Please wait... loading

注目製品レビュー~ニコンD810編~第20回D810で動物園を撮影その1~

現在表示しているページ
ホーム > モノクロ。さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2015年5月 > 注目製品レビュー~ニコンD810編~第20回D810で動物園を撮影その1~

投稿日:2015/05/13

レビューした機材・用品 ニコン D810 ニコン D810
 第20回はD810による動物園での動物の撮影です。

 横浜市にあるよこはま動物園ズーラシアに行きました。ズーラシアは1999年開園ですが私は行くのは初めてでした。身近な名所ほどなかなか行かないものとも言われますが、訪れた後なぜ今まで行かなかったんだろうと多少後悔することに。

 市の施設ということもあり、53.3haと東京ディズニーランドとほぼ同じ面積ながら入園料は600円(4/22にアフリカのサバンナが全面開園したため800円に)と格安です。当日は家族連れが多く訪れていました。
 4/22のアフリカのサバンナの全面開園前に訪れたのですが、それでも1日では回りきれず、全面開園後にもう一度訪れやっと回りきることができました。本当に見ごたえがあります。

 初日はあいにく曇り模様でした。まずは入り口の近くでゾウを見ました。丁度飼育員さんの説明がある時間帯だったので聞きながら写真を撮っていました。丁度恋の季節のようで雄と雌がスキンシップをしているシーンを撮ることができました。アップにすると良くわかるのですがゾウの肌の質感が良く表現されていると思います。(特にジャスピンの部分)
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
300.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/640秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
1000
ホワイトバランス:
Auto1

 このときはマニュアル露出で撮影をしつつ少し明るめに写るように露出を調整していました。AFの測距点はダイナミック9点を選択しています。

 次の写真はオラウータンです。訪れたときはガラスを挟んで目の前にいたのですが、室内なので暗いのと、撮影していたレンズがAF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRでAF時の最短撮影距離が1.75mなのでピントが合わせられず断念。室外に出たところを見計らって撮影しました。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
400.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Auto1

 今回はガラス越しに動物が近づいてくる場面も多かったのでシャッターチャンスもあったのですが最短撮影距離の影響でピントが合わない場面がありました。Canonの競合するレンズEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMはⅡ型になって最短撮影距離が0.98mになりましたので、この点ではアドバンテージがあるかもしれません。ガラス越しなのでコントラストが多少落ちていますが、現像の際にコントラストを調整すればある程度はカバーができそうな感じがします。

 ズーラシアにいるトラはスマトラトラ(インドネシアのスマトラ島に生息)です。当日は1頭展示されていたのですが、活発に動き回っており、ガラス越しで目の前に来ることも多く、多くの訪れた方が喜んでいました。シャッターチャンスもあったのですが前述の最短撮影距離の関係もありアップの写真ではうまくピントを合わせられませんでした。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
310.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Shutter speed priority AE
シャッタースピード:
1/800秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
4000
ホワイトバランス:
Auto1

 写真は遠くから近づいてくるトラを正面から撮ったものです。暗めの環境だったので、ここからはシャッター優先・マルチパターン測光でカメラ任せで撮影をしました。結果ISO4000と高感度のものになりましたが、コントラストが非常に高くくっきりしている中に線の細さが伺えます。カラーノイズを含めたノイズも目立たず解像感も落ちていません。


 今回のレンズの開放のF値が4.5~5.6だったので金網越しの撮影では影響が出ました。例えばこの2枚です。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
400.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Shutter speed priority AE
シャッタースピード:
1/800秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
4000
ホワイトバランス:
Auto1

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
400.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Shutter speed priority AE
シャッタースピード:
1/320秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
2800
ホワイトバランス:
Auto1

 金網が前ボケとして残ってしまい、主役の動物に被ってしまっています。F値を大きくすると金網の影響をより少なくすることができるので、動物園での撮影では明るい望遠レンズが必要ではないかと思いました。機会があれば試してみたいと思います。


~2015/5/14追記~
 レビュー期間中に掲載される最後のレビュー記事なのでこちらに追記します。
このたびはD810レビューに参加させていただき、私自身非常にためになりました。フルサイズのカメラを本格的に使うこと、14mm-24mmという超広角の世界も初体験でした。経験不足は否めせんでしたが、レビューということで普段撮影していない被写体にも挑戦でき、新たにテーマとしたい分野(動物園)も見出すことができました。
 このような素晴らしいレビューを企画していただいた、GANREF編集部様、ニコンイメージング様ありがとうございました。
 またレビュアーのmykaoruさん、闇夜の流離人さん、siraさん、藍川 水月さん、greenさん、駄馬なんですさん、ましゅまろさんありがとうございました。皆様と交流をさせていただき新たな気付きを得ることができました。今後に生かして生きたいと思います。
 ひとまず区切りとなりますが、まだ題材が残っていますのでレビューは続けて生きたいと思います。お付き合いいただけると幸いです。

~続く~
~注目製品レビュー~ニコンD810編~
http://ganref.jp/common/monitor/nikon/d810/review.html

~続きのレビュー~
注目製品レビュー~ニコンD810編~第21回D810で動物園を撮影その2~
http://ganref.jp/m/ux3blust/reviews_and_diaries/review/8451
注目製品レビュー~ニコンD810編~第22回D810でバードショー(動物園)を撮影その3~
http://ganref.jp/m/ux3blust/reviews_and_diaries/review/8458
注目製品レビュー~ニコンD810編~第23回D810で動物園のアフリカのサバンナを撮影その4~
http://ganref.jp/m/ux3blust/reviews_and_diaries/review/8464
注目製品レビュー~ニコンD810編~第24回D810のマルチパターン測光の弱点(動物園のアフリカのサバンナを撮影その5)~
http://ganref.jp/m/ux3blust/reviews_and_diaries/review/8470
注目製品レビュー~ニコンD810編~第25回D810で周波数の高い被写体を撮影(あしかがフラワーパークその1)~
http://ganref.jp/m/ux3blust/reviews_and_diaries/review/8486

コメント(1,000文字以内)

2件中 1〜2件目

モノクロ。
藍川 水月さん
こんばんは。コメントありがとうございます。
前ボケが写らなければバッチリのシーンなのですが。
良いレンズなのですが、動物園では不向きかもしれません。

2015年05月14日 21:50

藍川 水月
400mmでも、F5.6だとさすがに金網写っちゃいますね^^;
とはいえ、これだけ大きく顔なんかを写せるのは魅力ですね。

2015年05月14日 14:38

2件中 1〜2件目

同じ機材で撮影された写真

GOLD 2

モノクロ。

GANREF Point
169683
Next Point
80317
メインカメラ
EOS 7D Mark II

プロフィール

キヤノンEFレンズを体感するヒコーキ撮影会のレビュワーに選ばれました (...

↑ページの先頭へ