2019年8月21日(水)から9月3日(火)まで、システム移行作業中のため、会員登録やログインができません。
【詳しくはこちら】

Please wait... loading

「 注目製品レビュー~ ドスパラ「raytrek ZQ」 編 ~」 第15回 データ復旧ソフトの処理時間の比較してみました

現在表示しているページ
ホーム > まほろば1123さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年7月 > 「 注目製品レビュー~ ドスパラ「raytrek ZQ」 編 ~」 第15回 データ復旧ソフトの処理時間の比較してみました

投稿日:2019/07/27

レビューした機材・用品 ドスパラ raytrek ZQ  ドスパラ raytrek ZQ
夕暮れの田んぼ

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 7
レンズ:
ニコン NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
焦点距離:
63.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/500秒
絞り数値:
F11.0
露光補正量:
-0.7EV
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Auto


写真は一度削除して、一度あきらめた写真です。

すでにコピーしたと思って、クリーンフォーマットで削除してしまいました。

ネットであげられている無料のデータ復旧ソフト、3種類ほど試してみましたが、中の検索 (復元) までは無料でも、実際にそれを保存するときに購入をもとめられます。


結局、そこであきらめてしまったのですが、そこで思いついたのが、メディアについてくる、復旧ソフトでした。


ソニーのカードについていたことを思い出し、インストールしたところ、ほぼ1枚もかかさず、すべて復旧されるというすぐれたソフトでした。


この写真は、100ギガのメディアに入っていたため、このデータ復旧処理をウインドーズ10の東芝のノートパソコンで実施したところ


約4時間以上かかって、大変だった記憶があり、いただいたコメントにデータ復旧しても、完全にもどらなかったというコメントも多かったので、最終レビューの後に、これもやってみたかったテストなので追加しました。


************************

テストのひとつひとつが、長時間かかるため、こちらのテストでは、ドスパラのパソコンとウインドーズ10の東芝のノートパソコンの2機種で実施してみました。


今回データ復旧をするのは、8ギガにしとけば良かったと思いましたが、ソニーのタフという32ギガバイトのSDカードです。


読み・書き込み速度約300メガビッド、SDカードとしては、一番早い方のSDカードです。


間違って消してしまったと仮定した、最初にあった写真のデータは、12.6ギガ、1024枚のJPEGのデータでした。


それを、クリーンフォーマットで削除しました。


とはいえ、先に削除したデータも復旧される可能性もあるので、


その場合、32ギガのSDカードですので、実際には、約28.816ギガの、以前に削除してしまって上書きされていないものも含めた、データが復旧される可能性があります。


******************************


処理を開始すると、東芝のノートでは、処理時間が


ソフト上では、57分33秒かかるとのことでしたが、結局検索(復元) に104分かかりました。


復元対象ファイル実際には、1024枚ではなく、2096枚を検出 (復元という表現) しました。


本来、そのリストの中から、必要なものにチェックをいれて、必要なものを保存する形となりますが、チェックする時間はまちまちになり、時間の計測ができないので、これはすべてを選んで、保存の処理をしています。


すべての処理時間がどうなるかですが、


結果は、トータルで146分となりました。


復元内容は、予想したとおり、28.816ギガすべてです。


その内訳けを見ると、今回削除したデータすべてと過去に撮影した内容で、まだ、上書きされなかったデータとなります。



*****************************************

では、これが、ドスパラでは、どうなるかというテストになります。

処理時間が短くなるのは、当然にしても、どの程度短縮されるかということになります。

その結果は、


処理を開始すると、ドスパラのパソコンでは、処理時間が


ソフト上で表示される処理時間は、16分49秒とのことでしたが、結局検索 (復元) に49分かかりました。


復元対象ファイルは、同じく、1024枚ではなく、2096枚を検出 (復元という表現) しました。


同じ作業を行い、保存の処理をしました。


すべての処理時間がどうなるかですが、


結果は、トータルで61分となりました。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

  ノート146分に対して、61分ですから、

  大幅に短縮できることになります。 
   

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


復元内容は、予想したとおり、28.816ギガすべてです。


なお、その内訳けは、ノートと同じく、今回削除したデータすべてと、過去に撮影した内容で、まだ、上書きされなかったデータで、まったく同じとなりました。


富士通のデスクトップも比較したかったのですが、時間がかかりすぎるのと、こちらには、このソフトをインストールしていないかったこと、また、諸事情により、このパソコンは現在ネットに接続していないので、このテストはできませんでした。



実施したとすると、データ転送処理時間の比較と同様、データにかかわる部分なので、メモリの関係で、おそらく、ドスパラと同じくらいかと思うところです。


****************************************

以下、そのソフトに関する情報です。

ソフト名 Memory Card File Rescue

ソニー製メディア QD-G120F

についてきた、無料のソフトですが、購入特典につきメディアの購入が必要です。


このメディアにかぎらず、ほかのメーカーのSDカードにも、データ復旧のソフトは、期限付きのこともありますが、ついているようなので、自由に選べるかと思います。


今日外付けHDDを購入してきたら、それにもついていました。


ネットで無料の表示のあるデータ復旧のソフトは、私の場合は、3種類とも結局有料でしたのでリタイアしました。


とはいえ、データ復旧ソフトもピンキリですが、製品版を購入すると約6000円程度したと思いましたので、そういう時、復旧ソフトを持っていない場合は、こうした商品についてくるデータ復旧ソフトの使用も万一の場合は、手助けになるかもしれません。




なお、このソフトのダウンロードに必要なのは、

復旧させたい (購入した) メディアの「モデル名」と

復旧させたい (購入した) メディアの「製造ロット番号」、

または取扱説明書に記載されている「ダウンロードコード(microSDのみ)」です。


こういう表現にはなっていますが、実際には、このメディア専用ということではなく、他のSDカード等のデータ復旧もできます。



ダウンロード先

https://www.sony.co.jp/Products/memorycard/datarescue/

ソニートップページ

http://www.sony.net/memorycard/




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


「 注目製品レビュー~ ドスパラ「raytrek ZQ」 編 ~ 」企画に参加中 !!

https://ganref.jp/common/monitor/dospara/raytrek_zq/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

レビューした用品

コメント(1,000文字以内)

3件中 1〜3件目

だいとしぃ
そうですね。これだけでもわかりやすいかなと思います。
あと、参照すればいいという話もありますが、ノートとraytrekのスペックも結論の部分に書いておくと、検索などで飛んできた人にもわかりやすいかなと思いました(^^)/

2019年07月28日 22:29

まほろば1123
だいとしぃさん、ご訪問ありがとうございます。

これは、ほとんど文章になります。

結論は、わくで囲んでおりました。

コメントありがとうございました。

2019年07月28日 22:08

だいとしぃ
なるほど、データの復旧にかかる時間も短縮されるんですね。
その視点はなかったので参考になりました。

でも、ちょっとやはり差が分かりにくいかも?
パット見てわかるまとめがあると親切な気がします(^^;

2019年07月28日 16:51

3件中 1〜3件目

TOP OF GOLD

まほろば1123

目利きAWARD TRIPLE目利きAWARD TRIPLE
GANREF Point
7848420
メインカメラ
EOS 5Ds

プロフィール

皆様、いつもご訪問、そして、コメントとお気に入り登録ありがとうございます。...