Please wait... loading

最高の山カメラ

現在表示しているページ
ホーム > pakuminさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2016年1月 > 最高の山カメラ

投稿日:2016/01/20

レビューした機材・用品 リコー GR II リコー GR II
山は風が強い。雨や雪もいつ降ってくるかわからない。北海道の冬山なんてとてもじゃないけど動作保証温度から逸脱している。GRは本来そんな使い方をするカメラじゃないけど僕はコイツこそ最強の山カメラだと思っている。GRIIの発売から半年経った。半年間で撮り溜めた山の写真と一緒に"GRが僕の山歩きと如何に相性が良いか"を語ろう。

アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
18.3 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/6秒
絞り数値:
F11.0
露光補正量:
-0.7EV
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto
大雪山:茅刈別第三支川にて
僕は無印GRを2回購入している。1台目は中部日高"ポンヤオロマップ川"で水没し帰らぬ人となった。それから「沢でGRはやめよう」と反省しOLYMPUS TG-3で沢の写真を撮るようになった。TG-3はお手軽に綺麗に写り、山の記録を書くには申し分無い画質だ。だけど沢のように"谷は暗くて空は明るい"ような被写体ではどうしてもハイライトかシャドウ側に無理が出る。GRはコンパクトながらもシャドウがかなり粘ってイイ感じ。素晴らしいセンサーだ。
谷のような普通のハイカーが来ない場所でこそ綺麗な写真を残したいと思うようになってきた。素直に防滴の一眼を使えば済む話なのだけど、沢登りは戦いだ。荷物は極力軽くしたい。なので「これはっ」という風景に出合った時には防水ケースからGRを出して、それ以外はTGで記録を取るようにした。これは中々悪くない。しかし下山してから写真を見返してみると「あぁ、この場所はかなり良かったな。GRで撮っとくんだった」と後悔する事がたびたびある。沈胴じゃなくていいから防滴化したGRを心待ちにしている。僕みたいな一部の変な奴にしか売れないと思うけど。

アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
18.3 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/350秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto
木曽山脈:安平路山にて
僕はガチの山岳写真撮りではなくて「山を歩いているついでにイイ写真が撮れたらラッキー」くらいのユルいモチベーションで写真を撮っている。それなりに綺麗に写真を撮りたいけど、動きの妨げになるような一眼レフカメラはご遠慮願いたい。その妥協点に居るのが高級コンデジだ。「お、いい景色だな」と思ったら電源入れてシャッター押して電源切る。高級コンデジの中でもGRはこのアクションが抜きん出て早い。一度GRを使った事がある人ならわかると思う。このレスポンスを体験すると他のコンデジには戻れなくなる。水準器が見やすいのも良い。
MY1には"止まって風景撮る用"の"Pモード・ISO AIUTO・マルチAF"を設定している。通常はこのモードで歩いて止まって撮りまくる。基本的に息が上がっていて手ブレしやすいのでSS1/125を下限にしている。MY2には"花を撮る用"の"開放, ISO100, マクロ・ 35mmクロップ・中央重点AF"を設定している。山ではMY1とMY2のダイヤルだけを行き来している。露出補正は-0.3を常用しているが、夜明け前は親指に割り当てたAEロックを使用している。適当な空の境目でAEロックした後、同じ構図で露出補正して3~4枚撮る。下手な露出も数撃ちゃ当たる。

アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
18.3 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F4.0
露光補正量:
-1EV
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Manual
東大雪:ニペソツ山にて
僕がGRからGRIIに乗り換えた最大の理由はCTEが使えるから。CTEは冬の朝焼けで抜群に効果を発揮する。以前はPENTAX K-30でその恩恵を受けていた。今年は暖冬で雪が少ないと言われていたけど、最近はようやく冬らしくなってきてCTEの効いた写真が撮れてきた。山の写真は1月, 2月が一番好きだ。

アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
18.3 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/1000秒
絞り数値:
F8.0
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Manual
東大雪:ニペソツ山にて
冬にGRを使う場合に最大の障壁となるのは動作温度だ。外気に触れているとあっという間に電池がやられて電源が入らなくなる。カイロと一緒のポーチに入れるとか、身体に密着させて体温で温めるとか様々な対策があるけど、僕は身体に密着させる法でいくことにした。厚手のグローブを履いているとなかなかGRの電源ボタンが押せないのだけど、そこは気合で押すしかない。ストラップに細長い棒でもくっつけてみようかな。

アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
18.3 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/1000秒
絞り数値:
F9.0
露光補正量:
-0.7EV
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Manual
飛騨山脈:槍ヶ岳にて
まとめると山で写真を撮りたいけどじっくり止まらないでバシャバシャ撮ってガシガシ歩きたい元気な人にオススメです。こんだけ山とGRの相性が良いと書きまくってきた僕だけど、最近は暴風雪の山行が続いたせいでセンサーが水滴だらけのゴミだらけになってしまい少し凹んでいる。やはり防滴一眼なのか。K-30(K-50)は単三電池が本体に積める最後のKマウントで、単三リチウムを積んでやれば厳冬期でもちゃんと働くので冬用に買い直そうか悩んでいる。
そんなわけで冬は結構しんどいけど、それ以外の季節では山とGRの相性はなかなか良いと思っている。

コメント(1,000文字以内)

10件中 1〜10件目

pakumin
ありがとうございます。
僕もブリーチバイパス好きです。最近エフェクトで遊んでいないので、
そろそろ使いたくなってきた頃です。

2016年01月30日 20:24

カスタム命
レポート楽しく拝見させて頂きました。自分もGRはフィルム時代からずっと使ってます。ボディデザインがラフに使いたくなる要因かと考えています。壊れてもいいからハードな場所でも撮りたくなりますね。なにより写りがよくエフェクトが充実しているのもいいですね。^^

2016年01月26日 21:08

kazuleo
素晴らしい光景ばかりで、目を奪われました。
APS-Cになって2世代目、WBをはじめブラッシュアップされて道具としても円熟の域ですね〜。

2016年01月26日 18:52

pakumin
フィルムGRいいですね。
僕も一度使ってみたくて中古のGR1vを探しているのですが、
値段が高くてなかなか手を出せずにいます。

2016年01月26日 16:23

regacyken
こんにちは、いつもヤマレコでのレコを拝見してました。
自分もフィルム時代からのGR28、GRデジタルを使用してました。
現在は、所有していませんが、色合いもよくデザインも好きなカメラです。

2016年01月26日 07:16

pakumin
コメントいただきありがとうございます。
GR使いが広まってくれることを祈るばかりです。

2016年01月24日 21:45

kobebiz
リコー GR IIの描写は、結構優れていますね。
コンパクトでなかなか使いやすいカメラだと思います。

2016年01月24日 11:07

ryusei
素晴らしい質感と空気感ですね。

2016年01月23日 17:09

mikabu
たどり着いた者だけに見ることが許される世界。荘厳です。

2016年01月20日 23:42

本田勝彦
ニペソツ山、いいですね。
でっかい雪庇だなぁ~。
こういうシチュエーションではカメラも登山靴などと同じ消耗品なんだなぁと思いました。

2016年01月20日 22:23

10件中 1〜10件目

同じ機材で撮影された写真

SILVER 2

pakumin

GANREF Point
22000
Next Point
3000
メインカメラ
GR II

プロフィール

登山写真中心です。主な使用カメラはGRIIです。

↑ページの先頭へ