Please wait... loading

EOS Kiss Mレビュー:ピント拡大AF設定編

現在表示しているページ
ホーム > パパールさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2018年4月 > EOS Kiss Mレビュー:ピント拡大AF設定編

投稿日:2018/04/11

レビューした機材・用品 キヤノン EOS Kiss M キヤノン EOS Kiss M
キヤノン初のバリアングル液晶モニターを採用したミラーレス一眼のEOS Kiss Mを買いました

私はボケ大好き人間なので、ピンポイントの被写体を拡大表示しながら撮れるミラーレスカメラを常用しています。
また、キノコや苔の撮影で、ローポジション縦構図撮影が多いため、バリアングル液晶搭載が必須です
これらの条件に合うのは、実質オリンパスかパナソニックしかありません
そこで、Kiss Mの発売を知って飛びついてしまいました

Kiss Mを買ってまだ3日目ですが、3年前に買ったEOS M3に比べると操作性が大きく進化しています
(特に拡大表示での撮影に関して)

色々試してみて、現状でベストと思われる設定を紹介します
なお、親指AFを繁用して、ピント拡大AFを使うというマニアックな使い方なので、一般の方向けで無いことをご了解下さい

まず、親指AFの設定
◎[カスタム機能] - [操作ボタンカスタマイズ]で、
1.シャッターボタンに「AEロック」
2.*ボタンに「測光・AF開始」(2枚めの写真参照)
を割り当てます

この設定により、*ボタンで主役にピントを合わせ、シャッターボタン半押しで露出をロックして、構図を決めて撮影できます

◎次にシャッターボタン右側の動画ボタンに[操作ボタンカスタマイズ]で「拡大」を割り当てます
(オリンパスのカメラでも動画ボタンに拡大表示を割り当てているので同様にしました
 M-Fnボタンに割り当ててもいいですね)

この設定で、動画ボタンを押すと任意の場所が5倍または10倍に拡大
(拡大倍数は電子ダイヤルで変更可能)

*ボタンを押すと拡大表示された白枠内の被写体にAFでピントが合います
もう一度、動画ボタンを押すと通常表示に戻るので、構図を決めて撮影

◎もう一つ便利なのがタッチ&ドラッグAF機能
この設定を「する」、位置指定方法「相対位置」

この設定でファインダーを覗きながら液晶モニターをドラッグすればAFフレーム(測距枠)が任意の場所に移動できます
(以前からパナソニックのカメラには採用されていましたね)

さて、実践編
ほとんどEFマウントレンズを使うので、マウントアダプターEF EOS Mを介してKiss Mに装着

岡山後楽園で苔撮影
シグマ150mmマクロ使用
苔兄弟

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS Kiss M
レンズ:
シグマ APO 150mm F2.8 MACRO EX DG HSM
焦点距離:
150.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/250秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
1250
ホワイトバランス:
Daylight

撮り方はこんな感じ
地面にカメラを置いて撮りました

同じ場所からタムキューならこの写真
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS Kiss M
焦点距離:
90.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
500
ホワイトバランス:
Daylight

10倍に拡大してAFを使うので精度は高く、しかもサクサクと撮影できます
(今回の撮影で拡大せずにAFを使うと、明るい背景にピントが合いました)
マニアックかも知れませんが気が向いたらお試し下さい

コメント(1,000文字以内)

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

パパール

GANREF Point
618075
メインカメラ
α7 II

プロフィール

2002年にコンデジで撮影開始。現在は岡山ヤングフォトグラファーズのメンバ...

↑ページの先頭へ