2019年8月21日(水)から9月3日(火)まで、システム移行作業中のため、会員登録やログインができません。
【詳しくはこちら】

ふるとねトンボさんの機材レビュー・撮影記一覧

現在表示しているページ
ホーム > ふるとねトンボさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧

過去の日記

2019年
2018年
2017年
2016年

105件中 1〜10件目

撮影記
 トンボ撮影での光の当て方比較
 今年のヤンマぶら下がり撮影は、ストロボではなく小型のLEDライトをメインで使っているのですが、フィールドではあまり見かけない機材なので、よく「ストロボより便利ですか?」なんて質問を受けます。正直、便利かどうかと言うと「そんなに便利でもない」と言うのが率直な感想なのですが、ストロボとは違う特性を活かせる場面が有るので使っています。質問に対してもその辺りを答えているのですが、なかなか言葉で説明...
  • コメント:0件
  • 2019年08月18日 07:16
撮影記
 標準ズームとLEDで撮るマルタンヤンマ
 今年はパナライカ12-60mmをメインとしてトンボ達を撮ってますが、焦点距離が短い範囲なので、当然トンボには寄って撮ることになります。そんな場合に、意外に相性が良いのがLEDライト。アウトドアでのストロボは、結構かさばる割に自由度が低いものですが、LEDライトは独立小型なのが良い所です。光量が小さいのが難点ですが、トンボとの距離を縮めればある程度カバーできるし、左手にLED・右手にカメラで...
  • コメント:2件
  • 2019年08月03日 07:16
撮影記
 トンボ撮影の照明を試行錯誤 ~2019年マルタンヤンマ編
 もし長くご覧いただいている方が居ればお分かりかと思いますが、ここ数年ずっと、夏の樹林にぶら下がるヤンマ類を撮るのに使う照明について試行錯誤してます。ストロボにディフューザーを使うのが良いのか、リングストロボが良いのか、いっそLEDライトが良いのか、撮りながら考えているのですが、どれも一長一短で、決定打は見つかっていません。  まず、どの辺に個人的な問題を感じているのかを示すため、2枚ほど...
  • コメント:0件
  • 2019年07月30日 08:51
撮影記
 梅雨時のイトトンボ遠征 +α:おまけは複眼どアップ
 今回の2泊3日遠征、それぞれの日の撮影記は既にアップしましたが、その中で載せていなかったのが複眼のドアップ写真。アマゴイルリトンボは、特に♂の複眼が深い瑠璃色で、太陽の光が入ると本当に小さな宝石のような輝きを見せてくれます。  一応昨年も、その写真を撮ってはいるのですが、それでもやっぱり毎年、チャンスが有れば撮っておきたい姿であることは間違いありません。今回の撮影記では、3日分とは別のお...
  • コメント:0件
  • 2019年07月01日 20:28
撮影記
 梅雨時のイトトンボ遠征 3日目:延長戦は交尾態
 今回の会津方面2泊3日遠征は、10日間天気予報の段階で晴れと雨がコロコロ変わり、最終的にも曇り時々雨が主体の予報に収束。それで、あまり天気には期待しないけど、個体数が多ければそれなりに撮れるだろうという目論見でした。蓋を開けてみると、別の場所だった初日は置いといて、2日目の正午前後2,3時間は雲間から陽も射してきて、前の撮影記通りにそれなりの成果が得られました。  ただ、翌3日目の天気は...
  • コメント:2件
  • 2019年06月30日 12:25
撮影記
 梅雨時のイトトンボ遠征 2日目:2年目のアマゴイルリトンボ
 今回の遠征初日は、先の撮影記の通り、オオセスジイトトンボの生息する某所を訪問した後、会津若松まで移動してのお泊り。この日はそのまま温泉に入ってゆっくり休み、翌日の朝、9時過ぎにチェックアウトして、いよいよ本題のアマゴイルリトンボの生息する地域に着いたのが10時くらいでした。  天気予報通りに、この日の朝は雨が残り、気温はそれほど低くなかったものの、トンボの活動は低調。加えて、アマゴイルリ...
  • コメント:0件
  • 2019年06月29日 22:11
撮影記
 梅雨時のイトトンボ遠征 1日目:関東以外のオオセスジイトトンボを目指す
 今年のトンボ撮影では初めて、泊りがけの日程を組んでの遠征となったのが6月下旬。東日本は梅雨真っ只中のこの時期、会社の年休を取って宿を予約するのは結構リスキーなのですが、かといって梅雨明けを待っていると夏休み期間に入り、観光地は宿が取りにくくなる(混雑面でも料金的にも)ので致し方ありません。10日間天気やウェザーニュースの週間予報が出るギリギリまで粘って、最悪土砂降りの雨にはなりそうも無いの...
  • コメント:0件
  • 2019年06月29日 09:03
レビュー
 続・標準ズームでイトトンボ(グンバイトンボ編)
 前回のレビューに引き続き、標準ズームのパナライカ12-60mmで、小さなイトトンボを撮ってみたお話。前回のホソミオツネントンボは、相手の活性が高くてあまりじっくり撮れず、比較になりそうな写真が少なかったのですが、今回のグンバイトンボはじっくり撮れたので、もう少し比較し易くなっているかもしれません。  まずは望遠端の60mmで真横からの姿。実際にはもう少し寄って大きく撮れるのですが、全...
  • コメント:4件
  • 2019年06月16日 07:00
レビュー
 標準ズームで小さなイトトンボを撮ってみる
 μ4/3のズームレンズは比較的寄れて、実質的に0.5倍くらいの撮影倍率が稼げるものが多くあります。屋外のトンボ撮影では、寄るといっても手持ちでは自ずから限界が有るので、0.5倍くらい有れば全体像の撮影はほぼこなせます。今回は、体が細くて小さいイトトンボの撮影に、ズームレンズを使ってどの程度撮影をこなせるか、探ってみました。  小さいものを大きく撮るなら、ズームの中でも望遠ズームで、ワーキ...
  • コメント:4件
  • 2019年05月21日 20:47
撮影記
 μ4/3の8mmで幸手市権現堂桜堤
埼玉県幸手市の権現堂桜堤は、埼玉でも有数の桜名所。権現堂川の土手に長ーく続くソメイヨシノのピンク色と、手前に広がる菜の花の黄色のコラボが写真映えするスポットです。満開の週末にはものすごい人手になりますが、地元の利を活かして、人が多くなる前の早朝を狙って眺めに行くのが毎年の恒例行事で、今年も満開の土曜日、4月6日に出かけてみました。 今年は冬の間にパナライカ8-18mmを入手していたので、こ...
  • コメント:0件
  • 2019年04月14日 07:37

105件中 1〜10件目

GOLD 1

ふるとねトンボ

GANREF Point
98320
Next Point
21680
メインカメラ
LUMIX DC-G9 PRO

プロフィール

ポイントやアップロード上限を気にせず、トンボ撮影記を中心にボチボチと活動し...