Please wait... loading

RAWとM-RAW

現在表示しているページ
ホーム > pashaさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年10月 > RAWとM-RAW

投稿日:2017/10/08

レビューした機材・用品 キヤノン EOS 6D Mark II キヤノン EOS 6D Mark II
EOS 6D MarkⅡのRAWとM-RAWの画質を、実写で比較してみました。
わかりやすくするため、普段はしないような強い現像をしているので画像は荒れています。


まずはRAW。ファイルが大きすぎるため4160×6240から3600×5400へバイキュービック自動で縮小しています。
アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
15.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
30秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
8000
ホワイトバランス:
Auto


次にM-RAW。こちらはオリジナルサイズです。
アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
15.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
30秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
8000
ホワイトバランス:
Auto


このように画質の差は明らかなので、私はM-RAWを多用しています。
3132×4680=1466万画素と少なく感じますが、例えばニコンDf1625万画素、ソニーα7SⅡ1220万画素といったカメラも有るわけで、それがそんなに悪いわけでは無いと思います。

と言いつつも、解像度を稼ごうと思いパノラマ合成。
こちらはM-RAW ISO12800縦3枚パノラマ。オリジナルは2777万画素。
高原に月が昇る頃Ⅱ

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D Mark II
レンズ:
タムロン SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
焦点距離:
15
シャッタースピード:
20秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
12800

作品として仕上げているのでノイズリダクションしたりいろいろやっているとはいえ、M-RAWでISO12800が実用出来て嬉しい限りです。

コメント(1,000文字以内)

4件中 1〜4件目

pasha
こういたさん、お使いのカメラで同じような結果になるかは定かではありませんので、テストして比較してみて下さい。
画素数が小さすぎると使えないでしょうし。

2017年10月08日 12:41

こういた
比較ありがとうございます。参考になります。
以前より、疑問に思ってた件でした。
連写重視でMRAWを使ってたんですが、軽いし使いやすいんで単写でも使っていきたいですね!

2017年10月08日 12:18

pasha
星空ハンターさん、ニコンは中間が無いんですか。
それでは容量を小さくする意味しか無いですね。
低画素は高画質に関連があることが分かりましたが、小さすぎるときついと思います。

2017年10月08日 10:56

星空ハンター
キャノンM RAWはいいですね。
ニコンはL、S(1/4)しかありません。
画素を単純に間引きしているようには見えませんが
実際にどお処理しているか興味深々です。

2017年10月08日 09:43

4件中 1〜4件目

同じ機材で撮影された写真

GOLD 3

pasha

GANREF Point
387865
Next Point
112135
メインカメラ
EOS 6D Mark II

プロフィール

星景などをメインに撮影しています。 札幌から3時間圏がテリトリーです。 ...

↑ページの先頭へ