Please wait... loading

[VEO 2GO レビュー] VANGUARD VEO 2GO 235AB -その①-

現在表示しているページ
ホーム > カミングさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年2月 > [VEO 2GO レビュー] VANGUARD VEO 2GO 235AB -その①-

投稿日:2019/02/25

レビューした機材・用品 バンガード VEO 2GO 235AB  バンガード VEO 2GO 235AB
2019/1/30に発売されたばかりのVANGUARDさんの新作三脚VEO 2GOシリーズ。
発売日から気になっていた商品なのです。

実は根っからのVANGUARDファンの私。
[ESPOD CX 204AGH] ⇒ [VEO 2 204AB Blue] ⇒ [Alta Pro 2+ 263AP]と
すべてVANGAUARDさんの三脚をそろえ、愛用しております。

そんな中、GUNREFでVANGUARD VEO 2 GO の新作レビューのレビューワーに
選んでいただきました。GANRFF編集部の皆様ありがとうございます。

というわけで、前製品のVEOを利用していることもあり、新製品とそちらの
比較を主にレビューしていこうかと考えております。

第一弾は内容物と新製品[VANGUARD VEO 2GO 235AB]の機能面について。

まずは内容物ですが、以下の通り。
1)三脚 VEO 2GO 235AB
2)三脚ポーチ
3)ローアングルアダプター
4)六角レンチ 2種類
5)クイックシュー (SQ-64)
6)三脚用スパイク
7)3/8インチネジ用のアダプター

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII
焦点距離:
32.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/80秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
200


三脚ポーチは付属品で付いているにしてはしっかりとした作り。専用のサイズなので
他に流用はできませんが。
また、前製品では別売りだった三脚用スパイクは今回はアクセサリーとして同梱
されています。

外観はこんな感じです。


続いては[VANGUARD VEO 2GO]の機能面
前製品と比較して「お~!」と思ったところをピックアップして紹介。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー α7 II
焦点距離:
98.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
200

1)センターポール
特徴的なセンターポール。このポールの長さが三脚自体の縮長となるので、
2段階に伸縮出来るということはそれだけ携帯時にコンパクトになります。
実際、第一印象は「あれ、想像以上に小さくね?」でした。

実は個人的にこのセンターポールが前製品と比較して、一番進化した部分
だと思っております。
前製品はこのセンターポールが回転式になっており、どうしても強度的な
面で不安があったのですが・・・。
今回はセンターポールが固定されている為、そんな心配は皆無です。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー α7 II
焦点距離:
37.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
200

2)グリップ素材(TPU)
グリップ素材は ゴムからTPU へ変更になっています。
TPUのほうが触り心地や、握った時のグリップ力が良いような気がします。

3)フック
待ってました!! 遂に追加されたセンターポール下部のフック。
トラベル三脚はどうしても軽量化重視の傾向にあるので星景など長時間撮影の際に、
ブレに対する三脚の重さの面で不安でしたがおもしをぶら下げて対策になりそうです。

4)付属雲台(T-50)
付属雲台も少し修正があった模様。BH-45からT-50へ。
パノラマ用のノブが追加していました。BH-45は一つのノブでメインとパノラマの
2箇所を調整しないといけなかったので、よい改善ですね

おまけですが、脚の開閉機構もボタン式から変更されてますね。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー α7 II
焦点距離:
57.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
200

5)脚部分ツイストロック
ツイストロックですが、取外しが可能になっています。
これまでは水場、海とかでの撮影時に三脚が濡れるとメンテナンスが大変でしたが
取外しができるということはメンテナンス性が向上しているということ。良き改善。

初回は内容物と機能面(前製品との比較)についてのレビューでした。


注目製品レビュー ~VANGUARD VEO 2GO編~ 」企画にレビューワとして参加中 !!
https://ganref.jp/common/monitor/vanguard/veo2go/

レビューした用品

コメント(1,000文字以内)

GOLD 2

カミング

GANREF Point
127260
Next Point
122740
メインカメラ
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII

プロフィール

休日の度に被写体を求めて一人旅。 特にメインの被写体を決めず、撮影意欲が...

↑ページの先頭へ