Please wait... loading

黒羽の舞

現在表示しているページ
ホーム > 木古林 直樹(きこりん)さんのページ > ポートフォリオ > 写真一覧 > 黒羽の舞
黒羽の舞

家の裏山で、小一時間ほどもクマゲラが鳴き続けている。
そのうち、キュルキュルキュルキュルと連続して鳴きながら飛んで移動する。
カメラを持って外に出てみると
家の前の鉄塔周辺で、2羽のカラスとクマゲラのバトルが繰り返されていた。

三笠を含めた空知管内では、放置された「炭鉱用植林地」が広く広がり
エゾシカやカラスの営巣地として定着しつつあり
農業被害も増えている。

過疎化したことで放置された空き家も増え、アライグマや野良猫の住処となっている。

昨夜は、庭の畑をアライグマに荒らされ、今冬には天井裏に侵入されるなど、当方も被害を被っており
その他にも、エゾシカに植えている植物を食われたり、カラスに畑を掘られたりと、例を挙げればきりがなく
特に最近、カラスのイタズラは悪質極まりない。

当方より少し離れた畑では、爆竹を鳴らして追い払うなどしており
逃げ出したカラスがこちらにやってくる><

さて、クマゲラとカラスだが
私がカメラを持って外へ飛び出すことで、カラスが少し距離を取る。

少しでもクマゲラに近づこうものなら、カメラを置いて、石を拾って投げつける。

これを何度か繰り返すことで、クマゲラからカラスを遠ざけることができた。

クマゲラは、私が危害を加えないとわかったのか、しばらくとどまり、丹念に羽繕いをしたあと、町の方へ飛んで行った。

あれ?
そっちへ行くと、またカラスに襲われるのにぃ・・・と思いつつ、後姿を見送った。

家のリビングにいながらにして、クマゲラを見られるほどに自然豊かなのはいいけれど
カラス、エゾシカ、アライグマ、野良猫、ウシアブ、オオスズメバチが多いのには閉口する。

これはすべて人災で、本当の自然では、上記の連中はこれほど多くはならない。

細い道路を挟んだ幌内本町側では、昨年ヒグマの糞も確認されている。

ヒグマに畑を荒らされる日も、そう遠くないのかもしれない。

高齢化と過疎化が急激に進行している三笠市は、人口増加を見込んで移住を推進している。

しかし、この市の行政は、既に破綻しているのだろう。
自然の正しい保全にまでは手が回らないのかもしれない。

これほど頻繁に、家に居ながらにして、クマゲラやエゾフクロウ、エゾリス、エゾモモンガなどを観察できる場所は他に例を見ないというのに・・・

★お気に入り登録 | 4

お気に入りコメント(1,000文字以内)
今週の登録可能枚数:350枚

候補

木古林 直樹(きこりん)さんのほかの写真

コメント(1,000文字以内)

2件中 1〜2件目

marimic
marimic
想像を超えた素敵な環境
引き換えの代償が大きい 人災ですネ

2018年06月12日 13:25

INPUTエチゼン
INPUTエチゼン
羽繕いするクマゲラ♂さんに出会える家、イイですねえ。

2018年06月11日 22:14

2件中 1〜2件目

新着写真

TOP OF GOLD

木古林 直樹(きこりん)

GANREF Point
654735
メインカメラ
D3S

プロフィール

Welcome to the world of my fantasy. ...
カテゴリー

同じ中カテゴリーの写真

もっと見る

キーワード
作品情報(Exif)
カメラメーカー ニコン
カメラ D3S
レンズメーカー シグマ
レンズ APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
焦点距離 500.0 mm
撮影日時 2018/06/11 10:03:36
フラッシュ No Flash
撮影モード Manual
シャッタースピード 1/320秒
絞り数値 F8.0
露光補正量
ISO感度 1250
ホワイトバランス Sunny
色空間情報 sRGB IEC61966-2.1
イメージサイズ 2,837×1,888
撮影地
関連写真

同じカメラで撮影された写真

もっと見る

同じレンズで撮影された写真

もっと見る


↑ページの先頭へ