Please wait... loading

注目製品レビュー~ニコンD810編~第6回GANREFセミナーその3~

現在表示しているページ
ホーム > モノクロ。さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2015年4月 > 注目製品レビュー~ニコンD810編~第6回GANREFセミナーその3~

投稿日:2015/04/23

レビューした機材・用品 ニコン D810 ニコン D810
 こんばんは。

 D810レビューの6回目は、山梨県で行われたセミナーの模様その3です。

 セミナーは2015/4/4~5にかけて講師に山岳写真家の菊池哲男先生をお迎えして行われました。1日目は菊池先生のセミナーの後に甲府駅周辺で各自で撮影をしました。2日目はバスを使って全員で山梨県の桜の名所を巡った後、各自で2枚プリント用の写真を選び菊池先生に好評を頂きました。

 その3はセミナー2日目の模様です。

 2日目は今回の目的である桜の撮影に行きました。山梨県にある桜の名所をバスを使って巡りました。あいにくの雨でしたが、途中からは止みました。
 まず最初に訪れたのは実相寺。ここには樹齢2000年とも言われている神代桜があります。
 雨がしとしとと降っていたので、いっぺんにたくさんのレンズは持っていけないと判断し、1つレンズを持ってバスに戻り、次のレンズを持ってくるという作戦にしました。まずは、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDをつけ撮影に。
 ピントを外した写真はなるべく撮りたくなかったので、第2回で紹介した、a2:AF-Sモード時の優先を「フォーカス」にし、測距点でのピントが合わないとシャッターが切れないようにしました。(後でいろいろやってみると優先を「フォーカス」にしても、5点以上のモードであるとシャッターは切れるようです)

 まずは、しだれ桜(?)の写真です。F6.3にしてピントが合う範囲を広めにしています。花びら1枚1枚が見事に解像されていますが70mmで1/25秒にしてしまっていた(ハイキーで撮っていたのでシャッタースピードが遅くなっていました)ので、等倍にするとブレがあります。いつも撮影後にモニターを見てしまったと思うのですが、D810で撮影する場合は、シャッタースピードには本当に気をつけないといけません。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
焦点距離:
70.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/25秒
絞り数値:
F6.3
ISO感度:
320
ホワイトバランス:
Auto1


 2枚目は満開の花びらを70mmで撮影しました。背景に桜とスイセンの葉の青を入れました。こちらも1/25秒だったのでブレが目立つ結果になりました。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
焦点距離:
70.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/25秒
絞り数値:
F6.3
ISO感度:
320
ホワイトバランス:
Auto1


 その後神代桜方面に行ったのですが、24mmでは近くからでは桜の全景が撮れそうもないのが分かりましたので一旦バスに戻り、AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDに付け替えて再度撮影に。
 3枚目は神代桜ではなく幹に近づける木を選び下から見上げる形で撮影しました。レンズに雨が入らないか心配しながらの撮影でしたが結果は失敗でした(^^;;、魚眼レンズのようにレンズが繰り出している形なので雨に当たりやすいのがあったのかもしれません。後は曇が白いので露出を明るくしてしまうと、桜の花と同化してしまうので露出が難しかったです。結果は暗めの写真になってしまいました。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
焦点距離:
14.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/250秒
絞り数値:
F5.0
ISO感度:
160
ホワイトバランス:
Auto1


 4枚目は実相寺の日蓮像を桜と一緒に撮影しました。水滴がレンズについている影響はありますが、ピントを合わせた銅像の質感が良く出ていると思います。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
焦点距離:
24.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F5.0
ISO感度:
160
ホワイトバランス:
Auto1


 最後は趣を変えて、灯篭についていた苔を撮影しました。色の濃さを強調するために少しアンダー気味にしました。かなり細かい周波数の被写体ですが、ピントがあっている部分はきれいに解像しています。このような被写体を撮影するとD810の能力の高さが良く分かります。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
焦点距離:
24.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/40秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
500
ホワイトバランス:
Auto1


~続く~
~注目製品レビュー~ニコンD810編~
http://ganref.jp/common/monitor/nikon/d810/review.html

コメント(1,000文字以内)

同じ機材で撮影された写真

GOLD 2

モノクロ。

GANREF Point
169683
Next Point
80317
メインカメラ
EOS 7D Mark II

プロフィール

キヤノンEFレンズを体感するヒコーキ撮影会のレビュワーに選ばれました (...

↑ページの先頭へ