Please wait... loading

[ ニコン Z 6 レビュー ] 第03回 星空撮影を試してみた

現在表示しているページ
ホーム > hide-photoさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年2月 > [ ニコン Z 6 レビュー ] 第03回 星空撮影を試してみた

投稿日:2019/02/13

レビューした機材・用品 ニコン Z 6 ニコン Z 6
これから月が満月(2/20)に向かって大きくなっていくので、星空の撮影を一番最初に試してみることにしました。
しかし、使い慣れないカメラでいきなりも怖いので、まず設定を説明書を見ながら変更してから撮影に挑みました。


<カメラの設定>
①モニターモードを「モニターのみ」に設定。
カタログの情報を見ると「ファインダーのみ使用時:約310コマ、画像モニターのみ使用時:約380コマ」とありましたので、バッテリーの持ちを優先してこの設定に変更しました。

また、購入時の状態だと、ファインダーを覗くとEVFに自動的に切り替わるので、普段使う際には大変便利ですが、星空撮影するときはファインダーを覗くことはないですしね。
ファインダーに手を近づけると表示が自動で切り替わるので結構イラっとするのを避ける狙いもあります。


②iメニューをカスタマイズ
暗闇での操作になりますので、使い慣れないボタン操作は危険と判断しました。
このため、ボタンとダイヤル操作で可能なものもiメニューにセットし、設定変更で迷わない工夫をしました。

01.ISO感度
02.ホワイトバランス
03.ピクチャーコントロール
04.アクティブDライティング
05.長秒時ノイズ低減
06.高感度ノイズ低減
07.フォーカスモード
08.レリーズモード
09.露出ディレーモード
10.電子先幕シャッター
11.手ブレ補正
12.モニター/ファインダーの明るさ

また、露出ディレーモード、電子先幕シャッター、手振れ補正などブレ対策になりそうなものを。
暗闇で眩しさを抑えるためにモニター/ファインダーの明るさ設定が変更できるようにもしておきました。


③カスタムボタン設定
Fn1、Fn2に拡大画面との切り替えを設定し、どちらのボタンを押しても等倍表示ができるようにしておきました。
慣れていればこんな設定にしなくて良いと思いますが、撮影現場で混乱しないための設定です。


④マイメニューをカスタマイズ
マイメニューの中には、a11.ローライトAFを入れておきました。
Z6のAFは-2EVまで可能とされていますが、それを-4EVまで引き上げることができるとの記載があり、設定しておきました。
なお、-4EVには、f/2.0レンズ使用時、ISO 100、20°C、フォーカスモードAF-S時とのことです。



3時間ほど仮眠してから撮影地に出発です。
撮影地は伊良湖岬にしました。
理由は近場で唯一星空が望めそうな天気だったからです。

現場について唖然。三脚倒れそうなくらいの強風が吹き荒れてて、おまけに寒い。。。
一瞬心が折れそうになりましたが、頑張って撮影です。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 6
焦点距離:
35.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
8秒
絞り数値:
F1.8
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Manual


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 6
焦点距離:
24.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
2419秒
絞り数値:
F8.0
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Manual


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 6
焦点距離:
24.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
30秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
3200
ホワイトバランス:
White FL


阿吽の呼吸

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 6
レンズ:
ニコン NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
焦点距離:
24.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
30秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
3200
ホワイトバランス:
Manual


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 6
焦点距離:
70.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/800秒
絞り数値:
F8.0
露光補正量:
-1EV
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto



星空の撮影をZ 6でしてみて、感じたことを正直に。

・NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sでは背面モニターで構図を作ることは困難。
 高ISO感度で短時間露光を用いて追い込んでいくスタイルとなります。
 ここについては光学ファインダーに軍配があがります。
 フレームレートが落ちてもLVブースト機能が欲しいところです。

・NIKKOR Z 35mm f/1.8 Sはかろうじて構図を判断できる。
 街灯りがある明るい空の方向では、空と地上のコントラストがかろうじて見える感じでした。
 そこから推察して構図を決めることはできました。

・ローライトAFを使えば、街灯などの明るい点光源があれば大まかにピントを合わせることができる。

・長秒露光時はモニターはOFF、上部表示パネルのみONになり、省電力化されている。
 ただ、BulbやTimeの時は上部表示パネルに露光時間が表示されるとさらに良いですね。
 バッテリー残量の表示は助かりますが、露光中にISO感度等の情報は必要ないので。。。

