Please wait... loading

注目製品レビュー ~キヤノン EOS M5編~ Vol.4 マウントアダプターを使ってみる

現在表示しているページ
ホーム > ウェザー・リポートさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2016年10月 > 注目製品レビュー ~キヤノン EOS M5編~ Vol.4 マウントアダプターを使ってみる

投稿日:2016/10/22

レビューした機材・用品 キヤノン EOS M5 キヤノン EOS M5
キヤノンEOS M5をお借りして約1週間、時間があまりとれず撮影はそれほど進んでいないにもかかわらず、かなりこのカメラが好きになってきました。最初は、「プラスチック感満載」などと書いてしまいましたが、この外観も含めて、「つまりはこの形と大きさなんだな・・・」などと思ったりしています。おそらく、レビュー企画がなければ、手にすることがなかっただろう、このカメラを今では欲しくなっています。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G
焦点距離:
85.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/100秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
360
ホワイトバランス:
Auto


惜しむらくはもう少しレンズのバリエーションがあれば・・・今後増えていくことを期待します。しかし、ミラーレスなので、マウントアダプターを利用したレンズの楽しみ方ができます。私はEFレンズ一本も持っていなかったので、EF-EF-Mのアダプターは申し込みませんでした。そこでお借りしている2本のレンズのみで勝負・・・と思ったものの、センサーの素性のよさを感じましたので普段使い慣れているレンズで試してみたくなりました。そこで安価なマウントアダプターを購入。ライバル社のレンズを使うのは気が引けますのでサードバーティーのカール・ツァイス製のレンズ(Otus 1.4/55)を使ってみました。このレンズの焦点距離は、55mmなので、フルサイズ換算88mm/F2.2のポートレートに好適な画角になります。

アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
0.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/100秒
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto
△ポートフォリオにも上げた写真ですが、あちらは、レタッチしていましたので、撮って出しのものをこちらに上げておきます。

接点なしのアダプターを介してレンズを使用するときには、メニューの“C:FnIIその他“からレンズなしレリーズを「1」(する)にしておかなければなりません。この場合でもピーキング機能はもちろん有効です。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
パナソニック LUMIX DMC-GM1
焦点距離:
32.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/40秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
3200
ホワイトバランス:
Manual


予想以上にMFが使いやすいのがとても印象に残りました。いままで使用したピーキングの中で最も見やすく、MFが簡単に決まります。測距点を操作しなくてもいいのでAFより楽なくらいで楽しく撮影が出来ました。一眼レフでピントを合わせる作業がかなりシビアなことを考えると、このレンズはEOS M5で使ったほうがはるかに使い出があると感じたくらいです

CAT

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS M5
レンズ:
コシナ ZEISS Otus 1.4/55
焦点距離:
0.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Shutter speed priority AE
シャッタースピード:
1/40秒
ISO感度:
125
ホワイトバランス:
Auto


一眼レフだと、時に三脚を立ててライブビューで使用したくなりますが、EOS M5との組み合わせでは、楽々手持ちでピント合わせが可能です。
チョロチョロと動き回るネコも、それほど苦労せず撮れました。

アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
0.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/80秒
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto

ただ、ピーキングだけに頼っていると狙ったところよりも若干後ピンになる傾向を感じたので、すこし気を付けなければなりません。被写界深度が非常に浅い状態だとピーキングを目安にしても後ピン気味の写真を連発します。このあたりは、撮影者の慣れの問題もあると思いますが、パラメーターとアルゴリズムの改善を求めたい部分でもあります。でも、正確に合わせたいときは、EVF表示を拡大すればOK。できればピクチャー・イン・ピクチャーの形で拡大してくれると、構図を確認しながら拡大像を見ながらシャッターが切れるのですが、このままでもこのレンズのためだけにもこのカメラがほしくなってしまったくらいです。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
パナソニック LUMIX DMC-GM1
焦点距離:
12.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F4.2
ISO感度:
500
ホワイトバランス:
Manual

ピーキングは、弱、色は赤に設定しています。

普段22mmをつけっぱなしにしておいて、時にアダプターでいろいろなレンズを楽しむのもよさそうです。

--------------------
「注目製品レビュー ~キヤノン EOS「M5 編~」企画にレビューワーとして参加中!!
http://ganref.jp/common/monitor/canon/m5/

コメント(1,000文字以内)

4件中 1〜4件目

kazuleo
マクロ撮影(EF100マクロ)でもMF よりAFを使った方が確実にピント合わせができました。デュアルピクセルAFとミラーレスとのマッチングは素晴らしいですね。

2016年10月22日 19:19

YOKOHAMA
この、おねぇちゃんの方が気になる。。。

2016年10月22日 17:40

富田 泉
押入れに眠っているレンズ達を動員したくなりました^ ^

2016年10月22日 13:51

かずひ
ピーキングはとても頼りになりますよね。
後ろピンになるというのが少し気になりますが、基準値の微調整機能がついてくれると良いかもですね!

2016年10月22日 13:02

4件中 1〜4件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

ウェザー・リポート

GANREF Point
1390005
メインカメラ
D850

プロフィール

新たに手に入れたカメラやレンズのレビューを中心に楽しんでいます。

↑ページの先頭へ