Please wait... loading

【ニコンD800レビュー】 ⑧ D800 のここがイイ、ここがダメ

現在表示しているページ
ホーム > Spockさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2012年5月 > 【ニコンD800レビュー】 ⑧ D800 のここがイイ、ここがダメ

投稿日:2012/05/09

レビューした機材・用品 ニコン D800 ニコン D800
1200万画素のD800

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D700
レンズ:
ニコン AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
焦点距離:
105.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1.3秒
絞り数値:
F11.0
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto


------------------
●D800のイイところ
------------------

レビューも終盤に差し掛かり、残すところ数日となってしまった。これまで使って、D800は全般的によくできたカメラで予想していた以上に好印象だ。それらを簡単にまとめみた。

・3600万画素:
ここであえて触れる必要もないとおもうが、やはりこの画素数を実現したのはスゴイことだとおもう。気がつけば、D800で撮った写真を50枚以上アップしてしまったが、私の拙い写真ですら、そのすごさがでる(たぶん。。。)から、相当にすごいんじゃないかと思う。


・高感度特性は悪くない:
これもすでにレポート済みではあるが、ブレにはシビアなD800にあって、高感度特性が下がっていないのは、ある意味で必要条件かもしれない。


・ブラケットボタンがついた:
私は、D700では、常時5枚ブラケットしているが、データサイズの大きなD800ではそうもいかない。こまめに切り替えられるのは、HDRを作る人には便利だとおもう。D700では、プレビューボタンをブラケット設定に変えて使っていたが、D800は本来のプレビューボタンとして使える。


・ライブビュー(LV)ボタンがついた:
D700では、LVつかうには、本体左肩の連写モードダイアルを操作する必要があった。が、使用頻度高い機能のわりには使い勝手が悪かった。そのため本体前面のファクションボタンは実質的にLVボタンとして使うしかなかった。LVボタンが独立したお陰で、ファンクションボタンに別の機能が割り当てられる。


・LV画像表示がきれい:
スペック的に画素数はD700と同じでサイズが少し大きくなった程度だが、D700と比べて、見えかたは全然違う。


・LVの情報表示が充実した:
ブラケット何枚目を撮影しているかなど、色々な情報が表示されるようになった。D700では本体のLCD表示でしか確認できなかったものが、三脚でLVを使っているときなどでカメラが高い位置にあるときでも確認しやすくなった。


・1.2xモードなら5コマ/秒になる:
1.2xモードは解像度と速度が丁度良くバランスしているように思う。ズームで一番広角側を使う場合はともかく、スナップとかはこの撮像範囲モードでもいいかもしれない。また、D800で気にされることの多いFXで4コマというスピードは、実はD800の良い点ではないだろうか。使っていて、よく、このスピードを3600万画素で実現してくれたと思う。


・撮影モードダイアルの設定が、横からでも見える:
本体左上の撮影モードダイアルの形状が変わり、三脚で視線レベルにカメラをもってきたときなど、背の低い私でも視認できる。


・ISO-AUTOをISOボタンとコマンドダイヤルで設定できる:
素早く切り替え出来ないとこの機能を使う頻度は大幅に下がってしまう。ブレに抑制のためにもこの機能をこまめにON・OFFできるのは助かる。


・水準器に左右だけでなく前後の傾きが表示できる:
D700では左右の傾きしか表示できなく、前後に傾いている場合の左右の水平表示の精度もいまひとつだったため、別にLED水準器を使っていた。D800の水準器の精度はD700よりだいぶ上がっているようだ。


・水準器がファインダーに表示される:
ファインダーで撮影しているときに傾きの表示が出るのは非常に便利。とくに手持ちでパノラマを作るときには大変役にたつ。


・ファインダークロップ部分を暗く表示できる:
FXより狭い撮像範囲のとき、フレーミングがしやすくなる。撮像範囲がFXでも、縦横比を意識したフレーミングができるようファインダーの表示だけをクロップ表示しフレーミングをアシストする機能があってもいいと思う。


・微速度撮影が楽しい:
撮るのは時間がかかって大変だが、出来上がると楽しい。何回か使ってみたが、いろいろと創造意欲をかきたてられる機能だとおもう。


・レンズの取り付け指標が立体的になった:
暗いところでも認識しやすくなった。相当に細かいことだが。。。。


・電子音の音質が選べる:
ソフトな低音が選べ、耳にも周囲にも優しそうだ。


・基本感度がISO100、拡張でISO50も選べる:
NDフィルターの付けられない14-24mmとか、魚眼レンズでは少し助かる。絞り込む量が減らせるのは、レンズ性能を引き出すのにも役立つ。


・ファインダー視野率が100%:
D800の値段を考えれば当然ともいえるが、D700ユーザーから見るとこれは、非常に魅力的だ。


・本体にフラッシュを搭載している:
100%視野率ファインダーにしつつフラッシュを削らないでくれたのは大変うれしい。D700とおなじだが、ワイヤレスのコマンダーになるのも便利だ。すでに、ディスコンになっているSB-600と組み合わせて使ってみたが、特に問題なく快適に多灯撮影できている。



