DT 16-105mm F3.5-5.6:ソニー(sony)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > レンズ > ソニー > DT 16-105mm F3.5-5.6

DT 16-105mm F3.5-5.6のレビュー・撮影記

もっと見る

ダイヤの残照

カメラ: α700

レンズ: DT 16-105mm F3.5-5.6

DT 16-105mm F3.5-5.6のGANREFマガジン最新記事

あこがれのカール ツァイスは買うべきか?

今回は16mmスタートのソニー純正標準ズーム2本の実力をα700で検証してみることにした。 

公開日: 2009年08月27日

DT 16-105mm F3.5-5.6の掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 15
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 138

DT 16-105mm F3.5-5.6の新着写真

DT 16-105mm F3.5-5.6のマガジン記事

あこがれのカール ツァイスは買うべきか?

公開日: 2009年08月27日

相次ぐ新製品の発表で盛り上がるソニー αシリーズ。同時にレンズの新製品も続々と発表され、レンズラインアップは拡充の一途をたどる。急ピッチで新製品が追加されていることから、焦点距離が重複するケースもあり、とくに標準ズームと呼ばれるものは3本ある。今回はそのなかから16mmスタートの2本の実力をα700で検証してみることにした。

写真・文:高橋良輔(通称:カメ高)

 

ズーム比かブランドか? 悩み多き標準ズーム選び

 いまやAPS-Cサイズ用の標準ズームも16~17mmスタートがスタンダードとなりつつあり、18mmスタートのものは廉価版クラスに属することが多くなってきた。ソニーでは一眼レフメーカーとして後発であることのメリットを活かし、いち早く、標準レンズの16mm化を推進。いまや2本の16mmスタート標準ズームをもつ。またそれらの性格づけも明確であり、スタンダードなDT 16-105mm F3.5-5.6(以下16-105mm)に対して、カール ツァイスブランドのVario-Sonnar T*DT 16-80mm F3.5-F4.5 ZA(以下16-80mm)を用意。シリーズ内でのキャラクター設定にも配慮がなされている。しかし価格的には両者の差は約3万円と、思うほど大きくはなく、ほかのカール ツァイスレンズと比較しても16-80mmは手が届かない値段ではない。そこで、αユーザーのために標準ズームレンズの選択にヒントをプレゼントしたい。

ソニー VS ソニー カール ツァイス

ソニー DT 16-105mm F3.5-5.6
35mm判換算で、24~157.5mm相当をカバーする、約6.6倍のズーム比をもつ標準ズーム。α700とともに登場した。インターナルフォーカシング方式や円形絞りを採用し、EDガラス1枚と非球面レンズ2枚を使用
◎標準価格:73,500円
◎実勢価格:53,000円前後
◎発売時期:2007年11月
ソニー カール ツァイス Vario-Sonnar T*DT 16-80mm F3.5-F4.5 ZA
35mm判換算で24~120mm相当の領域をカバーする標準ズーム。7枚の円形絞りを採用して、ぼけにこだわった1本として定評がある。5倍のズーム比がありながらコンパクトな設計だ
◎標準価格:103,950円
◎実勢価格:84,000円前後
◎発売時期:2007年3月

レンズ繰り出し時

ソニー レンズ繰り出し時
収納時は16-80mmと大差なく、取り間違えてしまうほどだが、最望遠時には2段式で鏡胴部が伸びて繰り出される。しかしフォーカシングによるピントリングの回転はなく、動作面での品位は高い。同じグループのDT 18-70mm F3.5-F5.6と比較すると歴然としたものがある
ソニー カール ツァイス レンズ繰り出し時
繰り出し部は1段式で、スーッと80mm側まで一気に伸びる。動きそのものもスムーズであり、操作性はすこぶるよい。焦点距離の数字などのタイポグラフィもツァイス専用のものが使われており、全体に品格をかもし出す手法がとられている。心にくい演出のひとつ

レンズ構成図

ソニー レンズ構成図
非球面レンズED(特殊低分散)ガラス
レンズ構成11群15枚
最短撮影距離0.4m
最大撮影倍率0.23倍
フィルター径φ62m
最大径×全長φ72×83mm
重さ470g
ソニー カール ツァイス レンズ構成図
非球面レンズ
レンズ構成10群14枚
最短撮影距離0.35m
最大撮影倍率0.24倍
フィルター径φ62m
最大径×全長φ72×83mm
重さ445g

MTF曲線

ソニー MTF曲線
※S:放射線上、M:同心円上
※グラフの縦軸はコントラスト、横軸は画面中心からの距離(単位:mm)を表しています

16mmの開放時には30本/mmの曲線が波打つが、105mm時には全体的に良好なコントラストがある
ソニー カール ツァイス MTF曲線
※S:放射線上、M:同心円上
※グラフの縦軸はコントラスト、横軸は画面中心からの距離(単位:mm)を表しています

16mmの開放時でも比較的像面の平坦性は保たれている。また80mm時の曲線はすばらしいグラフになっている
 

レンズよもやま話

球面収差を少なくするもっとも簡単な方法とは、レンズの有効径を小さくすることだ。しかし入射光が減少してしまうためこの方法にも限界がある。

デジタルカメラマガジン2008年03月号掲載

参考になった: 34

この記事のURL:https://ganref.jp/items/lens/sony/231#imp_301


↑ページの先頭へ