Please wait... loading

[ ニコン Z 7 ] 「 注目製品レビュー ~ニコン Z 7&Z 6 編~ 」 第16回 セミナー編 その4 流し撮り編

現在表示しているページ
ホーム > まほろば1123さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年2月 > [ ニコン Z 7 ] 「 注目製品レビュー ~ニコン Z 7&Z 6 編~ 」 第16回 セミナー編 その4 流し撮り編

投稿日:2019/02/26

レビューした機材・用品 ニコン Z 7 ニコン Z 7
第一日目、三番目の撮影ポイントです。

目の前に水平に北陸本線が走り、背景に煩わしいもののないポイントでした。

残念ながら、曇りですが、マジックアワーの時間帯なので、ホワイトバランスを変えて撮影しました。



実は、流し撮りは、これまで、やったことがありませんでした。

ただ、流し撮りがピタと決まった写真は素晴らしいと思っていたので、この機会にやってみました。



流し撮りとは、

被写体の動きにあわせながら、カメラを動かしながら撮影して、背景をブレさせて、スピード感を出す撮影方法です。



メインの被写体、この場合列車が止まっているように撮ることがこつです。



上手くいったかどうかの判断は、JRの列車の場合、JRのロゴがちゃんと写っているか、さらに、人まできちっと写ったらベストと思われます。



設定は、

フォーカスモードをAF-S

AFエリアモードをシングルポイント

レリーズモードを高速連続撮影

a7:半押しAFレンズ駆動をOFF

シャッタースピードは焦点距離によって変わる

500mmなら60分の1秒、200mmなら30分の1秒、広角なら15分の1以下くらい

絞りは、F8〜11くらい

に設定するのが良いとのことです。



線路近くの土手の部分に、ピントを合わせて列車を追いかけます。



半押しAFレンズ駆動をOFFにするのは、シャッターボタンを押した時にピント位置が変わらないようにするためだそうです。



さらに、シャッタースピードは、焦点距離だけでなく、新幹線、特急、ローカル線と、列車のスピードによってくると思いますが、一応の目安は、15分の1を目安にして、その結果をモニターで確認して、シャッタースピードを調整していくという方法をとりました。



結果が良ければ、さらにスローシャッターにしていければ理想と思うところです。



助川先生の話しで一番、驚いたのは、ホワイトバランスで、助川先生のおすすめは、これをさらに微調整したものですが、ホワイトバランスは蛍光灯4に設定しました。



驚いた理由は、私の場合、ホワイトバランスは、今まで、ほとんどオートでしか撮影したことがなかったからです。



このセミナーをへて、いろいろホワイトバランスを変えて撮影して、モニターで確認することを、するようになりました。



また、三脚での流し撮りのほうがヒット率が高くなりますが、私の三脚は水平に回転させることができなかったので、感覚でやるしかありません。


カメラをかまえて、脇をかため、上半身を振ります。



流し撮りをする区間を数往復させ、振り切った左右と中央でのレールの画面内の高さ方向の位置が変わらないように、体に覚え込ませました。



普通列車でも練習です。



撮影は、真横からではなく、できれば、車両正面が見えたほうが、人の顔と同じで、正面が少し見えたほうが、ヘッドライトが写り、格好が良くなります。


ファインダーの4分の1くらい余白を残す感じで追いかけます



目安を付けやすくするために、ファインダーを格子表示にします



連写速度と列車の速度を意識して、どのこからシャッターを押し始めるか決めておきます



何回も試行錯誤して、結果をモニターで確認しながら、撮影しましたが、三脚も流し撮りには、むいていない三脚だったので、失敗の連続でしたが、一応、流し撮りの記念として1枚はってみました。



写真1 流し撮りの記念の1枚です。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 7
焦点距離:
70.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/10秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Manual





その後、自宅に帰って、流し撮りに適した三脚を使い撮影したのが、


写真2    6分の1のスローにして、背景を流しました。


背景の蔵王の雰囲気、手前の残雪の雪の雰囲気が残り、結果的に良かったと思っています。


夕暮れの蔵王を走る

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 7
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR
焦点距離:
200.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/6秒
絞り数値:
F8.0
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Manual




写真3    新幹線を15分の1の流し撮り

       マジックアワーの流し撮り

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 7
焦点距離:
200.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/15秒
絞り数値:
F11.0
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Manual





写真4    新幹線を40分の1秒で流し撮り

       夕日に照らされて

       もっとスローシャッターが必要と思う。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 7
焦点距離:
200.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/40秒
絞り数値:
F11.0
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
Manual



写真4    ローカル線を8分の1秒で流し撮り

       輝きながら

       西日をうけて輝く車体


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 7
焦点距離:
200.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/8秒
絞り数値:
F22.0
ISO感度:
64
ホワイトバランス:
Auto



撮影条件、青空、夕日、マジックアワー、暗闇だとどうなるか。


17時頃から、18時で、空の色は激変する、この時期は、18時だと真っ暗になってしまうので注意が必要。


さらに条件を変えてみたいと思います。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ニコン Z 7 で撮影した写真を
アルバム 「ニコン Z 7 レビュー」にまとめます。

https://ganref.jp/m/mahoroba1123/portfolios/album/19777


「 注目製品レビュー~ ニコン Z 7&Z 6 編 ~ 」企画に参加中 !!
https://ganref.jp/common/monitor/nikon/z7_z6/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 

コメント(1,000文字以内)

12件中 1〜10件目

まほろば1123
legacy7010さん、ありがとうございます。
流し撮りは大変ですね。
まして、列車が来るのを待つ時間もあるので、なかなか大変な被写体、撮影方法だと思ってしまいました。

2019年03月24日 00:59

legacy7010
3枚目と5枚目 このSSですごいですね。私は撃沈でした(;^ω^)

2019年03月23日 11:02

まほろば1123
元単身赴任さん、コメントありがとうございます。

新幹線でも距離があるとなんとかなりそうですが、それでも300キロともなると、想像の域をこえてしまいます。

2019年03月10日 23:08

元単身赴任
大変参考になります。
かつて300kmで走るのぞみを撮った時、中々速度が合わず難儀しました。

2019年03月10日 22:26

まほろば1123
闇夜の流離人さん、コメントありがとうございます。
ありがとうございます。
流し撮りよりも、どうしても止めたくなるので、いい勉強になりました。

2019年03月08日 10:11

闇夜の流離人
上手いですね~これで初めてなんですからスゴイです

2019年03月07日 02:05

まほろば1123
K SAWADAさん、コメントありがとうございました。

レビュー書いたかいがありました。

2019年03月06日 00:39

K SAWADA
目から鱗が落ちるレビューをありがとうございます(≧▽≦)

2019年03月04日 22:13

まほろば1123
しょうなんしろうさん、コメントありがとうございます。

ありがとうございます。

冠雪した蔵王、残雪の残る、前景のたんぼも、うまい具合に流れてくれました。

2019年03月04日 17:06

しょうなんしろう
まほろば1123さんへ。
写真2の流し撮りが素晴らしい、とても、綺麗です。電車の室内の明かりが印象的です。

2019年03月04日 10:35

12件中 1〜10件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

まほろば1123

目利きAWARD TRIPLE目利きAWARD TRIPLE
GANREF Point
6947485
メインカメラ
EOS 5Ds

プロフィール

皆様、いつもご訪問、そして、コメントとお気に入り登録ありがとうございます。...

↑ページの先頭へ