---------------------
●D800のダメなところ
---------------------
前述のとおり、D800はD700ユーザーから見ても、良いところの多いカメラではあるが、気になる点もあるので、まとめてみた。

・LVが実絞り動作する:
たとえば、Aモードでは、絞り値に応じて画面の明るさが変化する。これは、LV画面で被写界深度が確認できるメリットがある。(D700ではLV表示中にプレビューボタンは無効化され、被写界深度の確認はできなかった。)

しかし、その反面、夜間など全体的に暗い被写体の場合はほとんど何もみえなくなってしまうこともある。ピントには山があるので、フレーミングしたあと、浅い被写界深度(i.e 開放絞り)でフォーカスし、その後に絞り込んで撮影するというセオリー通りに使えばいいのかもしれない。しかし、絞り込むと暗くて被写界深度の確認すらできないというのは、本末転倒に思える。

この実絞り動作は、Aモードに限らず、SモードやPモードで被写体の明るさが変化した時にも絞りが、パタパタ音をたてながら追従するという状況も引き起こしていている。この動作音はあまり気分もいいものではないし、Sモードで被写界深度を常時確認する意味もないように思う。


・LV使用時、絞り込むとコントラストAFの精度が落ちる:
たぶんこれは、前述のD800がLV使用時に実絞りで動作することの副作用ではないかと思われる。コントラスとAFがある程度の明るさがないと機能できないのは当然としても、開放絞り状態で合点出来る状況でも絞り込むと、合点出来なくなるのは問題ではないかと思われる。特にAFを本体モータで駆動するタイプのレンズの場合は、暗くなったときの精度低下の影響が大きく、合点出来なくなる頻度が相対的に多くなるようだ。
D700に比べて、本体モータでAF駆動するレンズの動作がD800では機敏になっているだけに、この実絞り動作によるAFへの影響は大変残念だ。


・LV使用時の測光レンジが狭い:
この件については、絞り込みによる回折影響を調べようとおもい、いろんな絞りで撮影しているとき、LV使用時に絞りこんでいくと、撮影された画像がだんだんアンダーになるという現象に遭遇したことで判明した。
これについては、ニコンのサポートに問い合わせたところ、当初カメラ個体の問題ではないかということだったが、他の個体でも発生することがわかり、GANREFのご担当がニコンに問い合わせてくれた結果、この絞りこむとアンダーになる現象は、撮像センサーによる測光レンジが狭いことによる制限であるということがわかった。

改めて調べてみると、マニュアルのP53あたりに、これついての説明があるのだか、情報としては十分とは言えない。ファインダー撮影時カメラのシャッタースピードや、レンズの絞り範囲で適正露出が得られない場合は、表示が点滅して通知してくれるのと同様、LV使用時に撮像センサーの測光レンジ外になった場合でも、表示点滅して警告してくれる。LV使用時は、測光できる範囲が狭いので、絞りやシャッタースピード設定範囲外になるような極端状況でなくても点滅状態になっていることがある。これは、気がつきにくいので注意が必要だ。センサーレンジを超えた場合は、LVを終了してファインダーで測光し直すという方法も考えられるが、操作や設定が煩雑だ。面倒でも、マニュアルで試し撮りし確認しながら撮るのが一番確実ではないかと思う。


・LV表示時 OKボタンを押しても、等倍表示にならない:
 D700と動作が変わり、D800ではLV表示中にOKを押すと画面右側に露出計を表示するようになった。D700では撮影画像の拡大画面再生中と同じようにOKを押すと等倍表示になっていた。D800では最大倍率から、等倍まで戻るには[-]ボタンを4回押さないといけない。慣れの問題かもしれが、これは結構面倒な操作だと思う。前述のとおり、LV使用中の測光レンジはせまく、範囲外では露出計表示もあてにならないという状況でもあるので、この仕様変更はなんとかならないものだろうか。好み応じてLV表示中のOKボタンの機能をカスタマイズできるのでもいいと思う。


・HDRの機能が弱い:
 すでにレビューに書いたとおり、D800のHDR機能は、効果の面でも操作の面でも実用性に乏しいように思う。アクティブDライティングと機能的にかぶる部分もあるので、その使い分けや設定の依存関係(HDR使用時にADLはどう機能するのか?)などの情報などもニコンから公開されることが望まれる。


・BM-12の周辺の曇っている部分:
 本体背面の液晶には用のモニターカバーBM-12が標準で付属しているが、周辺のすりガラス状の曇っている部分が、上部と下部の位置で表示部分にわずかにかぶっている。横から通常の見方をする場合は気にならないが、ローアングルで撮るときなどで無理な角度でLV画面を見ると、画面ギリギリの位置で切れてないか確認しづらい。デザイン上のささいなことではあるけれど、私の使い方だと気になることが結構あった。


