Please wait... loading

注目製品レビュー ~ニコン Z 7&Z 6編~ ニコン Z 6担当/ 第18回:定点観測 東京駅で夜景撮影+高感度耐性チェック(ISO3200~25600) 編

現在表示しているページ
ホーム > legacy7010さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年2月 > 注目製品レビュー ~ニコン Z 7&Z 6編~ ニコン Z 6担当/ 第18回:定点観測 東京駅で夜景撮影+高感度耐性チェック(ISO3200~25600) 編

投稿日:2019/02/24

レビューした機材・用品 ニコン Z 6 ニコン Z 6
前回の続きです。
前回はISO100~1600までをチェックしました。今回はISO3200~25600です。

注目製品レビュー ~ニコン Z 7&Z 6編~ ニコン Z 6担当/ 第17回:定点観測 東京駅で夜景撮影+高感度耐性チェック(ISO100~1600) 編
<https://ganref.jp/m/legacy7010/reviews_and_diaries/review/11863>

■撮影機材・撮影方法■
使用機材は以下の通りです。前回と変わりません。

ーZ 6

ーNIKKOR Z 35mm f/1.8 S

ー三脚にて固定撮影

ー長秒時ノイズ低減 OFF

ー高感度ノイズ低減:NORM(標準)


では、早速結果から。
各ISOで各4枚表示していますが以下の絞り値の違いで並べています。

左上:F1.8 
右上:F2.8
左下:F5.6
右下:F8


■ISO3200

A4くらいの印刷では、これまでのものを差はほとんど感じないレベル。ただし拡大すればレンガの壁面のディテールの表現の違いがかなり感じるようになってきた。


■ISO6400

A4の印刷では空のノイズがかなり感じるようになるレベル。ISO1600と比較しても、拡大するとレンガの壁面のディテールがさらに失われている感じは受ける。夜景としては個人的にはこのあたりでISO感度を抑えたいレベル。


■ISO12800


レンガのディテールがほとんど消え、のっぺりと写っている感じ。夜景としてはここまではあげたくないレベルだが、細かいディテールが必要ない星景ならぎりぎりな使えるレベルか。
星景で浜辺や岩場、森林などディテールが荒いところでの撮影はISO12800でも私としては気にならないだろうというところです。星の流れるのをどこまで止めるかとのトレードオフとなりそう。


■ISO25600


参考まで載せているが、どうしても記念撮影などで残したい場合には使えるかもしれないが、作品作りとしてはほぼ使わないだろう。


■F6400-F8
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 6
焦点距離:
35.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
0.3秒
絞り数値:
F8.0
ISO感度:
6400
ホワイトバランス:
Sunny



■F12800-F8
Nikon Z 6で東京駅定点観測:ISO12800-F8

写真を拡大する

カメラ:
ニコン Z 6
レンズ:
ニコン NIKKOR Z 35mm f/1.8 S
焦点距離:
35.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/6秒
絞り数値:
F8.0
ISO感度:
12800
ホワイトバランス:
Sunny



さて、次回は更なる高感度を念のために見ておきます。



やっぱりフォトが好き
https://photoxp.net/


--------------------
「注目製品レビュー ~ニコン Z 7&Z 6 編~」企画に参加中!!
https://ganref.jp/common/monitor/nikon/z7_z6/

コメント(1,000文字以内)

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

legacy7010

GANREF Point
1379890
メインカメラ
α7 III

プロフィール

https://photoxp.net 最近は子育てに精一杯で余裕が...

↑ページの先頭へ