α7Sの掲示板

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > デジタル一眼レフカメラ > ソニー > α7S > 掲示板

α7Sの掲示板 [更新日順: 1/1件]

前へ
次へ

1件中 1〜1件目

質問なんでも好き勝手に語ろう!

更新日: 2016/08/28 18:29 | 参考になった合計: 8 | コメント数: 6

最新のコメントへ

皆さんはこの機材について、特にどの辺りに魅力を感じますか?
機能や性能など、気になる部分について好き勝手に語ってください。
「新しいトピックを投稿するほどでもないなぁ」という質問や「買っちゃいました」報告、役に立つ情報、役に立たない独り言も大歓迎です!

この投稿に返信する

投稿日: 2015/05/16 13:00 参考になった: 1
001
マニア
4K動画が本体で記録できない仕様なのは残念ですね・・。

推測ですが、記録できる画質は低くても元のデータはものすごく大きいせいなんでしょうね。
カメラ本体での元の大きなデータを圧縮する処理が追いつかないせいではないかと。

XAVCSでフルHDが撮れれば、現状ではまあいいかと思います(AVC-HDの上限28Mbpsでは圧縮が強すぎて圧縮ノイズがひどく、XAVCSの50Mbpsだと圧縮処理が少なくなってやっと本領発揮かと)

高感度は天体写真の専門家の方々の評価が聞きたいですね。

最大ISO409600といっても、どの程度使いものになるのか。

12800程度で使ったときにどの程度の画質になるのか。

私は星写真専門でないので、待ってました!とはならないものの興味は非常にあるというのが本音です。


この投稿に返信する

投稿日: 2014/05/16 15:12 参考になった: 1
002
ken2
  • ken2
  • メインカメラ


    D800E
もっとも興味があるのが高感度性能です。
星空にどれくらいまで使えるでしょうか。

ソニーのこのシリーズのレンズは、広角が暗いものばかりなので、アダプタ使用で他社の明るいレンズを使うというのが良いかもしれませんが、少なくともISO52000が実用になるのなら、導入も視野に入れたいと思います。星撮り専用に。

あ、でも23万は高いなぁ(爆)

この投稿に返信する

投稿日: 2014/05/16 16:53 参考になった: 1
004
デジカメinfoにISO 1600から409600の動画あり 笑うしかないですね
サエレント・シャッターは、良いと感じます
値段が、やはりそれなりに高価 でも 連写速度は遅い 99Ⅱも発売になるようですね

この投稿に返信する

投稿日: 2014/05/17 03:31 参考になった: 0
005
Sada_01
  • Sada_01
  • メインカメラ


    α7R
  • α7Sを持っている
4K動画には興味ありませんが、高感度番長として導入の予定です。ニコンDFとの画質の比較が気になります。400万画素の差がでるのかなぁ?

この投稿に返信する

投稿日: 2014/05/18 00:19 参考になった: 0
006
マニア
高感度と画素数の少なさ、気になりますよね~!

専門家の皆様がどの程度の高感度まで許容範囲と捉えるのか。

Dfのセンサーは画素数が少ないのによく写るのはローパスフィルターに秘密があるという記事を読んだことがあります。

いいローパスフィルターは高いらしいですね。

キヤノンもEOS1D系が画素数が少ないのはローパスフィルターに予算をかけるとよく写るからというニコンと同じ理由のようです。

また、4K動画を撮影できるようにするために全画素読み出しができるようですが、全画素読み出しができるということはセンサーからの高速読み出しが可能ということになります。高速読み出しも高画質にできる要素のひとつのようなので、静止画でもどれほど影響が出るのか知りたいですね。
サイレントモードも全画素読み出しの恩恵ですね。

この投稿に返信する

投稿日: 2014/05/18 00:38 参考になった: 3
007
kumagolo
  • kumagolo
  • メインカメラ


    EOS 5D Mark II
  • α7Sを持っている
個人的には期待しています。
但し、「ビデオカメラ」としての性能ですが。
高画質・高感度・高画素数の「スチルカメラ」でしたら、現行の高級デジタル一眼レフの性能で充分と感じています。
自分もとりあえず星屋ですから、これは天体写真撮影での話です。
星野写真や星景写真では、画像素子の蓄光機能を利用して、(通常の撮影と比べて)長時間露光をすることによって暗い星まで写します。(恒星等は短時間変化が無い光源です。)
これに対し「流星写真」は蓄光機能が利用できません。流星は一瞬だけ光る光源ですから。
参考までに5D MarkIIで撮影した流星のスチル写真を載せます。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 5D Mark II
焦点距離:
24.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Unknown (9)
シャッタースピード:
4秒
絞り数値:
F1.4
ISO感度:
12800

暗い流星を写すには超高感度が必要になります。ですからISO 409600は気になります。
更にビデオ撮影では前述した特徴が顕著に現れます。ロシア隕石のような大火球は別として、暗い流星は特殊なビデオ撮影装置(Watecの超高感度カメラ等)を用いないと写りません。
ですから 4K画質で ISO 409600 のビデオカメラの登場!
これは期待度が高いです。

この投稿に返信する

投稿日: 2014/06/06 08:09 参考になった: 2

[↑ トピックの先頭へ ]

1件中 1〜1件目

関連写真

このカメラで撮影された写真