・ごくまれにフリーズする:
 4週間で3回くらい発生した。電池を入れなおすと復帰する。データロスは発生していないが、再現しようと思ってもできないので、何が原因か良くわからない。私の知る限り、3年半以上使ってD700がフリーズしたことはない。


・バッテリグリップを付けても6コマ/秒にしかならない:
 せめて、DXだけでもいいから、8コマにしてくれればグリップも購入したくなるのだが。


・バッテリがD700と互換性がない:
 2種類のバッテリや、充電器は2個持ち歩きたくないので旅行のときはD700をサブ機に出来ないのが残念。D700をつかっていない人にはどうでもいい話だが。


・Photoshopをよくハングさせる:
 これは、もちろんD800が悪いわけではないが、データサイズが大きいと、“ブレ”だけでなく環境の“ボロ”も色々と目立ってくる。


・ロゴが歪んでいる:
 どうでもいいことがだが、気になるといえば気になる。ロゴのスペースなど気にせずボディをシェイプアップを優先した、ニコンの技術者魂みたいなものが伝わってくるのが良いという考えもある。(たぶん。。。)


・D800EとD800のどっちがいいのか悩ませる:
D800で、すでに絶対的な必要性を遥かに凌駕しているので悩む必要はないともいえるが、少しずつでてきているD800Eの写真を見ると優柔不断に陥ってしまう。ダメな点というよりは、良すぎる点だが。。。


--------------------------------------------------------------------------
注目製品レビュー ~ニコン D800編~
http://ganref.jp/common/monitor/nikon/d800/review.html

コメント(1,000文字以内)

9件中 1〜9件目

萩原俊哉
風景を撮影することもあって、LV時の絞込みは被写界深度を見るために重宝しています。LV時に絞り値を変更すれば、連動して被写界深度が変わってくれるので、なにかと便利に使ってたりします(笑)。

2012年05月10日 10:23

DAYAN
ウッ!やられた~(^^;; アングルも想定と同じ、、、
私は土曜にでもと思っていたので、お気になさらずUPしちゃって下さい(^-^)v
行けるか怪しいし、別の何か考えマース=^_^=

2012年05月10日 07:36

tszk
はじめまして。
レビュー、楽しく拝見しています。
D800のフリーズについて触れられていますが、情報があるのを思い出しました。
http://digicame-info.com/2012/05/usad4d800.html
ディスプレイの設定だそうですがいかがでしょう?!

2012年05月09日 23:51

三浦太一
ちなみに私のD800はフリーズはまだありません(笑)
発売1週間で手に入れて3000ショットくらいは使ってるかな?と思います^^
コマ不足は分かってたことなんで、しいて言えば800Eと迷うところくらいでしょうか?
良い点がいくつもあり非常に満足感の高い出来ですからね^^
水準器と微速度とクロップは大変重宝しています。
もし800に不満が出てもニコンはその上のD4を用意してますよって話ですから(笑顔)

2012年05月09日 22:03

pin
初めまして。絞込み測光みたいになってしまうんですか。これは問題ですね。
知人から聞きましたがD4でもフリーズは起きているみたいです。やはり、1年ぐらい待った方が良いですね。

2012年05月09日 20:05

Spock
yoshinoriさん、コメントバックありがとうございます。

私も、どちらかといえば手持ち派なのですが、せっかくのD800ですから、ここ一番のときのためにブレを抑えた撮影をする環境は整えておいても損はないかなと思います。その点、三脚使用時はLVが便利だと思いますよ。

2012年05月09日 19:59

Spock
DAYANさん、こんばんは。

そうそう、あの端子は向きが判りにくく、ねじ込みの深いニコン伝統のタイプ(?)ですからね。

manual露出時の補正、言われてみるとそうですね。カメラの露出を信じろってことですかね。LV時はあてにならないけど。^^;

フォーカスサブ光って、セルフタイマーのときにも光るんですよ。色がじみなんですけど。。。

追伸 TIF先にいっちゃいました。ヨコドリでじゃなくて、下からアオってます。^^;

2012年05月09日 19:33

Spock
yoshinoriさん、こんばんは。yoshinoriさんは、D800お使いですよね。LVの動作は気になりませんか?

2012年05月09日 19:24

DAYAN
普段からN使いのspockさんならではのレビューですね
Cユーザーの、私が付け加えるとしたら、

フォーカスサブ光内臓で、フラッシュ撮影でなくても助かった!

慣れていないだけかもしれませんが、manual露出時に、
それまでの露出補正値を無視して欲しい。
リモートケーブル着脱をワンタッチにして欲しい。
カナ。。。=^_^=

2012年05月09日 19:16

9件中 1〜9件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

Spock

GANREF Point
1585160
メインカメラ
D810

プロフィール

枠倍増により、復活しました。^^ 休眠期間が長かったわりにストックは少な...

↑ページの先頭へ