Please wait... loading

【Pentax Qレビュー】 #2とりあえず、三輪車レースをハイスピードモードで撮ってみた

現在表示しているページ
ホーム > 中村 ゆうさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2011年9月 > 【Pentax Qレビュー】 #2とりあえず、三輪車レースをハイスピードモードで撮ってみた

投稿日:2011/09/28

レビューした機材・用品 ペンタックス PENTAX Q ペンタックス PENTAX Q
レビュー第二回目の今回は、ポートフォリオにもあげた、三輪車レースを題材にレビューしてみようと思います。(なんでここでかわいい女の子たちが三輪車レースしてるのかは、ポートフォリオにあげてる写真をご参照ください(笑)


さて、なんだか雰囲気がざっくり変わった感じですが、まず、動く被写体をコンデジ感覚で、しかも一眼品質でどこまで撮れるのかを試してみたいなと思ってたはいました。10月8日には、子どもの通う保育園の運動会がありますし、そこで試そうと思っていたところでした。ところが、たまたまお出かけしたら願ってもない被写体が!
しかもかわいい女の子たちばかりの三輪車レースと来たら、そりゃ撮りますよ♪

嫁と子どもが同伴だったので、嫁にはかなりいやな顔をされましたが、モニターテストだからと言い聞かせて撮りに行きました(爆)


◆撮影条件
・8.5mm(35mm換算で47mm)単焦点レンズ(01 PRIME)を使用。
・モードダイヤルでSCN(シーン)に切り替え、ハイスピードモードを選択する
・記録品質はJPEGで6M
・クラス4のTOSHIBAの4MBのSDカードを使用
・ISOオート(SCNモードではISOは変更できないため)

※ ハイスピードモードを選択すると自動的に連写機能がオンになります。
※※Qは5.5倍すると焦点距離が35mm換算値になります。

(参考)一般的なSDカードのカキコミ速度
#Class 2  2MB/sec (16Mbps)
#Class 4  4MB/sec (32Mbps)
#Class 6  6MB/sec (48Mbps)
#Class 10 10MB/sec (80Mbps)

◆確認したいこと
秒間5コマの動体追跡AFの性能テスト
現在の一般的なコンデジ用に最も多く出回っている、Class4のSDカードでどこまで記録速度が追いつくか?

◆イベント内容
1周20mもないオーバルコースを2周してトップになった女の子が優勝。
観客は、誰がトップになるか事前に投票。あたったら景品がもらえるというイベントです。というわけで、スタートです。位置について、よーい、どん!

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ペンタックス PENTAX Q
焦点距離:
8.5 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Action (High speed)
シャッタースピード:
1/800秒
絞り数値:
F3.2
ISO感度:
250
ホワイトバランス:
Auto


各車一斉にスタート。混戦模様の第一コーナー通過後の模様。一人飛び抜けたか!?
なんだかみんな笑っているぞ!(^_^;;
(ここからシャッターを押しっぱなしにしました。まず、ここでびっくり、追跡AFのカーソルが1つじゃなくてメインとサブと二つ飛び交ってる画面が表示されました!)



アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ペンタックス PENTAX Q
焦点距離:
8.5 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Action (High speed)
シャッタースピード:
1/1000秒
絞り数値:
F3.2
ISO感度:
250
ホワイトバランス:
Auto



シャッターを押したあと、AFカーソルが消えますが、AFは効いているようです。
続けて押していたら、先頭の女の子の顔をここまで追跡してAFがピントをあわせてくれました。

アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
8.5 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Action (High speed)
シャッタースピード:
1/500秒
絞り数値:
F3.2
ISO感度:
160
ホワイトバランス:
Auto




さて、2周目。右側の茂みの向こうから女の子たちが飛び出てくるのですが、どのタイミングで出てくるのかまるで見ません。あわててカメラを構えました。トップが違う女の子に入れ替わってました(縦構図で構えたのですが、ピントの合いぐあいをわかりやすくするためにトリミングしてあります)

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ペンタックス PENTAX Q
焦点距離:
8.5 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Action (High speed)
シャッタースピード:
1/500秒
絞り数値:
F3.2
ISO感度:
160
ホワイトバランス:
Auto


さて、だんだんエキサイトしてきました。
次に連写で撮ったのは、ぐんぐん迫って、縦構図でもっともホットで笑える写真になったのが、ポートフォリオにもアップしたこの写真です。

三輪車でドッグファイト!?

