Please wait... loading

Nikon D850レビュー 第四弾(D700から最新機D850までの比較)

現在表示しているページ
ホーム > ninjyaさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年11月 > Nikon D850レビュー 第四弾(D700から最新機D850までの比較)

投稿日:2017/11/12

レビューした機材・用品 ニコン D850 ニコン D850
長文につき、お時間がない場合は最後の方の★の箇所をご覧ください。
ご参考になれば幸いです。
--------------------------
今回レビューワーに選ばれた皆さんをGANREFのプロフィール等から表にまとめた。
現在Nikonユーザーが3名(過去に使っていた方はおられる)。
他メーカーのユーザーが5名。
確かに他メーカーユーザーさんもレビューワーに選ばないと、他社製品との比較はできない。
写真歴についても幅広く選ばないと、バラエティーに富んだ意見・要望は出てこない。Nikon×GANREFの関係者の方は、うまく選ばれたものだと感心した。

Nikonユーザーの中でも、年齢から推測すると写真歴は私が一番長そう。
私は今でもD700を所持しており、D800Eは現在のメイン機である。
そして今回お借りしているD850。
3台については、使い勝手をそれなりに比較できる。
ただし、D810は所持していないので、主に外観、カタログ上の比較しかできないことをご了解いただきたい。
今レビューは主にNikonユーザーさん向けとなる。

なお、本レビューに用いたの画像引用は以下のとおり。
画像出典:デジカメWatch
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/510123.html
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/657888.html
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/comparison/666214.html
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/newproduct/1082287.html

まずは外観の比較
【正面】

Nikonユーザーさんはご承知のとおりフルサイズの歴代カメラである。
古い順に左上→右上、左下→右下とZ字に配置してみた。
途中、これらの親戚のような機種が出ているが、比較対象から省いた。
D700~D850まで、これらの機種は発売当時、D一桁台、いわゆるNikonのフラッグシップ機に次ぐものであった。

正面の画像からは次の特徴が読みとれる。
① D700は一番肩が張っており男性的なフォルム。F6を彷彿させるデザイン。
② D800、D800Eから急に撫肩になった(以下、D800もD800Eも外観は同じなのでD800Eという)。
③ D810、さらにD850と撫肩であるものの、少しずつD700に近くなってきている。
④ D800Eだけ機種名が斜めで見にくい。
⑤ D850は内蔵フラッシュが省かれた影響か?ペンタプリズム部の形状が違う。
そんなところであろうか。

《評価》
・私的には男性的なフォルムのD700がデザイン的には一番好きである。
・D850が徐々に男性的なフォルムに戻りつつあり、D800E、D810に比べると好感が持てる。

【背面】

背面の画像からはちょっと分りにくいと思われるが、次の特徴が読みとれる。
① D700は3.0型モニターであったが、D800EからD850まで3.2型へと少し大きくなった。たぶん拡大しても分りにくいと思える。
② D800Eから右下のレバーボタンあたりにビデオマークがあり、動画が撮影できるようになった。
③ 最新機種D850はチルト式の背面モニターになった。
④ D850の左下にFn2のボタンが配置された。
⑤ 他の機種にはあったAE-L,AF-LのボタンがD850ではなくなった(ただし機能的にはある)。
⑥ D850にAF-ONボタンの斜め左下に見慣れないボタンが付いた。このボタンはサブセレクターというものである。フォーカスポイントを上下左右、斜めに移動できる。このためスムーズなAFポイントの変更が可能になっている。このボタンはFX、DX機のフラッグシップD5、D500にすでに採用されている。

《評価》
・モニターの大きさはあまり変わらないが、D850のチルト式モニターは、特にローアングル時にとても便利そう。朝露や雨に濡れたところに寝転がる必要もない。

・前面にあるF1ボタンは水準器で使っているため、F2ボタンに自分なりの設定を加えられることはありがたい。ちなみに私はF2ボタンに素早く三脚と手持ち撮影を切り替えるため、ディレー切り替え設定。切り替えを時々忘れるのであるが"(-""-)"

・これは上の画像からは分る術もないが、D850は、シャッターのON,OFFボタンをON側にさらに回してやると、左側の縦に並んでいるボタンに照明が入り、夜間の操作時にとても重宝する。

