Please wait... loading

ドスパラ raytrek ZQ レビュー RAID1と4台HDDを使ったRAID5で写真も動画も安心保存

現在表示しているページ
ホーム > 廣島 宗毅さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年6月 > ドスパラ raytrek ZQ レビュー RAID1と4台HDDを使ったRAID5で写真も動画も安心保存

投稿日:2019/06/29

レビューした機材・用品 ドスパラ raytrek ZQ  ドスパラ raytrek ZQ
ドスパラ raytrek ZQ  機材レビュー


■本体付属のソフトウエアの内容を確認します。



ソフトウエアが入っているCDは全部で4枚あります。

・NVIDIAのビデオカード用のドライバーが入ったCD
本体の再インストールなど行わない限り使わないと思われます。

・PowerDVD14
本体付属のDVDスーパーマルチドライブ (DVD±R DL 対応)に着いてきたと思われるハンドルソフトウエアになります。
バージョンが少し古いので、インストールしたら新しいのを買いましょうというPOPが必ず出てきそうですね(^_^;

・Window10
こちらも再インストールすることが無ければ使う事も無いでしょう。
ハードウエアRAIDを使う場合には、OSのインストールから始める必要が出てくるのでそういったときにはすぐに使う事になったりもします。

・asrock Z390 Phantom Gaming 4マザーボード系ソフトウエア
こちらが一番重要なソフトウエアが入ったCDです。
特にASRock Phantom Gaming Tuningと、ASRock APP ショップはぜひインストールしたいソフトウエアです。

基本的に、CDを挿入しスクリーンショットのようにDriver&Softwareメニューを選択すると赤丸にあるLive Updateボタンを押すだけでインストール済みのソフトウエアを自動更新してくれます。

「ASRock APP ショップ」をインストールするとビジュアル的にインストール可能なアプリを表示とインストールできるのと、BIOSやソフトウエアの更新もボタン一つで可能なので、こちらのソフトウエアは必ずインストールするのをお勧めします。
※設定で日本語にすることも可能!

「ASRock Phantom Gaming Tuning」はOCやFANの回転速度を調整できるアプリです。お任せ設定で(パフォーマンス、標準、ECO)から設定を選ぶ事もできます。




■「ASRock Phantom Gaming Tuning」をもう少し詳しく紹介


・詳細なOCの設定も可能。
設定内容は私にはちんぷんかんぷんです(--;)

・FANはCPUとケースの設定が可能です。
温度センサーの基準をマザーボードの温度にするかCPU温度にするかも選べたりします。

・状態確認もできます。

・無駄に便利なアイテムもあります。
再起動時などF2ボタンを連打為ずとも、BIOS画面と言ってしまうのですがUEFI画面に自動で移行できる「Restart to UEFI」というアプリもあります。すぐに再起動を開始するコマンドもあるので、気をつけて下さい!




■UEFI(BIOS)の画面

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS Kiss X6i
レンズ:
キヤノン EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
焦点距離:
35.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F4.5
ISO感度:
1000
ホワイトバランス:
Auto

日本語でビジュアル的に表示される時代になって、本当にパソコンは便利になりました。以前までの英語と青画面は恐怖以外の何者でも無かったので…(^_^;
RAIDモードにするかここで選べますが、ハードウエアRAIDで起動させるには確かWindowのインストールから始める必要性があるので、あくまでデータ保存用のアーカイブ的な保管場所をRAIDで作りたいなら、無難にソフトウエアRAIDが良いのかなと思っています。




■スクリューレスタイプの3.5/2.5インチベイに3.5インチHDDを取り付けてみよう

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS Kiss X6i
レンズ:
キヤノン EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
焦点距離:
35.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F4.5
ISO感度:
1000
ホワイトバランス:
Auto

この際なので8階建ての高層マンションの空き部屋に、お二人さんを入居させてみます。
本来、NASなど常時稼働するシステムに使うHDDにはもっと良いのを使えば良いのですが4TBで格安で購入できたのでこちらを二台使って、RAID1のミラーリングモードで構築したいと思います。
格安と言ってもチャンとした2年保証もありますし、ソフトウエアでHDDの状態確認も簡単にできることから将来の故障の予防もできるので、そこまで神経質にHDDを選ぶ必要性が少なくなったとも言えます。

スクリューレスタイプの3.5/2.5インチベイを本体から、爪を挟んで抜き取ります。
はてさて…どうやってセットするのか悩みましたがベイの裏を見ると左右に広がりそうな未来が見えたので、恐る恐る左右に手で引っ張ってみることに。
そしたら予想通り、ケースが左右に広がって開いたので私の見聞色はなかなかのモノのようです^^;

ベイにある杭をHDDの左右にあるネジ穴めがけて固定するように、開いたベイを閉じて固定してやると完成です。
本当にスクリューレスタイプですね!
当然、SSDなど2.5インチ様は裏にネジで固定する必要性があるのと、ベイに着いてくる安全バーも必要となります。
※3.5インチだと安全バーが必要でない分、レビュー終了までに無くなってしまいそうな未来が見えます(ーー;)




■4TBのHDDを二台使い、RAID1のミラーリング

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS Kiss X6i
レンズ:
キヤノン EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
焦点距離:
27.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F5.0
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto


これで8階建てのマンションが3室埋まりました。それでもまだ5部屋の空きが…凄すぎます。ドスパラ raytrek ZQ !

