーバリエーションはブラック、レッドの2色。ラインアップはボディ単体(カラーはブラックのみ)のほか、「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G ED VR II」が付属する「18-55 VR IIレンズキット」、「AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR」が付属する「18-140 VRレンズキット」、「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G ED VR II」「AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR」が付属する「ダブルズームキット」が用意される。

 同時に発表された「AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR」はFXフォーマット対応の望遠単焦点レンズだ。最も大きな特徴は「Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED」から大幅に小型軽量化されている点で、サイズは最大径89×長さ147.5mm、重さは約755gとなっている。「Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED」は最大径90×長さ222.5mm、重さは約1,300g。そのほか、ナノクリスタルコートを採用し、また手ぶれ補正機構VRを搭載。手ぶれ補正効果は約4.5段分となっている。
 「AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II」はDXフォーマット専用の望遠ズームレンズだ。沈胴機構を採用することにより小型化を実現。沈胴時の長さが83mmとなっている。最大径は70.5mm、重さは約300g。

 今回発表された製品の発売予定日と価格は下の表のとおりとなっている。

レポート:GANREF編集部

製品名 希望小売価格・税別
(予想実勢価格)
発売予定日
D5500 ボディ オープン価格
(90,000円前後)
2015年2月5日
D5500 18-55 VR IIレンズキット
(「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G ED VR II」付属)
オープン価格
(100,000円前後)
2015年2月5日
D5500 18-140 VRレンズキット
(「AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR」付属)
オープン価格
(130,000円前後)
2015年2月5日
D5500 レンズキット
(「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G ED VR II」「AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR」付属)
オープン価格
(135,000円前後)
2015年2月5日
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR 247,500円 2015年1月29日
AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II 40,500円 2015年2月5日
「D5500」(ブラック、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G ED VR II装着時)

「D5500」(ブラック、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G ED VR II装着時)

「D5500」(レッド、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G ED VR II装着時)

「D5500」(レッド、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G ED VR II装着時)

「D5500」(ブラック、背面液晶モニター展開イメージ)

「D5500」(ブラック、背面液晶モニター展開イメージ)

「D5500」(ブラック、背面液晶モニター展開イメージ)

「D5500」(ブラック、背面液晶モニター展開イメージ)

「D5500」(ブラック、背面)

「AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR」

「D5500」(ブラック、上面)

「AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II」

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 0

この記事のURL:https://ganref.jp/items/lens/nikon/2750#imp_510

関連写真

このレンズで撮影された写真


↑ページの先頭へ