Please wait... loading

レビュー最終 ドスパラ raytrek ZQ 〜レビューまとめ〜

現在表示しているページ
ホーム > hide-photoさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年7月 > レビュー最終 ドスパラ raytrek ZQ 〜レビューまとめ〜

投稿日:2019/07/31

レビューした機材・用品 ドスパラ raytrek ZQ  ドスパラ raytrek ZQ
あっという間にレビュー期間1ヶ月を終えました。
中盤から仕事がバカみたいに忙しくなり、レビューワーの皆様の記事にもコメントできず、申し訳なく思っています。

レビュー最後に機材を1ヶ月間使用してみて、感じたことをまとめ記事として書きたいと思います。


○CPU性能
CPUはRAW現像処理など様々な作業性に直結しており、これが遅いと話になりませんが、結果として爆速でした。
https://ganref.jp/m/hide-skyphoto/reviews_and_diaries/review/12050

私が普段使う、LightRoomのRAW現像、Photoshopでのフィルター処理・タイムラプス動画作成、Photomatixを使ったHDR処理、できあがった動画のエンコーディングなど様々なシーンで使ってみましたが、どれもストレスなく作業できました。

これでも遅いと感じるならばXEONに行くしかないのでは?と思わざる得ないくらいです。
どのレベルを求めるかは人それぞれだと思いますが、大多数の方が満足できるレベルであると思います。


○GPU性能
写真表示や動画再生では、搭載されているQuadro P620で必要十分な性能を持っています。
LightRoomやPhotoshopなど表示がもたつくなどの状況には陥りません。
また、10bit表示に対応しており、より多くの色彩表現で表示させたい方にもおすすめできます。
10bit表示対応モニタを持っている方、購入検討している方は、拡張なしにすぐに使えるので、非常に写真家向きであると感じました。

ゲーミングPCとしても使いたいとお考えであれば、GPUは拡張された方が良いかと思います。
ファイナルファンタジー14の最高画質ベンチマークでは表示のもたつきが気になりました。(画質を落とせばスムーズになります)
https://ganref.jp/m/hide-skyphoto/reviews_and_diaries/review/12096


○メモリ
作業スペースとして16GB搭載されておりますが、特に不自由を感じることはありませんでした。
ただ、天体関係の方に限られるかもですが4000万画素クラスで、モザイク処理を8枚ほどすると仮想ディスクにスワップするようで、速度低下が顕著にでました。(ファイル容量で2GBを越えると)
こういった処理を頻繁に行う方はメモリ増設をおすすめします。


○SSD性能
標準搭載されているSSDはかなり早く、読み込み速度で500MB/s以上出ますので爆速です。
アプリケーションの起動はもちろん、OS「Windows10」の起動も早く、パソコンの前で待っていてもストレスにならないです。


○拡張性
NVMeを2スロット搭載可能であり、ハードウェアRAIDにも対応。
3.5インチベイを8基搭載可能なケースであり、拡張性に関しても問題なしです。


○その他(NVMe)
NVMeを購入し色々と動作検証してみました。
読み込み、書き出し速度に関してはSSDの6倍ほど出ることがわかりました。
https://ganref.jp/m/hide-skyphoto/reviews_and_diaries/review/12064

ただ、最も速いと感じたのはファイルのコピーなどの読み書きであり、Windowsやアプリケーションの起動に関してはそれほど早くなったとは感じませんでした。
他の処理がボトルネックになっているものと思われます。

速さを体感できることとしては、Photoshopの仮想ディスクをSSDからNVMeに変更すると、大容量のPhotoshopファイル(.psb)の読み込みおよび書き込みが早くなります。
メモリの割り当てを10.4GBにした場合、ファイル容量で5GBを超えてくると1.6倍ほど早くなります。
ちなみに2GBまではあまり速度差を感じませんでしたので、相当コアなユーザーしか恩恵を感じることはできないかもしれません。
ここについてはメモリを増強する方が賢いかもですね。


