Please wait... loading

【注目製品レビュー ~ニコン D810 編~】 第6回 アクセサリー編

現在表示しているページ
ホーム > 藍川 水月さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2015年5月 > 【注目製品レビュー ~ニコン D810 編~】 第6回 アクセサリー編

投稿日:2015/05/03

レビューした機材・用品 ニコン D810 ニコン D810
 第6回目です。
 さて、セミナーの際に、ニコンイメージングの方から、「追加で借りたい機材ありますか?」という大変うれしい質問がありまして、レビューワー全員で言いたい放題言った結果、なんと追加でアクセサリーを貸していただけました。
 そういうわけで今回はアクセサリー編です(オイ

 お借りできたのは、レリーズ(リモートコード MC-30A)と、外付けストロボ(スピードライトSB-910)と、バッテリーグリップ(マルチパワーバッテリーパック MB-D12)です。
 優先順位を聞かれたので、レリーズとストロボくらい借りれたらラッキーと思っていたら、なんと3点セットで貸してもらえてしましました^^;
 しかも、ストロボに至ってはフラッグシップ…(汗
 ニコンさんからの圧力を感じる…(違

 まぁ、そういうわけで、圧力に屈したわけではないですが、せっかくお借りしたので、アクセサリーについても触れてみようと思います。
 とはいえ、レリーズについては、効果については言わずもがなですし、機能も最低限なので、わざわざキヤノンと比較するほどでもなさそうなので、今回はストロボとバッテリーグリップについてのレビューです。

<バッテリーグリップ>

 ・取り外し、持ち運び

 実を言うと、メインのキヤノン機では、ほとんどバッテリーグリップを使ってません(爆
 持ってるのは、5D3用のバッテリーグリップくらいですし、めったに使いません。

 …いや、ごめんなさい。それなら借りるなよって石投げないでください(汗

 これは、一応ちゃんとした理由があります。それは、キヤノンのバッテリーグリップの形状です。



 こうして並べると一目瞭然。キヤノン機のバッテリーグリップは、基本的にL字型をしています。
 なので、取り付けるのが面倒くさいのです^^;
 取り付ける際には、ボディのバッテリーと、バッテリー室の蓋をわざわざ外し、取り付けなければいけません。
 しかも、通常L字型なので、カメラバッグに入れるのも入れづらい…
 そうなると、「今日はバッテリーグリップ使おう!」と思う時以外、あんまり使う気になりません^^;



 これに対して、D810のバッテリーグリップは非常に楽です。
 底面のゴムカバーを外して、くっつけるだけ。
 しかも、I字型なので、レンズ1本減らせばそのままカメラバッグに入れられちゃいます。
 これだと、使うかどうかはっきりしないときにもバッグに忍ばせておけて、とても便利です。

 その代わり、ボディからバッテリーを出さないので、ボディのバッテリー交換が少々面倒ですが、それでも、もともとバッテリーグリップの取り外しが楽なので、それほど苦にならないです。

 この点については、ニコンが本当に羨ましいですね。

 ・操作性

 マルチパワーバッテリーパック MB-D12は、ボディのグリップとは若干握り心地は違いますが、しっかりとグリップが深くなっており、持った感じは悪くありません。
 キヤノンのBG-E11も、40D用のBG-E2Nの頃に比べると非常によくなりました。当時はホント、太くて持ちづらかった…

 いずれにせよ、ボディ側のグリップとの差はあるものの、持ちやすいと思います。

 ただ、気になったのは、MB-D12のボタン類。
 一つは、マルチセレクターの形状。
 バッテリーグリップと、本体側で形状が違います。
 個人的には、バッテリーグリップ側の方が、キヤノンのマルチコントローラーと形状が近くて使いやすかったりするんですが、ニコンユーザー的にはどうなんだろう、って思いました。

 もう一つは、ボタンの数。
 MB-D12には、シャッターボタン、バッテリーグリップのON/OFF、2つのダイヤルとAF-ONボタンしかありません。
 AFロック/AEロックボタンがないんですよね。
 幅の都合かもしれませんが、ただでさえ、本体前面のPv、Fnボタンも使えなくなるので、AFロック/AEロックボタンはあるとうれしかったなと感じます。
 AFロック/AEロックをつけてくれるなら、ついでに、バッテリーグリップのある、なしで機能切り替えできるとなおありがたいです。

 キヤノンの場合は、サブダイヤルがないからというのもありますが、もう少しボタン数が多く、その点では使いやすいです。

 とはいえ、どちらのメーカーでも、ISOやWB、ドライブモードなどの変更は、結局BG持った状態だとやりづらいので、この程度でも十分な機能なのかもしれません。
 (逆に、肩面液晶等含め、本体と変わらない操作性になれば理想的ですけど(笑) …まぁ、スペースの都合上無理でしょうが^^;)

 後、MB-D12を使っていて、一個困ったことが。
 MB-D12を持って縦位置に構えているときに、ぶれない様にファインダーに顔を押しつけるようにすると、ボディ側のマルチセレクターを額で押してしまいます^^;
 マルチセレクターでAFフレーム選択をしているので、AFフレームがくるくると動き続ける事態に^^;
 ボディ側のマルチセレクター、普段は幅広で押しやすいのですが、この場合だけそれがあだになってしまいます^^;
 バッテリーグリップつけていて、かつ縦位置の場合(あるいはバッテリーグリップのシャッターボタン半押しの時)にボディ側のマルチセレクターの操作を無効にできたりしたらうれしいなぁと思いました^^;
 顔の形状や、構え方の癖にもよると思うので、難しいとは思いますが^^;