RAIDには、保存用に適したモードに1,5,10があります。
RAID1は2台のHDDを。
RAID5は3台~。
RAID10は4台!(Window10のソフトウエアRAIDでは未対応)

我が家は写真と動画保存用に、RAID5を4台HDD体制のNASを2機投入していますが、場所だけとるので要らないのでは!?と思えてきました。
アーカイブ用ならわざわざNASにしなくともデスクトップパソコンに集約しちゃえば、場所も電源も配線もスッキリするのでは♪と常に思っては居ましたが行動まで移せずにいたので、今回のレビューでチャレンジしてみます。

2台のHDDを使うのでRAID1しか選べないので、Window管理ツール→コンピューター管理→ディスク管理からHDDを二つ選んでミラーボリュームを構築します。

RAID5を構築する場合には、Window設定→システム→ストレージから記憶域の管理を選択し、新しいプールと記憶域を作成するから作れます。


ミラーリングが完了した記憶域へ、SDカードから4K動画12.3GBをコピーしてみます。
転送速度は38MB/秒出ているので意外と早いぞ!
試しにコピー中と、なにもしていない状態のパソコンでSSDカードの転送速度をテストしてみると、ほぼ同じ速度だったので、コピー中にパソコンの動作が遅くなる心配はなさそうで安心です。

Window10の度重なるアップデートのお陰で、ソフトウエアRAIDが意外と行けるのかも!?



■4台の容量が異なるHDDを使ったRAID5の記憶域の作成

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS Kiss X6i
レンズ:
キヤノン EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
焦点距離:
42.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/25秒
絞り数値:
F4.5
ISO感度:
3200
ホワイトバランス:
Auto

ついにやってしまいました。
家と会社中を探しまくって、使っていないHDDを二つ見つけてきました♪
赤いきつねと緑のたぬきと青いくま~ともう替え歌に出てきそうな、急ごしらえの混成部隊のHDD群です(^^ゞ

緑が4TB×2台
赤が3TB
青も3TB
正味12.7TBの総容量のHDD4台をWindow10のソフトウエアRAID5で「新しいプールと記憶域の作成」をスタートさせます。
さすがに、4台のHDDとRAID5作成なので相当時間がかかるんだろうなと思っていたら、本当に一瞬で作成が完了しました!!!

正味12.7TBから8.26TBの記憶域が作成されました。
RAID5は容量効率が優れ、RAIDの中では比較的速度に優れ3台のHDDから作成できるので低コストで高容量のデータ保存用の記憶域が作れるメリットがあります。
デメリットとして、1台のHDDのクラッシュにしか対応できないのと処理速度が意外とかかるのでソフトウエアRAID5は遅くなる傾向でした…が。

「ドスパラ raytrek ZQ 」のWindow10のソフトウエアRAID5では、RAID1と速度が変わらないことが判明したので、写真や動画の保存用に普通に使えそうです。
といいますか、NASで4ベイのRAID5となると実売価格で幾らになるでしょう。
このパソコンなら、4TBのHDDが仮に1万円するとしたら4台分の4万円だけの価格で大容量のRAID5の記憶域が作れてしまうので、ある意味大変お得なパソコンと言えそうです。


写真や動画など保存先にNASや外部HDDを購入すると、その度に電源の確保やLANにハブに設置スペースにとパソコン周りがごちゃごちゃに、ホコリもたまり放題なってしまいます。

「ドスパラ raytrek ZQ 」はとても大きいパソコンですが、3.5/2.5インチベイが8基もあるので、保管先のアーカイブ用HDDを余裕で搭載できるので、大きいパソコンだけどこれ一台で写真の編集から保存、保管まで考えると、大きいのに周りがスッキリする可能性があります。

レビューした用品

コメント(1,000文字以内)

11件中 1〜10件目

廣島 宗毅
nikutenさん
こちらこそ、コメントいただかないと気付けずにそのままレビューを続けるところでした(^_^;
ここまで高性能なパソコンだとWindow10 Proが一番良い選択になりそうですね。

workstationバージョンへ移行してしまったのですね(ーー;)
記憶域プール系はなんとなく、ReFsが良いのではと以前に思っていたので今回のレビューで試したかったのに残念です。



まほろば1123さん
いえいえ。詳しいと言うより昔から自作パソコンを触ってきたので、さわり慣れているだけで、パソコンの正体はよく分かっていません(^_^;

