Please wait... loading

[ ニコン Z 7 ] 「 注目製品レビュー ~ニコン Z 7&Z 6 編~ 」 第14回 セミナー編 その2 コンティニアスAFサーボ編

現在表示しているページ
ホーム > まほろば1123さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年2月 > [ ニコン Z 7 ] 「 注目製品レビュー ~ニコン Z 7&Z 6 編~ 」 第14回 セミナー編 その2 コンティニアスAFサーボ編

投稿日:2019/02/26

レビューした機材・用品 ニコン Z 7 ニコン Z 7
雨中のサンダーバード

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 7
焦点距離:
330.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/800秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
3200
ホワイトバランス:
Manual



セミナー編 その1 で、コンティニアスAFサーボについて、中途半端にふれてしまいましたので、後ろの部分を分割して、その2にまとめたいと思います。


*******************************

セミナーでのタイトルは、カメラセッティング「 コンティニア
ンスAFサーボ編 」でした。


コンティニアンスAFサーボは、皆さんご存知とおもいますが、動体をとらえ続けるAF機能で、AF機の登場とほぼ同じ頃からあったとのことです。


私の印象としては、動体をとらえ続けるとはいうものの、実際には、たとえば、人の目とか鳥の目にピントがきて、初めてピントが合っていると思っているので、そのレベルで考えると、AF-Cはまだ使えないと考えていました。


ワンポイントのAF-Sで、シャッターを高速で半押しして、シャッターを切るか、最悪マニアルで撮影したほうが、ピントがくるという印象がありました。


コンテイニアンスAFのアルゴリズムが、ピントの合わせたいところを追い続けるレベルではないと思っていたからです。


ただ、現在は、新たなアルゴリズム、そして、新技術によって、その性能は飛躍的に向上しているとのことでした。


瞳AFがその際たるものなのでしょうが、良く撮影されるのが人ということで、人の顔の認識、瞳AFのレベルは実用レベルになっても、列車や車、まして、白鳥などの鳥や猫、犬ともなれば、また、別の設定になるのかもしれません。


また、レフ機と比べ、ZシリーズのAFは、像面位相差AFのため、誰しも精度は低いと考えると思うのですが、設定と考え方を変えれば、そのパフォーマンスを発揮するということで、そのま設定と、考え方を指導いただきました。


*******************************

コンティニアスAFサーボ ( AF-C )の利点は、

列車や、車など動体を、望遠から超望遠レンズを使用して、撮影した場合、被写界深度が浅くなるので、置きピンよりも、正確にピントが合いやすいとのことです。


常に被写体の動きをとらえ続け、高速連続撮影と組み合わせて、最高の瞬間を美しいピントで撮影することが可能になります。


*******************************

連続写真となります。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 7
焦点距離:
330.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/800秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
3200
ホワイトバランス:
Manual




アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 7
焦点距離:
330.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/800秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
3200
ホワイトバランス:
Manual




アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 7
焦点距離:
330.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/800秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
3200
ホワイトバランス:
Manual




アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 7
焦点距離:
330.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/800秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
3200
ホワイトバランス:
Manual







となりますが、ここで失敗したのは、車体が向かってくるのに合わせて、構図を変えてしまったことです。



失敗はしましたが、方法を具体的にご紹介すると

Zシリーズでは、AF-Cを選び

オートエリアAFを選択

追尾AFを設定します。

簡単にいうと、構図を決めたら、つまり線路の状態、カーブがあったらカーブをいれた構図をつくり、

列車がその構図に入ったら、シャッターを押し始める枠を作って、列車を待ちます。

列車がきたら、構図をそのままにして、シャッターを押し続けるだけで、勝手に、ピントを合わせ続けてくれます。


追尾AFを設定すると、画面いっぱいに被写体を追い続けることができるようになりますので、特筆すべき便利な機能となります。



*******************************************


ターゲット追尾AFについては、今回構図を変えて失敗していますので、別の場所、雨晴海岸でも、下記、機材レビューをもう一つアップしていますので、ご興味があれば、そちらも参考として下さい。


実際にやってみての、コツのようなものや、注意すべき点をまとめています。



https://ganref.jp/m/mahoroba1123/reviews_and_diaries/review/11872



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ニコン Z 7 で撮影した写真を
アルバム 「ニコン Z 7 レビュー」にまとめます。

https://ganref.jp/m/mahoroba1123/portfolios/album/19777


「 注目製品レビュー~ ニコン Z 7&Z 6 編 ~ 」企画に参加中 !!
https://ganref.jp/common/monitor/nikon/z7_z6/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 










コメント(1,000文字以内)

6件中 1〜6件目

まほろば1123
legacy7010さん、ありがとうございます。
ここは、素晴らしいポイントでした。

2019年03月24日 00:59

legacy7010
いずれもかっこいいですね~

2019年03月23日 11:00

まほろば1123
闇夜の流離人さん、コメントありがとうございます。
この撮影ポイントは、ザワっとするくらい素晴らしかったです。

2019年03月08日 10:13

闇夜の流離人
痺れる連続ですね♪ 凄い

2019年03月07日 02:06

まほろば1123
しょうなんしろうさん、コメントありがとうございます。

ここは、見た瞬間にざわざわしました。

天気が良くなかったのが、逆に幸いして、ヘッドライトの光で線路が光っていたのが、良かったですね。

2019年03月04日 17:09

しょうなんしろう
まほろば1123さんへ。
線路が電車のライトで光っていてカッコ良いです。線路を上手く扱いことが必要と思いました。

2019年03月04日 10:38

6件中 1〜6件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

まほろば1123

目利きAWARD TRIPLE目利きAWARD TRIPLE
GANREF Point
7323280
メインカメラ
EOS 5Ds

プロフィール

皆様、いつもご訪問、そして、コメントとお気に入り登録ありがとうございます。...

↑ページの先頭へ