・長秒時ノイズ低減処理中はモニタのバックライトがONになるのが痛い。
 恐らくノイズ低減処理中のメッセージを出すためかと思いますが、本撮影にかけた露光時間分ずっとバックライトが点灯するのでバッテリー消費が気になります。
 また、バックライトの熱によって露光中とダーク取得画像のズレが生じそうです。
 上部表示パネルにノイズ低減処理中の表示が出るので、それだけで良いように思いました。



少々癖はありますが、カメラの操作に慣れてしまえば星空の撮影でも活躍できるポテンシャルを感じました。
Zレンズのロードマップを見ると、魅力的なレンズ群がありますので、これらが揃ってきたら買っちゃうかもしれません。


◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

「注目製品レビュー ~ニコン Z 7&Z 6 編~」企画に参加中!!
https://ganref.jp/common/monitor/nikon/z7_z6/

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

コメント(1,000文字以内)

11件中 1〜10件目

hide-photo
> takeo603さん
ファームアップで対応できるところは検討してくれると明言されてましたので、なんらかの動きはあるのでは?と思っています。
みなさんからのコメントも大きな原動力になってくれると信じています。
現状、ドットサイトという照準器を使い構図を大まかに決めてから撮影しています。微調整は撮影画像を見ながらになります。
これがあるだけでもかなりやりやすいですよ♪
ニコンよりもお安いオリンパス製を使ってますが。。。(^^;

2019年03月21日 09:27

takeo603
やはり星空ライブビュー機能無いところがネックですね
ソフトウェアアップデートで実現できないんですかね?
あったら相当心揺らぐんですけど・・

2019年03月20日 21:25

しょうなんしろう
hide-photoさんへ。
暗い条件でもZレンズは威力ある様ですね。ローライトAFを試してみます。

2019年03月04日 09:22

hide-photo
> まほろば1123さん
ローライトAFは使いどころが難しいですね。
まだ検証しきれてないので、もう少し使ってみてレビューしたいところです。

> 星空ハンターさん
星など暗いシーン以外では、EVFの拡大率がもっとも大きく、他社のEVFよりもクリアに見えますよ。
EVFが見やすいので、撮影すると心地よいので、羨ましく思います。
激しく物欲が刺激されております。

2019年02月21日 22:16

星空ハンター
なるほど。
オリンパス、ソニー比較でやはり遅れていますね。
LVの拡大(率)はたしか 他社比較で大きかったようですね。

2019年02月21日 21:46

まほろば1123
ローライトAF効いているように思います。

2019年02月21日 21:22

hide-photo
> くにさん
Zレンズだと画面下部中央にピント位置が表示されます。
(レンズにピント位置のゲージがついてないから、画面上に表示されます)
無限遠近くまでピントリングを回して、微調整すれば結構簡単にピント合わせできました。
構図はISO25600くらいまで上げちゃえば短時間露光で決められますが、リアルタイムで見れた方が便利ですよね。。。

> legacy7010さん
オリンパスユーザーからしてみると、LVでの撮影は一歩出遅れてる感が歪めないです。
超ローライト表示とかあったら嬉しいですね。


2019年02月20日 22:35

legacy7010
もう星空撮影できていて羨ましいです~

LVでの撮影、なるほどそんな感じですか。早くやってみたいです。

2019年02月20日 09:22

くに
レビュー期間中に一度は星空をと思っていますが、ピント合わせに苦労するのは辛いですね。

2019年02月15日 23:35

hide-photo
> ken2さん
同感です。
オリンパスのカメラだと表示がかなり遅くなりますが、お望みの表示ができるので、原理的には可能なはず。

時間をかけて検証できてませんが、ローライトAFを使った時に、一時的ではありますが表示レートを落としたブースト表示になっています。
ただ、ピント合わせのためなので、コントラストAF作動が終われば元の状態に戻ります。

モニターで見た感覚では、2段分くらい増感されてる気がします。
この機能を駆使して、どのくらいの明るさまで構図の確認ができるのか、今後検証してみようと思ってます。

また、冬の星座の明るい星でAFが可能か試せてないですが、レビュー期間中に1〜2等星でAF可能かは確認してみますね。
星が滲んでいた方が良いかもなので、ソフトフィルターも使って検証してみますね。

2019年02月15日 21:52

11件中 1〜10件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

hide-photo

GANREF Point
691730
メインカメラ
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II

プロフィール

新着写真から勝手にお気に入りをしています(^^; コメントしないことが多...

↑ページの先頭へ