AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF):ニコン(nikon)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > レンズ > ニコン > AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)

AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)のレビュー・撮影記

もっと見る

AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)のGANREFマガジン最新記事

定番望遠ズーム対決は横綱クラスのハイレベルな戦い

望遠ズームの本命は、なんといっても70~200mm。ホットゾーンゆえに秀逸なレンズも数多く、今回の2本の対決は、まさに“竜虎相打つ”といった比喩があてはまる一戦だ。 

公開日: 2009年04月07日

AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)の掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 63
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 555

AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)の新着写真

AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)のマガジン記事

定番望遠ズーム対決は横綱クラスのハイレベルな戦い

公開日: 2009年04月07日

望遠ズームの本命は、なんといっても70~200mm。使い勝手のいい焦点域であり、人物からネイチャーまで撮影ジャンルを問わない。ホットゾーンゆえに秀逸なレンズも数多く、今回の2本の対決は、まさに“竜虎相打つ”といった比喩があてはまる一戦だ。

写真・文:高橋良輔(通称:カメ高)

 

実勢価格の差は約10万円也! 性能差をしっかりと確かめたい

 望遠レンズの定番といえば70~200mmだ。APS-Cサイズでもよし、フルサイズでもOK。中望遠から望遠までを手持ちでガンガン撮影できるフットワークのよさが人気の秘密といえる。また、70~200mmのF2.8クラスは各メーカーの威信がかかるために名玉も数多い。
 そんな状況を承知のうえでニコン純正のAF-SVR Zoom Nikkor ED 70~200mm F2.8G(IF)に真っ向勝負を挑むシグマ APO 70-200mmF2.8 EX DG /HSM。超音波モーターであるHSMを内蔵し(ペンタックス・コニカミノルタモデルを除く)、先進性でも負けてはいない。手ぶれ補正機構は搭載していないが、そのぶんレンズ構成が簡素にでき、小型化に成功している。ニコン純正は全長215mm。対するシグマ製は184mm。ほんの3cmほどの差だが、収納するカメラバッグの大きさを大きく左右する。
 また標準価格以上に、実勢価格に差がある。その差は約10万円。ラクにニコン D70sのボディが買える。ここは大きい。そんな2本をD70sに装着して比較していく。

ニコン VS シグマ

ニコンAF-S VR Zoom Nikkor ED 70~200mm F2.8(IF)
80~200mmをそのルーツにもち、数々の変更を経て熟成された望遠ズームの決定版。レンズ構成はもとより、フードの取り付けにいたるまで細かい気配りがなされている
◎標準価格:283,500円
◎実勢価格:225,000円前後
http://www.nikon.co.jp/
シグマAPO 70-200mm F2.8 EX DG /HSM
純正以外では唯一となる超音波モーター搭載モデルだ。また価格面でも大きな優位性をもち、同クラスのどの純正レンズと比較しても圧倒的に安い
◎標準価格:152,250円
◎実勢価格:120,000円前後
http://www.sigma-photo.co.jp/

レンズ繰り出し時

レンズ繰り出し時
フォーカス群はすべてインナーフォーカス式、さらにインナーズームのため、全長に変化はない。加えてレンズ鏡胴部もすべて非回転だ
レンズ繰り出し時
シグマもニコン同様、インナーフォーカスに、インナーズームという方式を採用しているため、フォーカス時、ズーム時ともに全長の変化はない

レンズ構成図

レンズ構成図
EDレンズ
レンズ構成15群21枚
最短撮影距離[AF時]1.5m、[MF時]1.4m
最大撮影倍率[AF時]1:6.1、[MF時]1:5.6
フィルター径φ77mm
最大径×全長φ87(最大径)×
215(長さ)mm
重さ重さ 1,470g(1,395g:三脚座取り外し時)
レンズ構成図
SLDレンズ
レンズ構成14群17枚
最短撮影距離1.8m
最大撮影倍率1:7.8
フィルター径φ77mm
最大径×全長φ86.2(最大径)×
184(長さ)mm
重さ重さ 1,270g

MTF曲線

MTF曲線
※グラフ左がワイド端、右がテレ端
MTF曲線
※グラフ左がワイド端、右がテレ端
MTF曲線
まさにグラフ上部に張りつくような10本/mmの特性曲線。コントラストの高さをねらった設計がみえる。とくに望遠側の数値はすさまじい
MTF曲線
コントラストではややニコンに及ばない印象もあるが、曲線の並びがよく、描写性能はきわめて素直な印象だ。解像力も一定以上で期待大
 

レンズよもやま話

多くのレンズに使用されている特殊光学ガラスの歴史は古く、1951年にさかのぼる。ランタンやトリウムなどの稀土類を用い製造する方法が考案され、日本光学工業(当時)を中心とする5社によって始められた。デジタル時代の到来はそれから50年後だ。

デジタルカメラマガジン2005年12月号掲載

参考になった: 30

この記事のURL:https://ganref.jp/items/lens/nikon/117#imp_175

関連写真

このレンズで撮影された写真


↑ページの先頭へ