「風景写真」の悩みをRAW現像で解決!写真家 中西敏貴の“仕上げ方”

ユーザー作例写真募集 アドビ公式セミナーで公開

当企画に多数ご応募いただきありがとうございました。
現在、講師 中西敏貴さんにアドバイスしてもらう作例をセレクト中です。
採用の作者には近日メールで連絡しますのでご対応をよろしくお願いします。
メール連絡がない方は今回は不採用となりますことご了承ください。
1月31日(日)の講師 中西敏貴さん・アドビオンラインセミナー受講について申し込み受付中です。下記ページでお申し込みください。
https://v2.nex-pro.com/campaign/19863/apply

RAW現像で悩んでいる写真はありませんか?
あなたの目指すイメージをもとにプロ写真家がアドバイスします。ユーザーが撮影した写真をプロが仕上げるとどうなるか、プロの考え方と仕上げテクニックを余さず披露します。アドビのフォトプラン(Lightroom・Lightroom Classic・Photoshop)での作品の仕上げ方を学びましょう。プロ写真家のアドバイスを受けてみたい写真をふるってご応募ください!

採用写真は、プロ写真家がアドビ公式オンラインセミナーで
本気で仕上げてくれます! お楽しみに!

オンラインセミナー画面

画面は2020年11月19日ライブ配信した「中西敏貴氏による「写真家が語る『物語を伝える』写真のつくりかた

  • あなたの写真をプロがRAW現像するとこうなる!
  • 写真家 中西敏貴さんから直々にアドバイスしてもらえます!
  • アドビのフォトプラン(Lightroom, Lightroom ClassicやPhotoshop)での仕上げ方が学べます!
  • 1月31日(日)20-21時にアドビ公式でライブ配信
  • 採用写真には謝礼進呈(10,000円ギフト券)

あなたの写真にアドバイスしてくれるのは写真家 中西敏貴さん

中西敏貴中西敏貴 Toshiki Nakanishi
1971年大阪生まれ。1989年頃から北海道へと通い続け、2012年に撮影拠点である美瑛町へ移住。そこに住まう者としての視点を重視し、農の風景とそこに暮らす人々をモチーフに作品制作を行ってきた。現在は大雪山とその麓に広がる原生林にも意識を広げ、人と自然との関わりを写真によって描き出す作業を続けている。主な個展に「光の彩」キヤノンギャラリー(東京2012年)、「ORDINARY」リコーイメージングスクエア(東京2016年)、「Design」弘重ギャラリー(東京2017年)、「Signs」NineGallery(東京2019年)、「Kamuy」キヤノンギャラリーS(東京 2020年)。主な写真集に「ORDINARY」(風景写真出版2016年)、「Design」(キヤノンDreamLabo5000 2017年)、「FARMLANDSCAPE」(青菁社2019年)、「カムイ」(玄光社 2020年)などがある。

「冬景色」「水辺の景色」を中心に風景写真をご応募ください!

  • 応募受付〆切:2021年1月12日(火)昼12時
  • まずはJPEGで応募いただき、採用写真はRAWをお送りいただきます
  • 応募JPEGはカメラ記録ままの状態でも現像で悩んだ結果でもOK
  • ひとり10枚まで応募可能
  • 採用候補写真の作者には1月中旬にGANREF編集部からメールで連絡します

応募受付は終了しました