2019年8月21日(水)から9月3日(火)まで、システム移行作業中のため、会員登録やログインができません。
【詳しくはこちら】

Please wait... loading

ブログ ~第15回~ 「マニュアルレンズ導入記 (1)」

現在表示しているページ
ホーム > Barcaroleさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2018年11月 > ブログ ~第15回~ 「マニュアルレンズ導入記 (1)」

投稿日:2018/11/03

レビューした機材・用品 フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4 S.C フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4 S.C
結論から記載すると、フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4 S.Cを導入した。その経緯を記載しようと思います。

最近のレンズは高精細の写りの実現という方向で開発されている、と感じている。そして、オートフォーカスがカメラについているということもあり、苦労せずに、きれいな写真が撮れる。
この方向性を否定しているわけではないが、芸術性といういいかたが正しいかはわからないが、何か物足りなさを感じていた。
そのためか、時々、画像編集ソフトでゴリゴリ画像をいじりはじめることがある。ただ、これも何か違う、と思っていた。

ところで、ずいぶん前からオールドレンズには興味を持っていたが、マニュアルフォーカス、マウントアダプター、レンズの知識が不足していたため導入していなかった。
しかし、EF-EのマウントコンバータMC-11を導入したため、マウントアダプターの導入に対する抵抗が少なくなっていた。そこで、新しい方向でのレンズ導入の検討を開始した。

最初に決めていたことは、「マニュアル専用のレンズを導入する」ということである。
探しはじめたレンズは、マイクロフォーサーズ、または、Eマウントのマニュアル専用レンズ。前回記載したブログで記載したように、複数のマウントで使えたほうがよいと思い、いろいろと調べた結果、(V)Mマウントにすることにした。
(V)Mマウントにすると、マウントアダプターを導入することで、マイクロフォーサーズのカメラ、α7IIIの両者で使え、また、画角も2通り楽しめることになるからである。

さて、次は、レンズ選び。
はじめはオールドレンズを探していた。本も購入した。レンズ構成を一通り理解したが、どれを購入してよいのか、決断できなかった。
調べているうちに、フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4を見つけ、これを導入することにした。理由は以下のとおり。
・F1.4。
新品ではあるが、classicの味を楽しみたいと思い、明るいレンズを導入しようと思った。
・非球面レンズを採用していない。
ボケを楽しみたいと思い、玉ねぎボケが発生しづらいレンズを選択しようと思った。
・おそらく、レンズ構成はSONNARである。
(V)Mマウントではメジャーな構成であるから。

困ったのが、MC(マルチコーティング)、SC(シングルコーティング)どちらを選択するか。classicの味を楽しみたいということから、SCを導入したが、MCと比較できるわけではないので、結果的には何ともいえない。

次は、マウントアダプター選び。
これについては、はっきりいって、どこを選べばよいのか、よくわからない。メーカーによって、値段は結構違う。レビューを調べても評価は人により異なる。
わたしは、今回、ケンコー MOUNT ADAPTER M-MICRO 4/3を購入した。
そう、マイクロフォーサーズ用を導入しました。なぜ、Eマウント用ではないと思うと思います。
(V)Mマウントのレンズは最短撮影距離が長いものが多いようです。それを補うために、ヘリコイド付Eマウント用アダプターがあるのですが、それを導入するか、今回判断できなかったため、まずは、マイクロフォーサーズ用を導入しました。

なお、マウントアダプターによるレンズの使用は、自己責任となります。
他にも書きたいことがありますが、それは(おそらく)次回。

最後にボケの評価のための写真を2枚掲載します。(F1.4です。)

①:
Green

写真を拡大する

カメラ:
パナソニック LUMIX DMC-GX8
レンズ:
フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4 S.C
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/1000秒
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto


②:
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
パナソニック LUMIX DMC-GX8
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/5000秒
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto


玉ねぎボケがない、柔らかい写りとなります。

(続)

ブログ ~第5回~ 「現像について」
https://ganref.jp/m/ivory3/reviews_and_diaries/diary/16057

ブログ ~第6回~ 「SILKYPIX (2)」
https://ganref.jp/m/ivory3/reviews_and_diaries/review/11357

ブログ ~第7回~ 「レンズについて」
https://ganref.jp/m/ivory3/reviews_and_diaries/review/11489

ブログ ~第8回~ 「さくら・桜・サクラ」
https://ganref.jp/m/ivory3/reviews_and_diaries/diary/16463

ブログ ~第9回~ 「さくら・桜・サクラ*」
https://ganref.jp/m/ivory3/reviews_and_diaries/diary/16478

ブログ ~第10回~ 「α7III」
https://ganref.jp/m/ivory3/reviews_and_diaries/review/11583

ブログ ~第11回~ 「α7III (2)」
https://ganref.jp/m/ivory3/reviews_and_diaries/review/11585

ブログ ~第12回~ 「α7III (3)」
https://ganref.jp/m/ivory3/reviews_and_diaries/review/11593

ブログ ~第13回~ 「EFとFE」
https://ganref.jp/m/ivory3/reviews_and_diaries/review/11637

ブログ ~第14回~ 「EFとFE (2)」
https://ganref.jp/m/ivory3/reviews_and_diaries/review/11651

コメント(1,000文字以内)

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

Barcarole

GANREF Point
1656305
メインカメラ
EOS 5D Mark IV

プロフィール

スナップ撮影、街並み・寺院・花の撮影が好きです。 気に入ったものを撮り続...