○その他(写真データの保管)
写真の保管を考えると「raytrek ZQ」は少し物足りなさを感じます。
起動ディスク用に1TBのSSDしか搭載しておらず、昨今の高画素機ではあまり枚数を保管できない仕様となっています。

このため、内蔵HDD、外付HDD、NASなどを購入する必要が出てきます。

(1)内蔵HDDで構成
この構成で写真を保存を考える場合、同一容量のHDDを2台準備しておくと良いと思います。
4TBで約1万円程度ですから、トータルコスト2万円の追加投資で最も安く済みます。

RAID1の環境を作り常にミラーリングしておくか、「FreeFileSync」などのソフトを使ってバックアップしておくと安全です。

RAIDの設定方法は以下URLに記載があります。
https://ganref.jp/m/hide-skyphoto/reviews_and_diaries/review/12049

さらにAmazonのプライム会員向けの、Amazon Photos(クラウド)に専用アプリを使ってバックアップを取っておくと、より安心です。


(2)外付けHDDで構成
デスクトップであえて外付けにする意味はありませんので、こちらの方法はあまりおすすめしません。
外付けHDDは写真データを持ち運びたい場合に利用するくらいで考えた方が良いと思います。


(3)NASで構成
私が実際に写真を保管している方法が、このNAS構成です。
詳しくは下のURLを参照願います。かなりおすすめです。
https://ganref.jp/m/hide-skyphoto/reviews_and_diaries/review/12081



○総合評価
写真、動画編集用のPCとしては、100点満点に近いと私は感じました。(ゲーミングまで考えるとGPUは拡張した方が良さそうですが)
基本的にAdobe系のソフトウェアを使う、メーカー提供のRAW現像ソフトを使う場合、主にCPUパワーを必要としますので「raytrec ZQ」はストレスなく写真、動画編集ができると言って良いと思いました。

基本スペックは申し分なく、拡張性もしっかり担保されているので「raytrek ZQ」を購入すれば、まず不満に思ったり、困ることはないでしょう。

ただ、写真データの保存を考えると1TBのSSDでは心もとなく、大容量HDDの増設が必須と言えます。
しかし、これについては欠点ではなく、写真データの保管方法は自分の好みに合わせて自由に選べると捉えることもできます。
変に使いたくものが付属しているのも、考えものですしね。

しいて悪いところを言うならば、レビュー機だからかもですが、紙媒体のマニュアル類がなくパソコンに明るくない方は多分困ると思います。
マニュアル類はドライバCDの中に入っていますが、どこを見れば良いのやらという感じでした。



○最後に
本企画をサポート頂きましたGANREF編集部の皆様、快く素晴らしい機材を提供頂いたドスパラ関係者の皆様、一緒に魅力を語って頂きましたレビューワーの皆様、1ヶ月間ありがとうございました。
また、拙いレビューにお付き合い頂きましてありがとうございました。
正直普段Mac使いの私にはなかなか理解できず苦しみましたが、ある意味少しずつパーツの役割がわかってきて楽しかったです。



◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

「注目製品レビュー ~ドスパラ raytrek ZQ編~」企画に参加中‼
https://ganref.jp/common/monitor/dospara/raytrek_zq/

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆


レビューした用品

コメント(1,000文字以内)

2件中 1〜2件目

だいとしぃ
マニュアルは確かにそう感じました。最後に段ボールにQRコードが入っているのを見つけましたが、A4の紙っぺら一枚入っているだけでも、印象は違ったと思います。
総合評価もおおむね同じような感じです。注文時にもカスタマイズできるのでHDDは必要なら増設すればいいかなと思います(^^)/

2019年08月03日 03:29

まほろば1123
レビューお疲れ様でした。

2019年08月01日 22:33

2件中 1〜2件目

TOP OF GOLD

hide-photo

目利きAWARD SINGLE目利きAWARD SINGLE
GANREF Point
696155
メインカメラ
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II

プロフィール

新着写真から勝手にお気に入りをしています(^^; コメントしないことが多...