Please wait... loading

注目製品レビュー ~ ViewSonic VP2468 編 ~ 第2回 組み立て・接続編

現在表示しているページ
ホーム > まほろば1123さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2018年12月 > 注目製品レビュー ~ ViewSonic VP2468 編 ~ 第2回 組み立て・接続編

投稿日:2018/12/08

レビューした機材・用品 ViewSonic VP2468  ViewSonic VP2468
ViewSonic VP2468 の 組み立て・接続編です。

説明書はあるものの、1枚もので、個人的には非常にわかりづらい説明書でした。

モニターのデータの資料だけが目立ちます。

写真1 モニターの足

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー α6000
焦点距離:
30.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/750秒
絞り数値:
F8.0
露光補正量:
+0.7EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Auto


写真1は、モニターをのせる足。ねじが4本はいっていたので、これにモニターを接続させることは、想像できます。

モニターを誰かに持ってもらって、接続しなければ、ならないだろうかと不安を覚えつつ、写真1の足上部の爪を、写真2の裏面の穴に入れるだけで、一応は安定するので、その段階で、ねじ4本を4隅に固定していきます。




写真2 モニター背面の接合部

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー α6000
焦点距離:
30.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/250秒
絞り数値:
F6.7
露光補正量:
+0.7EV
ISO感度:
3200
ホワイトバランス:
Auto


モニターは、角度、高さ、斜め、縦位置、斜め位置など、を自由に決められます。

極めつけは、縦位置にできます。

私にとって、一番魅力を感じたのは、この、モニターを縦位置にして表示できることです。

縦位置の写真は、モニターが横位置だと、小さく表示されてしまうので、縦位置のモニターがあればと思ってはいましたが、このモニターは、それができます。




写真3 入力端子部分、アップ

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー α6000
焦点距離:
30.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/200秒
絞り数値:
F6.7
露光補正量:
+0.7EV
ISO感度:
3200
ホワイトバランス:
Auto


付属してきたケーブルは、miniDisplayPort-DisplayPortケーブル、電源コード、USBケーブルの3本です。

そして、入力端子は、写真3のとおりです。

モニターとパソコンの接続ケーブルの種類は、星空ハンターさんの機材レビューにありましたが、

https://www2.elecom.co.jp/cable/display/guide.html

が、非常にわかりやすいので、ここでも紹介させてもらいます。
それにしても、時の経過を感じてしまいました。

入力端子は、右側にUSBの端子、オス、メス合わせて5個もあり、説明書もみずにやっている私は、最新型のモニターは、USBケーブルで、モニターが接続できるのかと、驚くとともに、一瞬うれしく思いました。

さっそく、USBケーブルでモニターをパソコンに接続してみました。

結果、表示できませんでした。

初心者は怖いもの知らずです。

外付けハードディスクをモニターにつないで、モニター側で、外付けハードディスクの中の画像を表示できれば、すごいことですが、わかりません。

これも初心者の願望です。

では、USBケーブルは、なにに使うのか、今の段階では、まったく不明ですが、このレビューを見て、お使いの方や、ご存じの方はお知らせいただければ幸いです。


一番左側の2個は、HDMIのケーブルの入力端子。

真ん中の端子は不明で、その左右に、付属してきたケーブルの miniDisplayPort-DisplayPortケーブルの入力端子と思われます。

では、パソコンとモニターをどうやって接続すれば良いのか、私のデスクトップの背面をみたら、それらしい端子が見当たりません。

私のデスクトップには、miniDisplayPort-DisplayPortケーブルの端子も、HDMIのケーブル端子もありませんでした。

そういえば、新しいパソコンをだいぶ前から購入しておりませんでした。

ガンレフ様から、モニター発送のお知らせメールの中で、なお、同梱のケーブルは、miniDisplayPort-DisplayPortケーブルになります。

お使いのPCにどちらの接続ポートも無い場合は、別途接続ケーブルや変換アダプタをご用意くださいますようお願いいたします。

とあったので、これは、すぐ接続できないのか、変換アダプターを購入してくる必要があるのかと、少し困り始めたのですが、HDMI端子がモニターにあるのなら、デスクトップには接続できないまでも、HDMI端子のついているノートパソコンとは接続できるのではと思い、ブルーレイデスクのHDMIケーブルを一本外してきて、これで接続しました。

結果、見事画面が表示され、一応使用可能となりました。




写真4 モニター3面を並べて比較

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー α6000
焦点距離:
30.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/15秒
絞り数値:
F6.7
露光補正量:
+0.7EV
ISO感度:
3200
ホワイトバランス:
Auto


モニターを3個並べて比較してみました。

左から、富士通のデスクトップの本来のモニター、真ん中が、今回レビューするモニター、そして、右側が、同じく富士通のモニター一体型のデスクトップとなります。

3枚並べてみると、今回レビューするモニターでは、光の反射がほとんどないのに気づきます。

このモニターの画面は、私には、初めてみる画面でした。

プリントに例えれば、このモニターは、グロッシー仕上げというところで、現在使用しているモニターは超光沢仕上げというところです。

確かに、光りの反射がないので、見やすいだろうということは予想ができますが、光沢感のある色が好きなので、光沢感のある色は出るのかと、不安を覚えました。

最初、モニターから出てきた絵は、残念な画質だと一瞬思いました。

自分の好みではないからです。

しかし、モニターを撮影してみて、比較するとノートパソコンのモニターの色と比べると、色の再現が忠実のように思えます。



写真5 ノートパソコンのモニターと色再現性について比較

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー α6000
焦点距離:
30.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/45秒
絞り数値:
F8.0
露光補正量:
-0.7EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Auto


左が、今回レビューしたモニターの色で、右がノートパソコンのモニターの色となります。

モニターだけで画像を見ると、好みは、ノートパソコンの絵なのですが、写真にとって、色を比較してみると、レビューするモニターの色の方が、忠実に再現されています。

おそらく、光の反射のせいかと思いますが、理由はわかりません。

もっと、使用してみないとわかりませんが、とりあえず、なにかメリットがあるのではと、思い始めているところです。




******************************************

注目製品レビュー ~ ViewSonic VP2468 編 ~

https://ganref.jp/common/monitor/viewsonic/vp2468/

他のレビュワーの皆様

hide-photoさん、 星空ハンターさん、 藍川 水月さん、 MKさん

レビューした用品

コメント(1,000文字以内)

2件中 1〜2件目

まほろば1123
MKさん、まさにそのとおりですね、モニターの入力端子にいれてみたら、入ったので、ああ、これねという感じなのですが、今から考えると違っていたら、壊していたかもしれないと怖くなりました。

2018年12月08日 12:42

MK
miniDisplayPort-DisplayPortケーブルって・・・??
って感じですでに周回遅れ感が半端ないです(笑)
別途HDMIケーブル買っちゃいました

2018年12月08日 12:25

2件中 1〜2件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

まほろば1123

目利きAWARD TRIPLE目利きAWARD TRIPLE
GANREF Point
6553465
メインカメラ
EOS 5Ds

プロフィール

皆様、いつもご訪問、そして、コメントとお気に入り登録ありがとうございます。...

↑ページの先頭へ