Please wait... loading

【ソニー α7R & α7レビュー】01.ファーストインプレッション [「誰も作らなかったカメラ」のポテンシャル]

現在表示しているページ
ホーム > まろぬっしーさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2014年2月 > 【ソニー α7R & α7レビュー】01.ファーストインプレッション [「誰も作らなかったカメラ」のポテンシャル]

投稿日:2014/02/03

レビューした機材・用品 ソニー α7R ソニー α7R
「注目製品レビュー ~ソニー α7R & α7編~」に参加させて頂くことになりました。

世界初・ミラーレス一眼に35mm判フルサイズセンサーをあっけなく搭載するという
前人未到の圧倒的なインパクトでデビューした
[ α7R & α7 ] をレビューさせて頂く機会をいただき、
ソニーさんならびにGANREF編集部の皆様に感謝致します。


●風雲児のインパクト

高画質=大きな一眼の専売特許、という常識をひっくり返したこのカメラたちには
ソニーさんの開発パッション(そして葛藤も…)がMAXに詰まっているはず…。
そんな風雲児、α7R & α7 兄弟は発売時から気になっていました。
特に私は風景屋なので、α7Rのローパスレスが描き出す圧倒的な解像や質感、空気感が
風景世界をどう変えてくれるのか、興味津々です☆!


●さっそく裏磐梯で撮ってみた

仕事後、機材を受け取って真夜中の猛ダッシュ
福島県・裏磐梯まで兄弟を連れて往復600km行ってきました。

秋は極彩だった曲沢沼も完全氷結の無人の世界。
湖面に積もった雪に映る、湖畔の木のシルエットの美しさ。
さて…画像が大きいのをご容赦頂き、等倍でご覧いただけますでしょうか。
ピントを入れた位置は下に垂れ下がる枝。雪原の足跡も…。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー α7R
焦点距離:
35.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/640秒
絞り数値:
F11.0
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto

シャープネスは使っていません。三脚使用。
現像はソニー純正の Image Data Converter 使用。
Lrもありますが、作品化するもの以外はいじらずシンプルに純正ソフトで現像することにします。


●デザインと大きさ、操作感

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 7D
焦点距離:
55.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1秒
絞り数値:
F7.1
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Custom

左からバケペン(フィルム中判 PENTAX 67II)、5D MarkIII、α7R 、α7
バケペンはアレですが(笑)やはりミラーレスのコンパクトさが際立ちますね。
コンパクトでありながらデザインにチープ感は一切なく、マグネシウム合金の使用量がα7のほうが少ないのも、パッと見では全く分かりません。

コンパクトであることはわたしにとって
「道のない滝へ長時間山中を行く」や「冬季閉鎖の道をラッセルしながら氷瀑を目指す」
などのシチュエーション(笑)(←意外とよくあるw)において、ものすごい魅力。食料なども担いで行くので、機材重量を減らすことが安全確保と体力温存に重要になるシーン、
でも画質のショボいカメラで撮るのは嫌だ…というときにα7Rがいたら…。。。

ちょっと思いついたんですが、α7R & α7兄弟、
ペンタ部なんて特にデザインが往年のフルサイズ名機、Nikon F3 に似ていますよね。
F3 は OVF の α900 を連想させるペンタプリズム 、素晴らしくヌケの良いファインダーですが
α7R & α7 兄弟は21世紀進化系カメラらしく、有機ELの EVF(電子ビューファインダー)です。
(これがまたEVF未体験の私にはとても新鮮でした)
というわけでF3(この子は借り物)と^^。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 7D
焦点距離:
24.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
10秒
絞り数値:
F13.0
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Custom

「道具としての本質を追求し、持つ喜びを満たすデザイン」
とソニーさんがおっしゃる通り、デジタル臭くないデザイン、
画を作り出す質実剛健、思想はアナログ感すら感じる男前な道具なのです^^いいな〜♪
操作、露出補正がダイヤルなのがとても嬉しいですね。
カメラってこれだよ、という操作感で私はとても好きです。
写欲とか、撮影する高揚感ってこういう部分も大切だったりしますね。


