Please wait... loading

注目製品レビュー13 ~お店プリントと比較してみた~ Viewsonic VP2468

現在表示しているページ
ホーム > hide-photoさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2018年12月 > 注目製品レビュー13 ~お店プリントと比較してみた~ Viewsonic VP2468

投稿日:2018/12/28

レビューした機材・用品 ViewSonic VP2468  ViewSonic VP2468
レビュー11では自前プリンターで出力した作品とディスプレイの表示を比較してみました。
https://ganref.jp/m/hide-skyphoto/reviews_and_diaries/review/11764

ほぼ色が一致することが確認できましたので、今度はお店プリントと比較してみることにしました。

銀プリントは自宅のプリンターでは表現できない美しい階調、色彩が魅力です。
自宅に飾る、コンテストに応募する時は、やはりプリントのプロフェッショナルに依頼したいところです。

しかし、お店で色が意図通りに出せずに何度もプリントをお願いするのは気まずい。
自宅のディスプレイでほぼ合わせ込めれば、本当に助かるわけです。


◯今までのプリントスキームは?
(1)大きく引き延ばす前に2Lサイズでプリントしてみて、色を確認。
(2)色が意図通り出せてない場合は、微調整してもらって再度2Lプリントして色を確認。
(3)狙いの色になったら本番サイズにプリント。

上記スキームで作品とするプリントをお願いしておりました。

プリント枚数が増えればお店の売り上げに貢献できるのでこれでも良いと思っていますが、特に年末などの繁忙期には流石に頼みづらいというのが心情です。


では、今回も本レビュー定番となりつつある夕焼けの写真をお店でプリントして比較してみます。

▽写真を貼り付けてない状態
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
焦点距離:
44.0 mm
フラッシュ:
On Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/13秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
-1EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto


▽写真を貼り付けた状態
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
焦点距離:
44.0 mm
フラッシュ:
On Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/13秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
-0.7EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto


ICCプロファイルを「sRGB」に設定してレタッチしプリント依頼すれば、ほぼピッタリ色が合うことが確認できました。
あまりに簡単に狙いの色にできたので、ちょっと不審に思い、店長さんの気遣いによる色補正が入ってるかも?と思ったので写真の裏文字を確認してみます。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
焦点距離:
70.0 mm
フラッシュ:
On Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/30秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto

赤枠で囲んだ部分が「NNNN」となっているので「無補正」ということがわかります。
無補正で一発でプリントが上手くいくとは思ってもなかったので、かなり感動です!!
これまでもソフトウェアキャリブレーションを行なった状態でレタッチ、プリント依頼していましたが、それでも一発で狙いの色を出すことはできなかった。
この結果を見ると、ハードウェアキャリブレーションの優位性を認めざる得ません。


撮った画像データはプリントして初めて写真となります。
これまで、ディスプレイの色とプリントが合わずに、モヤモヤとした気分になっていたのですが、ViewSonic VP2468を手にしてから、プリント作業が楽しくなりました。


3万円台でハードウェアキャリブレーションに対応したディスプレイが出てきたことで、プリントの仕上がりにこだわりたい方にとっての救世主になること間違いありません。



〜〜 以下、補足です 〜〜
フロンティアで無補正プリントをした場合の裏文字の意味について補足しておきます。
一桁目はシアン、二桁目はマゼンタ、三桁目はイエロー、四桁目は濃度を意味しています。
オペレーターにより+1補正かけるとN→1と記載されます。逆に−1補正かけるとN→Aとなります。このようにどう微調整がかけられているかがわかるようになっています。


◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

注目製品レビュー ~ViewSonic VP2468 編~
https://ganref.jp/common/monitor/viewsonic/vp2468/

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

レビューした用品

コメント(1,000文字以内)

4件中 1〜4件目

hide-photo
> 藍川 水月さん
部屋自体の環境光まできちんとしようとすると、結構なお金がかかりますので、デスクライトを新調しようかなと思い始めてます。

山田照明のZ-LIGHT Z-80PROIIBを買おうか悩み中(^^)

2019年01月08日 17:49

藍川 水月
プリントとの色のマッチングが非常にわかりやすくて素晴らしいですね。やっぱり、環境光もちゃんとしないとですね。とても参考になりました。

2019年01月05日 01:19

hide-photo
> ken2さん
いつも貴重なご意見、ご助言を頂き、ありがとうございます。
ディスプレイの色を信頼できるようにキャリブレートしておくことの重要性に今更ながら気づかされました。(ハードとソフトでここまで違うとは思いませんでした)

私もプリント用とweb閲覧、レタッチ用で異なるプロファイルを作っています。
反射と透過の違い。これを理解するまでかなり時間がかかりました。

2018年12月28日 10:04

ken2
昔はお書きになった方法で2Lの色見本を付けたりしてました。今ではデーター送付の際に、無補正を指示するだけで、ほぼ100%意図通りのものがあがってきますので、楽になりました。やっぱりモニターをきちんと整えておくことは大事ですね。
わたしは、プリント用とweb公開用の2つのデーターを作ります。サイズの問題もありますが、何より反射と透過では、やはり違いがありますので。

2018年12月28日 09:25

4件中 1〜4件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

hide-photo

目利きAWARD SINGLE目利きAWARD SINGLE
GANREF Point
655125
メインカメラ
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II

プロフィール

新着写真から勝手にお気に入りをしています(^^; コメントしないことが多...

↑ページの先頭へ