AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G:ニコン(nikon)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > レンズ > ニコン > AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4Gのレビュー・撮影記

もっと見る

祭日は温泉~♪

カメラ: D3X

レンズ: AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4GのGANREFマガジン最新記事

ニコン、デジタル一眼レフカメラ「D7000」、新レンズ2本などを発表

株式会社ニコンの子会社、株式会社ニコンイメージングジャパンは、9月15日、DXフォーマットの中級機「D7000」、FXフォーマット対応レンズ「AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II」「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」の2本、およびスピードライト「SB-700」を発表した。

公開日: 2010年09月15日

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4Gの掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 136
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 186

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4Gの新着写真

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4Gのマガジン記事

ニコン、デジタル一眼レフカメラ「D7000」、新レンズ2本などを発表

公開日: 2010年09月15日

「D7000」(AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR装着時)

「D7000」(AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR装着時)

「AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II」

「AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II」

「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

 株式会社ニコンの子会社、株式会社ニコンイメージングジャパンは、9月15日、DXフォーマットの中級機「D7000」、FXフォーマット対応レンズ「AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II」「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」の2本、およびスピードライト「SB-700」を発表した。

ファインダー視野率や測光精度、オートフォーカスなどプロ機に迫る中級機

 「D7000」は、「D300」「D300S」のような本格派の風格と「D90」のような軽快さを兼ね備えたミドルクラス向けのデジタル一眼レフカメラだ。
 撮像素子は有効画素数約1,620万画素CMOSセンサー(APS-Cサイズ)を搭載。常用ISO感度はISO 100~6400まで拡大され(「D90」「D300S」はISO 200~3200)、さらにHi2(ISO 25600相当)までの増感設定も可能となっている。
 測光センサーは2016分割RGBセンサーが搭載され(「D300S」は1005分割、「D90」は420分割)、測光やシーン認識システムの精度向上を実現しているという。
 輝度差の大きいシーンで白飛び、黒つぶれを抑える効果がある「アクティブD-ライティング」にも新しい画像処理方式を採用。従来機では空のグラデーションなどに「アクティブD-ライティング」を適用させた際に暗部を持ち上げることによる色相のずれなどが起きるケースがあったが、この現象を防ぐために画像処理の回路が変更された。
 そのほか、通常のオートホワイトバランスとは別に、照明光の雰囲気を残した制御ができる新しいオートホワイトバランスの搭載、「D90」では11点だったフォーカスポイントを39点(うち中央9点がクロスセンサー)に変更、「D90」では約4.5コマ/秒だった連写速度を約6コマ/秒に高速化、動画撮影機能「Dムービー」のフルHD対応など、各所で基本性能の向上が図られている。
 また、水準器表示機能や静音撮影モード、クリエイティブライティングシステム対応のコマンダー機能、画像・動画編集機能など、従来の機種で好評だった機能も引き続き搭載されている。

 ボディの上面と背面部には軽量かつ堅牢性に優れたマグネシウム合金を採用。ファインダーは視野率約100%、倍率は約0.94倍となっている。またメモリーカードスロットはSDメモリーカードダブルスロットに変更されている。バッテリーは2011年に施行される「電気用品安全法」充電池規制に対応した「Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL15」に変更された。
 大きさは約132×105×77mm(W×H×D)、重さは本体のみで約690g。背面液晶モニターのスペックは「D300S」「D90」と同様、3型、約92万ドットとなっている。

 ラインアップはボディ単体のほか、「AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR」が付属する「18-105VR レンズキット」、「AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II」が付属する「18-200VRII レンズキット」が用意される。

“ナノクリ”が施されたFXフォーマット対応大口径レンズ

 「AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II」「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」はともに、ゴースト、フレアを効果的に低減する「ナノクリスタルコート」が施された、FXフォーマット対応の大口径単焦点レンズだ。
 「AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II」は、シャッタースピード約4段分のぶれ軽減効果が期待できる手ぶれ補正機構VR IIを搭載。フォーカスモードには、M/A(マニュアル優先オートフォーカス)、M(マニュアル)に加えて、M/Aに比べマニュアルに切り替わる感度を下げることで不用意にオートからマニュアルに切り替わることを防止したA/M(オート優先オートフォーカス)が搭載された。
 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」は新規光学設計でフレア、コマ収差を徹底的に補正した光学性能を持ち、また開放絞りでの高解像力と自然なぼけ形状を両立させたという。

マスターとしても使用できるスピードライト「SB-700」

 「SB-700」は、「SB-600」と「SB-900」の間のクラスに位置するスピードライトだ。クリエイティブライティングシステムに対応し、「SB-600」同様に同システムに対応したカメラボディやスピードライトを使用してワイヤレスでリモートコントロールができるほか、「SB-600」ではできなかったマスターのスピードライトとしても使用でき、リモートに使用するスピードライトを2つのグループに分けて光量比をコントロールするクイックワイヤレスコントロールモードを搭載している。また、発光部前面に装着するハードタイプのカラーフィルターが同梱されている。
 外観については、「見てわかる」「使ってかんたん」を目指したLCDデザイン、スイッチレイアウトとなっており、スリーステップ操作で簡単に設定できるようになっているという。
 ガイドナンバーは25/28/30[EVEN/STD/CW](35mm・FX配光時、ISO 100・m)、最大ガイドナンバー38(ISO 100・m/STD・FX配光120mm時)。バウンス角度は垂直方向が上方向90度~正面0度~下方向7度、水平方向が左方向180度~右方向180度となっている。
 大きさは71×126×104.5mm(W×H×D)、重さは本体のみで約360g。

 今回発表された各製品の発売予定日と価格は下にある表のとおりとなっている。

レポート:GANREF編集部

カメラ
製品名 希望小売価格
(予想実勢価格)
発売予定日
D7000 ボディ オープン価格
(140,000円前後)
2010年10月29日
18-105VR レンズキット オープン価格
(180,000円前後)
2010年10月29日
18-200VRII レンズキット オープン価格
(230,000円前後)
2010年10月29日
レンズ・スピードライト
製品名 希望小売価格
(税込み)
発売予定日
AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II 861,000円 2010年10月1日
AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G 241,500円 2010年11月19日
SB-700 44,100円 2010年11月下旬
「D7000」(正面)

「D7000」(正面)

「D7000」(背面)

「D7000」(背面)

「D7000」(上面・AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR装着時)

「D7000」(上面・AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR装着時)

「D7000」(端子カバー側・AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR装着時)

「D7000」(端子カバー側・AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR装着時)

「D7000」(グリップ側・AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR装着時)

「D7000」(グリップ側・AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR装着時)

「D7000」(マルチパワーバッテリーパック MB-D11+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR装着時)

「D7000」(マルチパワーバッテリーパック MB-D11+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR装着時)

「AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II」

「AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II」

「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

 
「SB-700」

「SB-700」

「SB-700」(背面)

「SB-700」(背面)

「SB-700」(D7000装着時)

「SB-700」(D7000装着時)

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 4

この記事のURL:https://ganref.jp/items/lens/nikon/2012#imp_383

関連写真

このレンズで撮影された写真


↑ページの先頭へ