写真を拡大する

カメラ:
ペンタックス PENTAX Q
レンズ:
ペンタックス PENTAX-01 STANDARD PRIME
焦点距離:
8.5 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Action (High speed)
シャッタースピード:
1/500秒
絞り数値:
F3.2
ISO感度:
160
ホワイトバランス:
Custom



ゴール!
けっこう離れている距離なんですが、全体にピントが合ってますね。
動きもよくとらえていると思います。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ペンタックス PENTAX Q
焦点距離:
8.5 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Action (High speed)
シャッタースピード:
1/500秒
絞り数値:
F3.2
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto



【撮り終わっての感想】
普段はぼくはプログラムオートは使っても、フルオートやシーン選択オートモードは絶対に使いません。
失敗はないけど、撮影する楽しみとしてはおもしろくないからです。
でも、Qのハイスピードモードを使ってみて、この小さいスゴイやつの潜在能力のようなものをとても感じました。

(1)動体追跡AF
 高速で動くものの中で一番最初に認識したものをAFロックすると最後まで追跡してくれます。
 しかも、人間の場合はすぐに顔にAFのフレームが飛んでいくというのにびっくりしました。
 三輪車程度のスピードですが、なかなか優秀ですね。しかもぱっと構えてすぐに撮れるというのがスゴイ。Kiss X4よりずっとかすごいです。
 その性能を信用していなかったので、構えるのが遅れてしまいました。AFフレームが現れたらすぐにシャッターボタンを押してAFロックするテクニックを身につけると狙った画が撮りやすいかも。


(2)被写界深度
 ハイスピードモードでは絞り(F値)を選べません。条件によっては背景がよりぼけてくれると思うのですが、今回は、後ろのテントや観客がくっきり写る結果となりました。単焦点レンズだからこういう結果になったとも言えます。
ズームレンズで試してみたいですね。近所の競輪場でレースが開催される頃や運動会のころにはズームレンズが届いていると思うので、レポートしたいと思います。


(3)どれぐらいの早さまで追随できるか?
 小さい子どもが走ってくるぐらいの早さなら、かんたんに追跡できますね。
 大人の陸上選手が走ってくる姿も、いけそうな気がします。
 でも、自転車、電車、クルマはどうか?試してみたいです。


(4)動体追跡AFの応用の可能性
 実はこの動体追跡AFモードは、絞り優先オートでもSS優先オートでも選択できるようになっています。かなりいい感じで撮れるかもしれません。どんな画になるか試してみたいですね。


【後日談】
さて、このハイスピードモードの画像を見て、嫁さんがかなりびっくりしてました。
「ええー、こんなにかんたんに撮れるの?!」
「今度貸してよ、Q!」
とも言ってました。

うちの嫁さんは記念写真こそ撮りますが、趣味としての写真や、写真を鑑賞することにはまったく興味がありません。(書道をやっていて、書道展に出展したりするくせに不思議なもんです)
この手軽さがいいのかもしれません。

コンデジ感覚でかんたんに撮れて、カメラに興味を持ってもらえるというのはとてもうれしいことだなって思います。


【追記】
機材レビューなので、もっとテクニカルに引き続き迫ってみようかと思ったのですが、ITメディア(http://www.itmedia.co.jp/keywords/pentax_q.html)にQのテクニカルレビューはたくさん載ってましたし、スペックの解剖ならcnetジャパン(http://japan.cnet.com/extra/pentax_q_201108/35005748/)にも載っていました。
わがGANREFの元〆、インプレスジャパンのデジカメウォッチ(http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/newproduct/20110906_475397.html)にも詳細なテスト画像がめちゃくちゃ載ってます。
方向転換です。
というわけで、同じのを載せてもおもしろくないと思ったので、今回の内容にしてみました。

以上、あちこち話が飛んでしまった感じがしますが、第2回目のレポートでした。
また、感想や意見などご意見ください。

コメント(1,000文字以内)

9件中 1〜9件目

中村 ゆう
>鈴木先生
実に参考になりますか?(^^ゞありがとうございます。
動体追跡はぼくも滅多につかいませんが、Qは家族で使う一台になりそうな気がしたので、動く被写体を追いかけるこのモードはレビューから外せないなと思いました。

単体被写体やあまり動きの早くない被写体のロック精度は比較的高い方ですね。
子どもがこちらに向かって走ってくるとか、ホームに入線してくる新幹線を撮るとかなら全然問題ないです。

複数の被写体が動いて混在してると、使えるものではありませんでした。
混戦模様の運動会のリレー、テッドヒートの競輪レース、それから波間で走る船!
船は周囲の波まで動くものとして認識してしまうので、動きとしてはあまり早くないのにかなりAFが追跡に迷ってしまっていました。一度シャッター半押しして被写体の完全ロックをしてしまうと失敗はあまりなかったのですが。