・さりげない改善点であるが、左中央あたりの+ボタンのところに突起があり、照明を点けなくでも、手探り状態でボタンの位置が分る。これは評価できる。

【上部面】

上部面の画像もちょっと分りにくいと思われるが、次の特徴が読み取れる。
① 左にある各種セレクトダイヤルが、D700は三つ葉であったがD800Eから四つ葉になった。
② D850は内蔵ストロボが省略されたのでペンタ部分が前に出てない。
③ D850のISO変更ボタンがシャッター近くの右側に変わった。
④ ISOボタンに替わって撮影モードボタン(絞り優先等の切替え)が左側の四葉ボタンに移動した。

《評価》
・ISOボタンの位置変更は、ファインダーから目を離すことなく、操作が行えるのでありがたい。
・撮影モードボタンは、場面によって使い分けるものの頻繁に変えるものでない。撮影中、左側にはあまり変えないもの。右側には、撮影中に変える頻度の高いものが位置された。
・D850で一番評価できるポイントは、画像からは分りづらいが、グリップが深くなってたところ。一番浅いのがD800E。次にD700 or D810である。
なお、グリップの深さは、画像から判断したのではなく実際に握ってみての感想である。

改善点としては、どのカメラにも言えることであるが、露出補正のボタンが操作しづらい。冬場など手袋をしていると特にそうである。
露出補正のボタンは、小さくてもイイのでもう少し突起させてもらいたい。

次にスペック的なところを比較し、私の使用感を交えて紹介したい。
Nikon Imaging JapanのHP上から、D700、D800E、D810、D850の主な仕様について、まとめてみたのが次の表である。

D700は発売から9年を経過している。
しかしD700は未だ私の現役機となっている。

画素数は1200万画素しかないものの、それゆえ手持ち撮影でブレが発生しにくい。
シャッターフィールはとても良い。
とりわけ大きなシャッター音が魅力的である。
バッテリーパックを着けると秒8コマになり、当時のフラッグシップ機D3ゆずり。
機関銃を連射しているようである。
連写の場合には周りのカメラマンが振り向くほど。

手持ちの場合、写真を撮っているという気にさせてくれるカメラである。
電池の持ちもかなりイイ。

デメリットとしては、今となっては低画素ゆえ大判プリントに耐えられないこと。
ファインダー視野率が100%でないところ。
液晶モニターが見にくいところである。

D700のプリントサイズは、一般にはA3サイズまでであろう。
実際に所属する山岳写真ASAという会の写真展で使ったことがあるが、巧い印刷業者に依頼したとして、四つ切りサイズ(約382mm×約542mm)、B3サイズ(364mm×515mm)までが限界であろう。

D800Eは発売から5年半を経過している。
これも私の現役機である。

このカメラから急にD700に比べ3倍も高画素になった。
高画素のメリットとしては、大判プリントに耐えられる画質であることが大きい。
3600万画素あれば、一般的なポスターサイズB2サイズ(515㎜×728㎜)まで印刷可能であろう。
とりわけダイナミックな山岳写真には高精細が求められる。
作例:http://ganref.jp/m/ninjya3344/portfolios/photo_detail/c8d656e833fc1eaf5d4e0e7c3b0cfd26
家庭で一般に印刷できるA3サイズまででは、テントがビー玉を転がしたようにしか見えず迫力が出ない。
トリミングしてもそれなりに使える。

デメリットとしては、高画素ゆえブレに凄くシビアであること。
基本、三脚必須でないと、まともに撮れない。
三脚を使用でもミラーアップさせないとブレが発生する場合がある。
そのため、私はディレー3秒で撮っている。
そうすればブレないでバッチリ決まる。

ただD800Eは、写真を撮っているというより、カメラに写真を撮ってもらっているという感が否めない。
電池の持ちも悪い。

D810もプリントサイズはD800Eと同様である。
D800Eに比べ、手持ち撮影でのブレが多少軽減されたようだ(実際に使ったことがないので噂でしかない)。
電池の持ちは、表からはD800Eより良くなっているようにみえるが、D800Eの電池は旧モデルのものだからであろう。
電池の持ちは、D800Eと同じ程度と考えられる。

★【D850の中間レビュー】
今回レビューさせていただいている新カメラD850であるが、D800E、D810よりさらに約1000万画素ほど高画素となった。
これだけ高画素でれば、A1サイズ(594㎜×841㎜)でも問題ないであろう。

レビューの途中であるものの、4600万画素もありながら、手持ちでもブレないで撮れそうな印象である。
もちろん、手持ちのセオリーどおり、私的には100㎜の望遠なら100分の1以上のSS、200㎜なら200分の1以上のSSが求められるように思われる。

