Please wait... loading

レビュー02 ドスパラ raytrek ZQ 〜セッティング編〜

現在表示しているページ
ホーム > hide-photoさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年7月 > レビュー02 ドスパラ raytrek ZQ 〜セッティング編〜

投稿日:2019/07/03

レビューした機材・用品 ドスパラ raytrek ZQ  ドスパラ raytrek ZQ
写真、動画の編集をするにあたり、SSDにデータを保存するのはリスクが高く、返却時にデータを移し替えるのが面倒ということで、ハードディスクを購入しそちらに保存することにしました。
(過去にSSDに写真データを入れておき、破損した時に復旧困難で約2年分の写真データを吹っ飛ばしたことがあります。業者の方曰く、SSDよりもHDDの方が復旧できる可能性が高いとのことです)

また、RAIDコントローラーもマザーボードに内蔵されているため、RAID0,1,5,10の比較もついでにやってしまおうと思い立ちました。

〜レビューにあたり購入したもの〜
・無線ルーター(中継機)
・SEAGATE 4TB ハードディスク×4台
・S-ATA接続ケーブル(50cm)×4本
・SATA電源変換ケーブル
・mini-DP→HDMI変換ケーブル
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
焦点距離:
31.0 mm
フラッシュ:
On Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/80秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
1250
ホワイトバランス:
Auto


無線ルーターは嫁からLANケーブルで繋ごうとしたら邪魔と怒られたので仕方なく購入しました(^^;
これは個人的な理由からですので、環境の揃っている方は必要ないものです。

S-ATAケーブルは予備が付属していないため、ハードディスクの台数分購入しました。
長さは50cmのものを購入しましたが、もう少し短くても取り回しは十分可能でした。

S-ATA電源変換ケーブルは、電源ボックスから伸びるケーブルが末端のみS-ATA用ではなくペリフェラル型でしたので購入しました。
(3つはS-ATA対応ですので、1本あれば大丈夫です)
このパソコンを購入してHDDを4台目増設する場合は、このケーブルが必要になります。

Mini-DP→HDMI変換ケーブルはマルチディスプレイ環境にしたかったので購入しました。
なお、Quadro P620に付属していると思われる以下の変換ケーブルがついています。
・mini-DisplayPort→DVI
・mini-DisplayPort→DisplayPort
これらを使えばマルチディスプレイ環境にしない限り事足る仕様になっています。


〜ハードディスクの増設方法〜

HDDの増設ですが、タワーマンション風のところからトレイを取り出し、ネジなしで増設できるタイプになっています。

3.5インチのハードディスクを増設するには、以下写真の通り、両サイドに引っ張ってトレイを広げ、トレイのピン部分とハードディスクのネジ穴を合わせるようにすれば簡単に取り付け可能でした。
トレイとハードディスクをしっかりと固定したければ、ハードディスクの真ん中部分をネジ止めできるようにもなっていました。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
焦点距離:
29.0 mm
フラッシュ:
On Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/10秒
絞り数値:
F4.0
露光補正量:
-0.7EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto


ファンの風がよく当たるように、なるべく間隔が開くようにセッティングしました。
ファンの風は下の写真の左側から右側にかけて抜けるようになっています。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
焦点距離:
31.0 mm
フラッシュ:
On Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F4.0
露光補正量:
-1.3EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Auto


初期に付属していたSSDは電源コードの関係で反対側へ移動させました。
ファンの風が当たらない位置ですので、除熱が十分か心配ですが、ここしかつけられないので仕方なしです。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
焦点距離:
47.0 mm
フラッシュ:
On Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/100秒
絞り数値:
F4.0
露光補正量:
-1.3EV
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Auto


こんな感じで、お借りしたPCにHDDを4台増設した状態でのレビューになります。

部屋にはこんな感じで設置しました(^o^)/
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
焦点距離:
12.0 mm
フラッシュ:
On Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/8秒
絞り数値:
F4.0
露光補正量:
-1EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto



次はRAIDの設定、評価編に続きます。


◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

「注目製品レビュー ~ドスパラ raytrek ZQ編~」企画に参加中‼
https://ganref.jp/common/monitor/dospara/raytrek_zq/

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

レビューした用品

コメント(1,000文字以内)

5件中 1〜5件目

だいとしぃ
legacy7010さん、ははは、復旧に関してはその通りで、
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1192004.html
にも書いてあるように、Trim(WindowsならSSDに対するデフラグなど)が実行されると、データ復旧は無理ですね。SSDの性能を保つために、WindowsでTrimが自動実行されるようになったのですぐにデータ復活させるならHDDもSSDもあまり変わらないですが、時間がたってからだと全然違いますね。

2019年07月11日 08:51

legacy7010
相変わらずキレイな机で羨ましい~(笑)

SSDよりも確かにHDDの方が復旧しやすそうですね。SSDだとフラッシュなので、そこがご臨終だと復旧できませんが、HDDだと磁気ディスクを取り出せれば書いてあるデータは読み出せそうなので。

この辺りはだいとしぃさんの方が詳しいと思いますが。

2019年07月11日 08:14

hide-photo
> 廣島 宗毅さん
そうですね。RAIDを組みたかったので同じブランドにしました。
データ損失をリスクを考えれば5400rpmのものがよいと思いますが、今回は7200rpmのものがすごく安かったので衝動買いです。

> だいとしぃさん
同じドライブでそろえるのがやはり安心ですよね。

2019年07月07日 21:26

だいとしぃ
RAIDだと基本は同じドライブですね。

2019年07月03日 21:57

廣島 宗毅
同じブランドで4台も購入したのですね!
しかm配線がキレイです。

2019年07月03日 20:57

5件中 1〜5件目

TOP OF GOLD

hide-photo

目利きAWARD SINGLE目利きAWARD SINGLE
GANREF Point
694945
メインカメラ
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II

プロフィール

新着写真から勝手にお気に入りをしています(^^; コメントしないことが多...