もうちょっと精度を確認してみたいです。
先生の使用感もぜひ!(^^

2011年10月12日 08:43

鈴木知子
>動体追跡AF
実に参考になるレビューですね。

私も通常、プログラムオート、シーン選択オートモードなどは
使うことはまずないのですが
PENTAX Qに関しては、使ってみたいと思っています。

2011年10月11日 00:38

わく
>中村ひいろ さん
松坂行ったんですか。中継見てましたけど結構人が入ってましたね。
やっぱG2ですから・・

どこも「(客が写ると)トラブルになるからの」って言いますね。
なので、スカスカな平日ナイターに行ってます(爆)
そしてスタンドの隅の方で、客が写らないように。
今の所、カメラぶら下げてうろうろしてますが、何も言われてない。
今度ガールズ競輪始まったら、一悶着有りそうな気がします。

2011年10月08日 21:49

中村 ゆう
>わくてかさん
はじめまして。
早速観させていただきましたよ^^力強い競輪選手のアップ、なかなかの画でした。

ぼくも、昨日はじめて競輪(共同通信社杯)撮りましたが、撮ってたら写真は遠慮して欲しいと係のおじちゃんが言いに来ました。
川崎はOKなんですね。この差はいったいなんなんでしょうね・・・。

2011年10月08日 21:24

わく
チョwwwwwwww
中部の期間限定勝負服こんな事に使ってるのかよ!!


私も競輪を少し撮りましたが、ナイターナイターはなかなか面白いです。
数枚アップしてますので、よろしかったら是非

2011年10月08日 21:10

中村 ゆう
>SAMURAIさん
ペンタックスの回し者ではありませんが、まわりものになりつつあります(笑)
レビュー内容が良くても皆さんが知りたい内容とギャップがないかちょっと心配していますf^_^;)

そうなんですよね。
キャノンのはあってるのかあってないのか、どれを追ってくれてるのかわからないAFですが、Qのは、黄色い枠が追跡している被写体を追ってくれている対象を表示してくれるので、分かりやすいです。
ただ、一回フォーカスロックをシャッターボタン半押しでかけると、黄色の四角枠の表示は消えますが、ここで一回フォーカスロックをかけるとその時点でロック確定で追ってくれるみたいです。

2011年10月04日 20:12

中村 ゆう
>製剤屋さん
お返事遅くなりました。
製剤屋さんのレスを拝見して、ぼくもホームに入線する新幹線を撮りましたが、置きピンする技術が未熟なぼくでも、キレイに撮りました。
次回は、ケイリンの自転車を追ってみたいです。

ちなみに、被写体が複数いたり、船だったりするとAFが迷って迷子になる現象が見えました。AFが『波』まで認識してくれるので、迷子になったみたいで。
運動会で子どもがたくさん走っているとどうなるのか、ためしてみようかと思っています。

2011年10月04日 20:04

SAMURAI
まさに完璧なレビュー^^
ペンタックスのまわし者かっちゅうくらい完璧です(^ ^)
開発者も営業マンもいりませんね。
このレビューを読むとつい手にとってみたくなるし、欲しくなります!
動体追跡AFもいいですね!
キャノンでいうAIサーボみたいなもんなんでしょうか?
でもキャノンのAIサーボは合っているピントがわかりにくいし使いにくいし、あまり使いませんけどピントもわかるみたいでいいですね~

2011年09月28日 15:45

製剤屋
保母さんの三輪車レースですか、これはみんな撮りに行ってしまいますね (^_^;。

僕は動体を撮るのにこんな都合のよい被写体が無かったので、ホームに入線する電車などを撮っていたのですが、この場合は流石に相対速度が速いのか追随してくれなくて。置きピンだとちゃんと撮ってくれるので、僕の腕の問題かなと思ったのですが、やっぱりそうでしたね。次は、ハイスピードモード試してみます。

奥様、興味を示されましたか。Canonはまだこのてのシステムがないですからね。11月に何かありそうですが、レポート終了後も色違いのQが手元に残っていたりして (^_^;。

テクニカルレビューはいろんな方がやってくださってもいるので、こんなん撮れましたというほうが、一ユーザーとしても参考になります。これからも期待してみます。

2011年09月28日 05:45

9件中 1〜9件目

同じ機材で撮影された写真

GOLD 3

中村 ゆう

GANREF Point
332880
Next Point
167120
メインカメラ
Df

プロフィール

はじめまして、ご訪問ありがとうございます。 一眼レフにはまって本格的...

↑ページの先頭へ