Please wait... loading

[VEO 2GO レビュー] VANGUARD VEO 2GO 235AB -その④-

現在表示しているページ
ホーム > カミングさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年3月 > [VEO 2GO レビュー] VANGUARD VEO 2GO 235AB -その④-

投稿日:2019/03/10

レビューした機材・用品 バンガード VEO 2GO 235AB  バンガード VEO 2GO 235AB
今回は「バンガード VEO 2GO 235AB 」をしばらく使用してみた独断と偏見で5段階評価してました。

評価項目は次の6項目
機能性  :三脚としての基本機能、および独自機能を評価
コスパ  :個人的に利用してその価格に見合うかを評価
ブレ耐性 :三脚を使う理由として一番重要な要素。使用した結果から評価
耐荷重  :携帯性と相反する要素。私の使用するカメラ&レンズ構成から評価
携帯性  :気軽に持ち出す気になるかを評価。
オプション:付属品の豊富さ、利便性などを評価

結論からいうと、以下のグラフとなります。



①機能性  : 評価5
機能性についてですが、2段式センターポール、フック、TPUグリップと前の製品から進化しており、とても使いやすく感じました。ローアングルからアイレベルまでの可動域を確保できるので、撮影幅が広がるのもGoodでした。

②コスパ  :評価3
16,000~18,000円程度が価格相場。
この価格帯になると最伸高が高い三脚に手が届き始める頃で、機能性や携帯性はあるものの少し高いかなという印象で3としてます。

③ブレ耐性 :評価4
ブレ耐性については、その③でもレビューしましたが、ブレの影響がシビアなマクロ撮影においても特段問題なく撮影出来ました。
ただし、最伸高にした状態で強風が吹くとやはり心もとないという気持ちが払拭できなかったので4としました。

④耐荷重  :評価3
耐荷重について、通常のミラーレスカメラだけであれば問題はありませんが、マクロスライダーとか赤道機を使用する様な撮影の場合は、重量が厳しくなってきます。使用するカメラ次第ということで3としました。

⑤携帯性  :評価5
携帯性は文句なしの5です。2段式のセンターポールのおかげで、とてもコンパクトに収容できるし、持ち歩いていても疲れないため、とりあえずで持ち出せる気軽感です。

⑥オプション:評価3
オプション品はその①で書いたとおり、ポーチ、ローアングルアダプタ、レンチ、クイックシュー、スパイク、雲台(T-50)、インチネジアダプターと同梱されています。
ボリュームとして多めだと思います。
ただ、ローアングルアダプターを使用する際の準備が思ったより時間がかかったり、
付属の雲台(T-50)は固定後にほんの少しですが、カメラが沈んだりを何度か経験したので、3としています。

このレビューをもって「VANGUARD VEO 2GO 235AB」のレビューは一旦終了したいと思います。



注目製品レビュー ~VANGUARD VEO 2GO編~ 」企画にレビューワとして参加中 !!
https://ganref.jp/common/monitor/vanguard/veo2go/

[VEO 2GO レビュー] VANGUARD VEO 2GO 235AB -その①-
https://ganref.jp/m/kaming_m/reviews_and_diaries/review/11873

[VEO 2GO レビュー] VANGUARD VEO 2GO 235AB -その②-
https://ganref.jp/m/kaming_m/reviews_and_diaries/review/11888

[VEO 2GO レビュー] VANGUARD VEO 2GO 235AB -その③-
https://ganref.jp/m/kaming_m/reviews_and_diaries/review/11899

レビューした用品

コメント(1,000文字以内)

2件中 1〜2件目

とちぎの仙人
数値化で分かりやすいレビューお見事です
どの三脚でも一長一短有りますよね
それを分かった上で使いこなすのが上手な付き合い方かなと
さぁ~使って使って使い倒しましょう(^^♪
お疲れさまでした

2019年03月10日 22:59

momo-taro
私も同様の評価です。
丁寧な使用感、とても参考になります。

2019年03月10日 07:37

2件中 1〜2件目

GOLD 2

カミング

GANREF Point
133925
Next Point
116075
メインカメラ
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII

プロフィール

休日の度に被写体を求めて一人旅。 特にメインの被写体を決めず、撮影意欲が...