●兄弟の性格やいかに

話題のα7/R 兄弟ですが、よくスペックを見られていない方もいらっしゃるはずなので
特徴をシンプルに言うとこんな感じです。35mmフルサイズというのは同じで、
--------------------------------
α7R  3640万画素 ローパスフィルターレス 4コマ/秒連写(最高値)
α7  2430万画素 ファストハイブリッドAF 5コマ/秒連写(最高値)
--------------------------------
α7Rはじっくり風景に、α7はAFに瞬発力(※)があるのでスナップで力を発揮しそうですね。
※「ファストハイブリッドAF」α7ではコントラスト検出が従来より速くなったコントラストAF+位相差AFを併用しています。α7RはコントラストAFのみです。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー α7
焦点距離:
35.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/250秒
絞り数値:
F14.0
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto

α7で手持ちド逆光でアオった図。ゴーストの出方はこの程度でした。
絞り込んで出た光条を、ファインダー内で撮影前に、撮影後と同じ完成形で、
しかも暗くならずに見えるEVFのありがたさを知った瞬間(笑)


●レビュー概要

レビュー構成
 ・機能レポート 
 ・検証編
 ・被写体・シーン別
 ・皆様からのリクエスト☆
 ・作品作り込み
で予定しています。

お借りしたレンズは
「Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA」と「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」です。
本当は Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS もあると嬉しかったのですが〜;
なんたって発売したてですからね^^;

α7R は風景屋の画質の要求に応じてくれるだろう、
α7はスナッパーの俊敏さに応えてくれるだろう、というのは容易に想像がつきますね^^
純正のツァイスレンズとの組み合わせは
レンズと本体の通信含めどこまでのポテンシャルを見せてくれるのか、
実際どんなシーンで、どの機能が、どんな風に、どんなユーザーの役に立つのか、
あるいはパイオニアゆえに、どのあたりに改良の余地がありそうか、こんなのあったらな、など
レポートして行きたいと思います☆


●リクエストお待ちしています

今回も「こんなのが見たい!」「これってどうなの?」というのがありましたら
お気軽にリクエスト・ご質問頂ければと思います。
雪原の α7R & α7 兄弟がみなさまのリクエストをお待ちしております^^☆

一ヶ月かけて、誰も作らなかった、これからのカメラの未来が見える
ミラーレスフルサイズ一眼の魅力をお届けしたいと思いますので、
お付き合いどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m♪

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー α7
焦点距離:
35.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/400秒
絞り数値:
F13.0
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto

重量三脚にちょこんと乗るの図(笑)


【ソニー α7R & α7レビュー】02. 3分半動画でチェック! 実機の操作感♪
http://ganref.jp/m/maronushy/reviews_and_diaries/review/5945

------------------
注目製品レビュー ~ソニー α7R & α7編~
http://ganref.jp/common/monitor/sony/a7r_a7/review.html
------------------

コメント(1,000文字以内)

35件中 1〜10件目

まろぬっしー
>七色の虹さん
コメントありがとうございます☆!
こちらこそです〜〜!!見て頂いてありがとうございます。
またあわただしいレビュー期間に突入してしまいました(笑)
知識はないので(笑)体当たりレポを今回も繰り出す事に…^^;
αユーザーの虹さんに見て頂けるとうれしいです〜。
フルサイズミラーレスのα、とっても進化しています☆

2014年02月13日 03:58

七色の虹
まろさん、出遅れてすみません(^ ^;Δ
いつもながらテンポのよいレビューに、
同じ女性として、尊敬と憧れの眼差しで読ませていただいております。

まろさんの知識と文章力の豊かさ・・・
いつも(すごいな~)と思っています。
ゆっくりじっくり読ませていただきますね。
応援していますので、頑張ってくださいね~♪ (*^-^*)

2014年02月12日 23:08

まろぬっしー
>センベイさん
コメントありがとうございます☆!
おっしゃる通り、単焦点が厳しいなあと感じています^^;
ただ、今回のレビューがα7・7Rと純正の35mm・50mmの組み合わせでのレビューとのお題でして、わたしもアダプタで手持ちレンズ…はやってみたかったのですが叶わずでした…^^;
あっ、その代わりと言っては何ですが、ちょうど週末に高感度星撮影はやってきました。感度別にやってきましたので、またお届けさせて頂きます!