おまけにバッテリーパックなしでも秒7コマ。バッテリーパック使用で秒9コマの高速連写が可能となると「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる!」で、何とか手ブレなしに撮れそうである。
これは凄い!
バッファーも相当大きくなっているのであろう。

D850、まさにこれまでの常識を覆すモンスターカメラという印象が強い。
さらに電池の持ちも良さそう。

先のモーターショーでは、D850とD800Eを併用したが、電池のテストのため両方とも電源ONのままにしていた。
D850と同様、D800Eにも電池(EN-EL15a)を装填。
ショット数は明らかにD850の方が多かった。
にもかかわらずフル充電で5目盛のところ、D850が2メモリを残したところでD800Eの電池がなくなった。

D850はファインダーも見やすくなった。
倍率約0.75の光学ファインダーを採用しているとのこと。
と言っても、0.7が0.75に7%UPになった程度なので見比べないとわからないレベル。
むしろファインダー内が明るくなったメリットが大きい。

【コラム】高画素機は必要か?
これはそれぞれ写真の用途による。
私のように必要に応じて、大判プリントに印刷するのであれば、高画素機が有効であろう。写真展レベルなら2000万画素もあれば十分と言える。
また風景写真と言っても幅広い。
広義でマクロも風景とするなら、ダイナミックな山岳写真まで様々である。
マクロ写真にポスターサイズは必要か、というと疑問である。
写真展も関係なく、GANREF等PCの画面で観賞するだけであれば、1000万画素でも十分と言える。
そのほうが、パソコンにも優しいのであるから。

※ 本レビュー、ちょこちょこ修正を加えますので、お時間があれば、後日まとめてご覧いただいたほうがいいかもしれません。
========================
注目製品レビュー ~ニコン D850編~
http://ganref.jp/common/monitor/nikon/d850/

コメント(1,000文字以内)

12件中 1〜10件目

hide-photo
レビューワーのプロフィールまで解析されたのですね。
OLYMPUSユーザーは私だけなのか〜(^^;

ボタンの配置も含めいろいろと変更されていることがひと目で分かり良いですね。
そういった視点は思いつかず。長年ニコンを使われているninjyaさんは凄いなぁ〜と思いました。

2017年11月15日 22:01

そらとひかり
詳細にわたる解説と比較で、とても参考になりました。
レビュアーの選択の部分については、例外はありますが、ひと昔前の機種しか持っていないと厳しい様ですね。

2017年11月14日 05:14

ty4834
(≧∇≦)ъ ナイス!

2017年11月13日 04:10

H.Urabe
カワセミ撮ってますが、目標はクリアでシャープな画像。D850+AF-S 400mmF4x1.4ですが、すっかり満足しています。このマシンでないと無理だと思いますね(ちょっと自画自賛過ぎますね・・汗)。

2017年11月12日 18:49

まほろば1123
ニコンの新旧の比較は、思いもつきませんでした。それにしても、850は、小さく感じるほど、ホールディングが良いと感じます。

2017年11月12日 15:26

onchan
入手出来る当ては無いですが、大変興味深く読ませて頂きました。
やはりヨダレが出てきますよ^^

2017年11月12日 14:16

くに
ニコンを継続して使われている方のレビューは違いますね。
バッテリの持ちは実感しています。
ただし、スマフォ連携すると一気に残量が減る場合もあるようです。

5/8がNikon以外のユーザーってレビュワーの構成分析が面白いです。

2017年11月12日 12:41

nikuten
ninjyaさん

レビュー毎回楽しみにして拝見しております。
大変だと思いますががんばってくださいね。(^^)

2017年11月12日 11:11

ninjya
nikutenさん、おはようございます。

昨日からいろいろとお教えいただき、ありがとうございます!
画像処理エンジンは、おっしゃるとおりです。
慌てて作成しましたので、チェックが甘かったです。

あとで修正しておきますので、ご了解くださいませm(__)m

2017年11月12日 11:08

幸龍号
これから購入予定の方には参考になったでしょうね。

2017年11月12日 10:49

12件中 1〜10件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

ninjya

目利きAWARD SINGLE目利きAWARD SINGLE
GANREF Point
3567335
メインカメラ
D800E

プロフィール

山岳写真ASA所属 http://www.ifnet.or.jp/~asa...

↑ページの先頭へ