ドスパラ raytrek ZQ は数ある自作パソコンの中でも群を抜いた使い勝手の良い製品に仕上がっているので、自作慣れしたいない方こそ使いやすい仕様に仕上がっています。
3.5インチHDDの増設だけではネジを使わないので、初めてのパソコンにも強くお勧めできる製品です。

2019年07月03日 08:46

まほろば1123
すごいでの一言です。とてもお詳しいですね。
中は見ましたが、手を加えるとこまでいけないです。

2019年07月03日 01:11

nikuten
廣島 宗毅さん
こんにちは
調べて頂きありがとうございます
このクラスのPCは正直HomeじゃなくProfessionalの方が正直良いと感じます。(購入時のアップグレードですと6000円ほどですね)
ReFSですが、サーバー系OSかWin10Pro for workstation以上なら新規作成できますね。

2019年07月02日 17:31

廣島 宗毅
nikutenさん

いま、GANREFと連絡がとれまして、製品版はWindow10 HOMEだけど機材レビューはPROとなるそうです。
なので、購入された方はPROにアップグレードしないとRAID5がつかえないとなりますね(^_^;

2019年07月02日 15:17

廣島 宗毅
nikutenさん

今冷静にドスバラさんのサイトを見てみると、Window10の「HOME」と記載されていますね!!

レビュー用は「Pro」で届いているので、どちらが本来正しいのかGANREFに問い合わせてみます(_ _)

2019年07月02日 05:37

廣島 宗毅
nikutenさん
確かに読み込みはRAID5の記憶域→WindowディスクCへのコピーだと240MB~300MB/秒の読み込み速度を実現していたので、かなり高速なRAIDです!

今回はレビュー用の急ごしらえの混成部隊のHDD群なので、本来は同じ銘柄などに揃えるのが基本ですよね(^_^;
それよりWindow10いつの間にか、フォーマットからReFS形式が消えていました…。あのフォーマットでRAID5が動作できたら最強だったのに残念です。

Window10のHomeではRAID5は確か作成できないはずです。
レビュー用の「ドスパラ raytrek ZQ」はWindow10 Proなのでコンとパネル→システムとセキュリティ→記憶域→新しいプールと記憶域の作成からRAID5できます。
と言ってもRAID5とは書かれていないので、選択できるタイプ名はこちらです。
シンプル(RAID0相当)
双方向ミラー(RAID1相当)
3方向ミラー(???)
パリティ(3台のHDDから作成可能 RAID5相当)

上記はソフトウエアRAIDでの話なので、マザーボードにオンチップされているハードウエアRAIDだと更にタイプが選べそうな予感がしていますが、Window10を再インストールするなどちょっと手間暇がかかりそうなので。
スルーさせていただこうかなと(^_^;

2019年07月02日 05:30

nikuten
廣島 宗毅さん
こんばんは
周知の通りRAID1よりRAID5の方が、データがストライプされて記憶されますので、読み込みの速度が向上します。
書き込み速度はパリティーの作成がありますので、機種依存になるのですが38MB/sは速いと思います。(^^)
ただトラブルを避けるには、RAIDアレイにするHDDはアクセスタイム等のバラツキが出ないように、同じ銘柄に揃えるほうがトラブルに関しても更に強くなります。(^^)
質問ですがwin10homeでRAID5が組める様になったのでしょうか?

2019年07月01日 18:59

廣島 宗毅
nikutenさん
確かに停電が一番怖くなりますね(^_^;
RAID5で試しに作成してみましたが、Window10のソフトウエアRAID5であっさりと出来上がりしかも38MB/秒の転送速度が出ていたので意外と言いますか、普通に使えるのにビックリしました。

NASも10Gイーサーは確かとても高速だけど高い価格の規格ですよね。既存のNASでもLANを複数本這い回ると早くなるとか何とかという風の噂は聞いていますが…私には怖くて見ないようにします(ーー;)


momo-taroさん
4台のHDDを入れてみましたが、簡単にソフトウエアRAID5が作成できたのには驚きました。
RAID10行けるかなと思っていたのですが、私の勘違いなのかソフトウエアでは選択できませんでした。
もしかしたらハードウエアRAIDならRAID10に対応しているかもしれませんが…。


徒然なるドラマーさん
4台のHDDも難なく入り、ソフトウエアRAID5が簡単に作成されたのでヘタなNASは要らないと言っていいほどのパソコンです。
これさえあれば、あの配線からも開放されそうです♪

2019年07月01日 16:59

徒然なるドラマー
外付けでなく、この筐体のみのスペースで8基のストレージが収まると考えると、逆に省スペースかも知れませんね(^^)

2019年06月30日 18:21

momo-taro
本体でRAIDが組めるって便利そうです!
それにしてもRAID10ですか@ @
技術の進歩の速さについていけません。

2019年06月30日 17:58

11件中 1〜10件目

TOP OF GOLD

廣島 宗毅

GANREF Point
1614630
メインカメラ
EOS R

プロフィール

http://hiroshimamunetaka.photo 写真ギャラ...