2014年02月11日 21:52

まろぬっしー
>果音 (かのん)さん
コメントありがとうございます☆!
36MBフルサイズがミラーレスで出来る時代になってしまいました^^
実際使ってみてなんぼですが、スッカンなど機材を軽くしたい時にはありがたいなあと思います☆
レンズも超軽いですよ〜。今回お借りしているのが単焦点というのもありますが、ズームも普段果音さんが使われているのと比べたら、何も持っていないように感じるかもしれません(笑)

2014年02月11日 21:49

センベイ
風景で35㎜ではつらいので、キヤノンのマウントアダプターを買ってもっと広角のレンズでテストしてください。

もちろん高感度の星の撮影も(笑)

まろさんならレビューの後にどちらか1台もらえるでしょうし(笑)

2014年02月11日 20:00

果音 (かのん)
浦島太郎になった気分です、今頃のこのこやってきた果音です~^^;
それにしても600Km早速走るまろちゃんも凄いですが、3640万画素 フルサイズ、ミラーレスですか。私が重いカメラに振り回されている間に、どんどん軽量高性能になっていきますね。これだけの画素数かつ軽量になればミラーレス・・理想ですが、レンズの重さも軽量なのかな・・とか興味津々のレビューになりますね。空の色がみたいですね~

2014年02月08日 01:27

まろぬっしー
>マニアさん
コメントありがとうございます☆!
ちょうど撮影予定があったので、こりゃあ持って行かない理由がない!というわけで持って行きました。
SEL2470買われたのですね〜!いいですね☆
北アルプスでカメラを全部!!わかります…。。
冬のスッカン沢の帰りとか、ザック置いて逃げたくなります(笑)
山岳写真の方で、重量三脚とバケペンを山頂まで担いでいらっしゃる方を心から尊敬します。
でもα7R & α7のテクノロジーがそんな私を救ってくれるはずーー(笑)!
楽しくレビューできればと思います^^

2014年02月05日 02:32

マニア
さすが!最初から実戦投入(^^)

最近SEL2470ツアイスを買ったものの、まだ本格的な導入には至っていません。

α7は買った自分よりまろさんのほうが使いこなしそうで怖い(笑)

山などハードな環境だと重さ、大きさの差は効いてきますよね。

北アルプスでカメラを全部投げ捨てたくなったことのある自分にも軽さのありがたさは身にしみています。

でも機材はできれば妥協したくないのも同じです。

まろさんのレビュー、楽しみにしています!

2014年02月04日 23:51

まろぬっしー
>hassakuさん
コメントありがとうございます☆!
そうですね!α7などは特にAFの強さなど、スナップで活かせるものが多いので
最近いってないですが都内ぶらぶらスナップもしてみたいです☆

2014年02月04日 14:45

まろぬっしー
>よっちさん
コメントありがとうございます☆!
寒冷地だとよけいにそう思いますよね!
夏場でもバッテリーを気にするのはつらいですね~。。
まあ、メリルさんが最強にバッテリーが心配でしたので
わたしも、バッテリーって気にしないといけないんだ!と気付いた次第です。

2014年02月04日 14:44

35件中 1〜10件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

まろぬっしー

GANREF Point
2049770
メインカメラ
EOS 5Ds R

プロフィール

PIECE OF写真展 vol.6 2019年6月18日(火)〜6月23...