 総じて、ニコンのバッテリーグリップは、絶対必要、という人はもちろん、使うかわからないという人でも、持っていても使いどころはあるような気がします。
 邪魔なら外せちゃうので、とりあえず放り込んでおけるのが大きいと思います。


<ストロボ>

 ストロボについて、機能やAWBの安定性まで比較できればなおいいのですが、そこまでやろうとするとかなり時間がかかるうえ、恐らくそこまで大きく差が出なそうなので、とりあえず今回は、操作性、携帯性等々の話がメインです。

 ストロボについて語る上で、D810と5D3の一番大きな違いは、5D3には内蔵ストロボ(およびコマンダー機能)がない、という点が非常に大きいと思います。

 ニコンは、D810クラスまでには内蔵ストロボ(コマンダー機能付き)が付いています。
 そのため、外付けストロボ1個あるだけで、手軽にリモート撮影が可能です。
 しかも、GNが小さいながらも、内蔵ストロボを、コマンダーとして使いつつ、本発光させることもできます。

 キヤノンは、フルサイズには内蔵ストロボが付いていません。ストロボのコマンダー機能もありません。
 そのため、リモート撮影をしようとすると、最低でも外付けストロボ2台が必要です。
 しかも、一番安い90EXはコマンダー機能があるけれど、コマンダーとして使うと、本発光できないし、その次に大きい270EXIIは、コマンダー機能ないし…(汗
 そうなると、コマンダー機能+本発光を求めると、18,000円以上する、320EX以上をコマンダー用に、そして、スレーブ用のストロボがもう一台必要になります。

 こうなると、キヤノンよりニコンの方が初期投資が安く済むので、ストロボを使った多灯撮影を始めようと思っている場合には、ニコンの方が楽かもしれませんね。
 (どっぷりはまると結局どっちでも、それなりのストロボをそろえる必要はあるんでしょうが^^;)

 さらに、SB-910にはバウンスアダプターや、カラーフィルターまで純正で付いているので、こうした点は非常に羨ましいです。

 スレーブ撮影の際には、SB-910は、チャージが終わると音がなってお知らせしてくれたりもするので、そうした点も使いやすいですね。

 …と、言いつつ、ストロボはまだまだ使いこなせてないですが、個人的には、D810+SB-910があれば、下のようにストロボで色々な表現ができる、というだけでもかなり羨ましいところです。キヤノンもコマンダー機能だけでも付けてほしいなぁ…(APS-C系は最近ようやく付くようになりましたが)

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
40.0 mm
フラッシュ:
On Return not detected
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/200秒
絞り数値:
F8.0
露光補正量:
+0.7EV
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Custom


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
48.0 mm
フラッシュ:
On Return not detected
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/200秒
絞り数値:
F8.0
露光補正量:
+0.7EV
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Custom


 ただ唯一、SB-910で不満なのはケースです。SB-910は、下の様なケースに入っています。カラーフィルター等が付いているからか、ストロボをL字型に曲げて収納します。
 キヤノンの580EXIIをはじめとしたストロボは、伸ばして収納する形です。
 こうなると、バッテリーグリップの時と逆で、SB-910は、カメラバッグに入れづらい形状なんですよね^^;



 できれば、ストロボを伸ばして収納するタイプの方がありがたいなと感じました。
 あるいはせめて、この形状のケースなら、取っ手みたいなものがちょっと付いていると、取り扱いやすかったなと感じました。

 ストロボ自体の性能については、時間があればもう少し検証してみたいと思います。

--------------------------------------------------
注目製品レビュー ~ニコン D810編~

http://ganref.jp/common/monitor/nikon/d810/

コメント(1,000文字以内)

2件中 1〜2件目

藍川 水月
>mykaoruさん

 私の勉強不足でしたが、ニコンの場合は上位機種のバッテリーを使えるというメリットもあるんですね。
 キヤノンだと、ボディと同じバッテリーか単3電池ちか選べないので知りませんでした。
 そういう意味で、低温の信頼性とか連写性能のアップとか、単純に縦位置撮影だけじゃないメリットがあるのはいいですね。

2015年05月03日 01:37

mykaoru
私の友人は、Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL18aを使いたい為で
BDを付けています。彼は必ず三脚使用の方ですから、BDを使う理由が
これ以外にありません。私もD3XではLi-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL4a
を使っていますが(これ以外のバッテリーが使えないんですが)やはり、
容量と低温時の信頼性です。D3XでLVでも2000枚近くいけますし
初冬の小田代が原に行くと皆さん予備バッテリーを温めながら、頻繁に入れ替え
してますが、全くそんな心配がありません。

D300やD700では、連続撮影コマ数UPの機能がありますが、D810には
関係ないですよね。今回の東北の桜でも1日で1本は使い切りましたが
2本目が空にはなりませんでした。縦位置の手持ち撮影にはメリットありますが
今回、私には、必要無かったかな・・・・・

2015年05月03日 01:26

2件中 1〜2件目

同じ機材で撮影された写真

GOLD 2

藍川 水月

GANREF Point
243940
Next Point
6060
メインカメラ
EOS 5D Mark III

プロフィール

 2007年末にデジイチデビューしました。人物(ポートレート、コスプレ)、...

↑ページの先頭へ